ヰセキポルシェの末っ子、でも一番年上、イセキTB-15「撮りトラ」

今日は某所で見た、ヰセキポルシェの末っ子、でも一番年上、イセキTB-15「撮りトラ」です。

 

ポルシェの顔、ヰセキTB-15型です。詳しいスペックはわかりませんが、空冷単気筒ディーゼルの15馬力なのだと思います。ヰセキの社史『井関農機60年史』によれば、誕生は1964(昭和39)年。ポルシェとの提携は1962(昭和37)年からで、ヰセキポルシェシリーズ最小かつ最古のモデルということになります。

ポルシェの顔、ヰセキTB-15型です。詳しいスペックはわかりませんが、空冷単気筒ディーゼルの15馬力なのだと思います。ヰセキの社史『井関農機60年史』によれば、誕生は1964(昭和39)年。ポルシェとの提携は1962(昭和37)年からで、ヰセキポルシェシリーズ最小かつ最古のモデルということになります。

 

乗用耕耘機とあったのですが、元の耕耘機の上にさらに後のTB&ポルシェ風エンジンフードがあって、あらためてトラクターと乗用耕耘機の違いって?・・・と考えてしまいます。

以前、ヰセキ乗用耕耘機 TR−1 8馬力 というのを紹介しましたが、これは同じくヰセキの社史『井関農機60年史』によれば、誕生は1965(昭和40)年ということになっており、(ここのキャプションは1964(昭和39)年となっています)TB-15はポルシェ顔最古ということで間違いないと思います。

 

写真では感じにくいと思いますが、ものすごく小さいです。そして、展示のためか全体的にクリア塗装されていて、濡れているような不思議な雰囲気を醸し出しています。

写真では感じにくいと思いますが、ものすごく小さいです。そして、展示のためか全体的にクリア塗装されていて、濡れているような不思議な雰囲気を醸し出しています。

 

銘板部分に古さがにじみ出ています。KF850と同じようなレイアウトなんですが、それよりも文字にシャープさがありません。手作り感がかなりあります。

銘板部分に古さがにじみ出ています。KF850と同じようなレイアウトなんですが、それよりも文字にシャープさがありません。手塗りで補修しているのかもしれません。

 

ヰセキ KF850型 動力耕耘機 表記馬力 8.5ps/2000rpm 最大馬力 10ps/2000rpm 排気量 498cc

ほぼ同じ世代のヰセキKF850型の銘板です。こちらはかなりシャープ。 動力耕耘機 表記馬力 8.5ps/2000rpm 最大馬力 10ps/2000rpm 排気量 498cc

 

TB-15 エッチングのシフトパターンです。年月を経ても絶対消えないステッカー・・・

TB-15 エッチングのシフトパターンです。年月を経ても絶対消えないステッカー・・・

 

ポルシェっぽいトラクターメーター

ポルシェっぽいトラクターメーター

 

常滑焼の急須のようなハンドルボス。NRCというのが何なのか、調べたのですがわかりませんでした。

常滑焼の急須のようなハンドルボス。NRCというのが何なのか、調べたのですがわかりませんでした。

 

どこから見てもポルシェトラクターです。シートの後ろに何か液体を入れるようなフタが付いています。なんだろう・・・オイル注入口かな?

どこから見てもポルシェトラクターです。シートの後ろに何か液体を入れるようなフタが付いています。なんだろう・・・オイル注入口かな?今見ると左後ろフェンダーの上のボックス、丸い切り欠きも気になります。今だったらドリンクホルダーでしょうけど、当時は・・・

 

他にも色々気になることがあるのですが、今日はちょっと時間がありません。続きは明日です。ごきげんよう!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: https://oba-shima.mito-city.com/2019/06/05/iseki_tb15/trackback/