L35R、でもL35としか書いていない。昭和42年(1967年)生まれクボタL35R「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんと中古車屋さんで見た、昭和42年(1967年)生まれ、クボタL35R「撮りトラ」です。

 

クボタL35R・・・カタログでは見ていましたが、実機を見るのは初めてです。

クボタL35R・・・カタログでは見ていましたが、実機を見るのは初めてです。

 

以前のリサーチから、1967年生まれということがわかっています。とても50年越えとは思えない、素晴らしいコンディション。大事にされていたのでしょうね。

以前のリサーチから、1967年生まれということがわかっています。とても50年越えとは思えない、素晴らしいコンディション。大事にされていたのでしょうね。ウエイトのハンガーが布団たたき(古い)のようなRを伴った形状なのがおもしろいです。何かの機機を取付けるソケットも兼ねているようです。

 

塗装もオリジナルのように見えます。ローダーのシリンダー左側にぶら下がっているのは何かの空き缶・・・きっと失くさないよう、ボルトナットが入っているに違いありません。

塗装もオリジナルのように見えます。ローダーのシリンダー左側にぶら下がっているのは何かの空き缶・・・きっと失くさないよう、ボルトナットが入っているに違いありません。

 

こんな古い機種に取付くローダーがあったのですね。北海道で見る古い機体のほとんどにローダーのブラケットがついています。初めのうちは畑で活躍し、第一線を退いてからローダーを背負うようになったのではないかと想像します。

こんな古い機種に取付くローダーがあったのですね。しかし、北海道で見る古い機体のほとんどにはローダーのブラケットがついています。初めのうちは畑で活躍し、第一線を退いてからローダーを背負うようになったのではないかと想像します。この機体のサイドには「KUBOTA L35」と記載されています。

 

拡大してみます。こんな感じです。

拡大してみます。こんな感じです。

 

銘板にも同じく L35 クボタ|農用|トラクタ 車体形式 L35 車体番号 ◯◯◯ 機関型式 D1900形ディーゼルエンジン 総排気量 1908cc 出力 35PS 定格回転数 2500rpm PTO回転数 2段(585 1062rpm/エンジン2500rpm)

銘板にも同じく
L35
クボタ|農用|トラクタ
車体形式 L35 車体番号 ◯◯◯
機関型式 D1900形ディーゼルエンジン
総排気量 1908cc
出力 35PS
定格回転数 2500rpm
PTO回転数 2段(585 1062rpm/エンジン2500rpm)

 

写っているのはL35(昭和42年、1967年)、カタログの表紙なのですが、書かれているのは「クボタトラクタ」「クボタダイナミックシリーズ」とだけ・・・トラクターの総合カタログなのでしょう。L170Rが中に含まれていることを考えると、L170Rが発売された昭和43年、1968年以降のものだと思われます。

一方こちらは以前見たカタログです。写っているのはL35R(昭和42年、1967年)、カタログの表紙なのですが、書かれているのは「クボタトラクタ」「クボタダイナミックシリーズ」とだけ・・・トラクターの総合カタログなのでしょう。このカタログでこの機体はL35Rと紹介されています。

 

そしてこのカタログを拡大してみると、同じく「KUBOTA L35」と、書かれています。

そしてこのカタログを拡大してみると、同じく「KUBOTA L35」と、書かれています。

 

★車体 名称 L35R 形式 農用四輪トラクタ 全長 3,960ミリ 全幅 1,900ミリ 全高(ハンドルまで) 1,510ミリ 軸距 1.755ミリ 最低地上高 460ミリ 輪距(前輪) 1,190〜1,460ミリ 輪距(後輪) 1,160ミリ〜1,560ミリ タイヤ(前輪) 5.50-16 タイヤ(後輪) 11.2/10-28 重量 1,720キロ(ロータリつき) 三点リンク カテゴリー1 変速段数 前進6段 後進2段 主クラッチ 乾式単板式 駆動方式 後輪駆動 差動方式 デファレンシャルギア式(デフロックつき) 制動装置 一系統左右独立(連結装置つき) 作業機昇降装置 油圧式 最小回転半径 2.3メートル PTO 規格DIN,SAE規格1 3/8(インチ)565・1062回転/分 ロータリ 1.660ミリ(直結センタードライブ・・後読めず) ★エンジン 名称 D1900 形式 立形水冷4サイクルディーゼル シリンダ内径×行程 90×100ミリ シリンダ数 3 総行程容積 1,908cc 出力 35馬力 2,500回転/分 燃焼室形式 球形燃焼室式 使用燃料 クボタディーゼル重油またはディーゼル軽油 燃料タンク容量 40ℓ 潤滑形式 ギヤポンプ全自動圧送式(後読めず) 冷却方式 加圧ラジエター式(後読めず) 始動方式 セルスターター式(グロープラグ付き) ★速度 前進1速 1.(後読めず)キロメートル/時 前進2速 2.(後読めず) 前進3速 3.7(後読めず) 前進4速 5.46 前進5速 8.09 前進6速 19.66 後進1速 2.60 後進2速 6.30

