田植機考古学:歩行型の次は乗用型の戦い。クボタに続いたのは三菱?ヤンマー?超貴重な三菱乗用田植機、1979年MPR600/800カタログ

今日は昔のカタログシリーズ田植機考古学。トラクター狂さんにご提供いただいた(いつもありがとうございます!)1979年、三菱のなんとも言えない形のMPR600/800のカタログと、クボタの乗用田植機乗る春風、MPR600を比べてみました。

覚えていてください。1979年のカタログです。

田植機考古学者(ウソです)としては心震える画像・・・三菱田植機MPR600/800カタログ表紙です。あえて褒め言葉(←ここ強調)として言います。なんて不細工な田植機でしょう!レゴで組んだのじゃないか?と、見まごうばかりの直線の構成。この形で出てくる・・・ということが、いかにスピードが重要だったかという当時の状況が想像されます。
田植機考古学者(ウソです)としては心震える画像・・・三菱田植機MPR600/800カタログ表紙です。あえて褒め言葉(←ここ強調)として言います。なんて不細工な田植機でしょう!レゴで組んだのじゃないか?と、見まごうばかりの直線の構成。この形で出てくる・・・ということが、いかにスピードが重要だったかという当時の状況が想像されます。

だんだん見慣れてきました。結構いいじゃないですか!これを見て最初に思い浮かんだのはクボタブルトラアタッチメント的な田植機、(実際には簡単に変更できる代物ではないですが)SPR600です。

1976年クボタSPR600

こちらは田植機というよりはトラクターという感じ。しかし、バイクのようにまたがる田植機といった風情の春風ライダーから一歩進化した、まさに乗る田植機といって良いものでした。
ブルトラの頃のカタログと同じ体裁でクボタ乗用田植機、乗用6条植 SPR600とあります。
ブルトラの頃のカタログと同じ体裁でクボタ乗用田植機、乗用6条植 SPR600とあります。
SPR600の年代は、クボタのサイト、「ありがとう130年 クボタ農機のあゆみ」で1976年とわかっています。
SPR600の年代は、クボタのサイト、「ありがとう130年 クボタ農機のあゆみ」で1976年とわかっています。

動力田植機が生まれたのが1960年あたり。なんとなく普及しはじめたのが1970年はじめ。それからわずか5年で今度は乗用田植機の戦いが始まったということではないでしょうか?(その間行われた田植えはたったの5回!)僕はその先頭を切ったのがこのSPR600だと思っています。

そしてSPR600は翌年の1977年にはSPR6000へと進化しています。(写真はそのSPR6000)

SPR600から遅れること3年

三菱に戻ります。MPR600です。
三菱に戻ります。三菱乗用田植機すくすく号6条植えMPR600です。

SPR600から遅れること3年、クボタのSPR600とはよく見るとずいぶん違うことがわかります。ほぼトラクターのSPR600に比べ、当初「不細工」と評したそのスタイルは現在の田植機にちゃんと通じています。「ぶさかわ」とでも言いましょうか・・・

こちらは三菱乗用田植機すくすく号、8条植えMPR8600です。
こちらは三菱乗用田植機すくすく号、8条植えMPR800です。苗台が近すぎて補充がやりにくそうですねぇ・・・

あまり考えず、とってつけたようなD1450とかの「顔」が取れちゃいそうです。その年の田植えに間に合わせようとしたら自ずと開発や生産、販売のロードマップは決まってしまうわけで、当然それに合わせて作らなくてはなりません。

「どーだできたか」『まだカバーができてません』「そこらの顔でもテキトーにつけとけ」『ちっ』などという上司と部下のやりとりが聞こえてきそうです。

このMPR600/800は1980年までの2年間売られ、おそらくたくさんは出なかったでしょう。発展途上の製品ですから開発サイクルが短かったのですね。もし現存していたらとても貴重なものになりそうです。

もし、鉄屑にしてしまえば二度と作られることのないトラクターがこの世から消えることになります。レストアや保管は好きであったり、好きでも余裕がなければできません。このD1450はラッキーでした。これで少しも生きながらえることができます。
これが元の顔、D1450ですね。この顔は多分D1350にも使われていて、ちょうどMPR600/800と時期が被っています。

そう言えばヤンマーを忘れていた1977年

そうそう!田植機のフロンティア、ヤンマーを忘れていました。今の所1978年のものだと思っていますが、これはもう少し突っ込んで調べてみる必要がありそう。
一番始めにフックしたのはこの写真。8条植え、しかも前で植えるタイプ・・・こんなのあったんだ!
1978年4月号の新農林社という会社が発行している「機械化農業」という月刊誌の表紙です。この表紙に写っているのがヤンマーのYP8000という8条植えの乗用田植機。前植え、アーティキュレート式操舵の乗用田植機です。

27.5MBもあるPDFのヤンマー100年史、245ページには

1977 年6月には業界初の乗用田植機として6条植のYP6000 を発売。植付状態を確認しながら作業ができるよう運転席の前方に植付機を設けた前植式を採用し、植付けた苗を後輪が踏みつけないよう胴体屈折機構を搭載していた。

ヤンマー100年史、245ページ

というわけで、1977年にはこのような田植専用機として完成された形のYP6000という田植機があったんです。乗用田植機としてはSPR600の方がわずかに先と言えそうですが、どちらが田植機か?というとYP6000ということもできます。「業界初」とヤンマーがいうのはわかるような気がします。

カオスが面白い

歩行型の田植機の初期もそうですが、乗用型田植機の初期も形や装備がダイナミックに変化してとても面白いです。雲のようなちりあくた(塵芥)が互いの重力で引き合い、まとまって形を作っていくその過程。オリジナルがたくさん生まれたそんな初期の頃って面白いですよね!

今日はこんなところです。またあした!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。