★車体
名称 L35R
形式 農用四輪トラクタ
全長 3,960ミリ
全幅 1,900ミリ
全高(ハンドルまで) 1,510ミリ
軸距 1.755ミリ
最低地上高 460ミリ
輪距(前輪) 1,190〜1,460ミリ
輪距(後輪) 1,160ミリ〜1,560ミリ
タイヤ(前輪) 5.50-16
タイヤ(後輪) 11.2/10-28
重量 1,720キロ(ロータリつき)
三点リンク カテゴリー1
変速段数 前進6段 後進2段
主クラッチ 乾式単板式
駆動方式 後輪駆動
差動方式 デファレンシャルギア式(デフロックつき)
制動装置 一系統左右独立(連結装置つき)内部拡張環機械式
作業機昇降装置 油圧式
最小回転半径 2.3メートル
PTO 規格DIN,SAE規格1 3/8(インチ)565・1062回転/分
ロータリ 1.660ミリ(直結センタードライブ・・後読めず)

★エンジン
名称 D1900
形式 立形水冷4サイクルディーゼル
シリンダ内径×行程 90×100ミリ
シリンダ数 3
総行程容積 1,908cc
出力 35馬力 2,500回転/分
燃焼室形式 球形燃焼室式
使用燃料 クボタディーゼル重油またはディーゼル軽油
燃料タンク容量 40ℓ
潤滑形式 ギヤポンプ全自動圧送式(後読めず)
冷却方式 加圧ラジエター式(後読めず)
始動方式 セルスターター式(グロープラグ付き)

★速度
前進1速 1.(後読めず)キロメートル/時
前進2速 2.(後読めず)
前進3速 3.7(後読めず)
前進4速 5.46
前進5速 8.09
前進6速 19.66
後進1速 2.60
後進2速 6.30

 

つまり、機体にはどこにもRはついていませんけど、カタログ上、呼称上に全て「R」がついている・・・ということになります。どっから出てきたんだ?「R」

つまり、機体にはどこにもRはついていませんけど、カタログ上、呼称上に全て「R」がついている・・・ということになります。どっから出てきたんだ?「R」

 

これ以上突っ込んでも何も出てきそうもないので、先へ行きます。この当時クボタが多数採用していた、フェンダーライト。ウインカーもランプもメーカーはわかりませんでした。

これ以上突っ込んでも何も出てきそうもないので、先へ行きます。この当時クボタが多数採用していた、フェンダーライト。ウインカーもランプもメーカーはわかりませんでした。

 

暖かみのある形状のテールライトはスタンレー製。

暖かみのある形状のテールライトはスタンレー製。

 

こちらは割れちゃってます。

こちらは割れちゃってます。

 

運輸省型式認定番号かっ!と色めき立って撮ったのですが、「PTO 低←中立→高」と書いてありました。

運輸省型式認定番号かっ!と色めき立って撮ったのですが、「PTO 低←中立→高」と書いてありました。

 

L4ケタ台より作りが丁寧なのじゃないか?と思えるインパネ。きっと値段が違ったのでしょうね。古さを感じさせません。

L4ケタ台より作りが丁寧なのじゃないか?と思えるインパネ。きっと値段が違ったのでしょうね。古さを感じさせません。

 

ハンドルもアサガオ式でもなく、急須タイプでもなく、どことなく高級感があります。このハンドルのセンターキャップ、見たことがあります。

ハンドルもアサガオ式でもなく、急須タイプでもなく、どことなく高級感があります。このハンドルのセンターキャップ、見たことがあります。

 

1964 KUBOTA Tractor RV70 10PS 機種名:クボタトラクタ 形式・仕様:RV-70型 10馬力 製造国・国:(株)クボタ 日本 導入年度:1964(昭和39)年 使用経過:水田地帯に多く導入された機種で、乗用耕耘機として人気が高かった。 主な作業はロータリでの耕耘。

スガノ農機「土の館」で見たクボタの乗用耕耘機、RV70です。発動機をフレームに載せてベルトで後輪を駆動すると同時に、その同軸が動力の取り出し口になっています。カバーの形など、工夫されていて「やっつけ感」はなく、結構カッコいいです。

 

銀色のパネルが続く乗用トラクタの中心部分。説明板には、機種名:クボタトラクタ 形式・仕様:RY-70型 10馬力 製造国・国:(株)クボタ 日本 導入年度:1964(昭和39)年 使用経過:水田地帯に多く導入された機種で、乗用耕耘機として人気が高かった。 主な作業はロータリでの耕耘。とありますが、左奥の部分に・・・

このハンドルのセンターキャップ、同じですよね。Kの部分に赤が差してあったんですね!

 

スクエアな車体ながら部分的にRもとり入れられていて、結構今でも行けそうな感じがします。トラクターって本当に丈夫ですね。

スクエアな車体ながら部分的にRもとり入れられていて、結構今でも行けそうな感じがします。トラクターって本当に丈夫ですね。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

 

 

 

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

こんにちは、左のヤンマーYM2700が15馬力ぐらいのトラクターに見えました。こうして一緒に並べてみると幅も 1900mmとタイヤもR28だったりと今の50馬力のトラクターとほぼ同じ大きさですね。昔の機体は今の機体と比べて全体的に大きいですがなぜ35馬力でこんなにも大きいのか疑問です。

2019年10月19日 1:26 PM | ビリー

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: https://oba-shima.mito-city.com/2019/10/19/kubota_tractor_l35r/trackback/