流体クラッチ(ポルシェ 219 スタンダードトラクター)これも「おうちで撮りトラ」?

今日は以前Rさんから貰った写真で「おうちで撮りトラ」。ちょっと僕には難しい中身の問題で、オーバーホール時の流体クラッチです。よくはわからなくても美しい機械は眺めているだけで楽しいですよね!

ポルシェ219です。空冷エンジンは本当に美しい・・・
ポルシェ219です。空冷エンジンは本当に美しい・・・
あっても絶対に使わないことはわかっていても欲しいです。
あっても絶対に使わないことはわかっていても欲しいです。
エンジン側を覗き込んだところ。「流体クラッチ」一所懸命調べたのですが、イマイチ理解が薄いので、内容が全く無いことをご容赦ください。どうもオイルの満たされたこいつが回転し、回転を伝える構造になっているみたいです。
エンジン側を覗き込んだところ。「流体クラッチ」一所懸命調べたのですが、イマイチ理解が薄いので、内容が全く無いことをご容赦ください。どうもオイルの満たされたこいつが回転し、回転を伝える構造になっているみたいです。
ネットを探してこんな画像を見つけてきました。PORSCHE-DIESELのクラッチ断面図です。この図で行けば左側がエンジン、、入力側ですね。そして右側が出力となっている・・・はず。上の写真はちょうど出力側部分を外した写真になっている・・・(はずです)
ネットを探してこんな画像を見つけてきました。PORSCHE-DIESELのクラッチ断面図です。この図で行けば左側がエンジン、、入力側ですね。そして右側が出力となっている・・・はず。上の写真はちょうど出力側部分を外した写真になっている・・・(はずです)
ということはイラストをはさんだ上の写真はこの状態になっている・・・はず。
ということはイラストをはさんだ上の写真はこの状態になっている・・・はず。
あ!こちらはクラッチユニット全体の写真ですね。
あ!こちらはクラッチユニット全体の写真ですね。
出力側のシャフトが入った状態になっちゃってますけど、こういうことな・・・はず。
出力側のシャフトが入った状態になっちゃってますけど、こういうことな・・・はず。
こちらはミッションや後輪に向かう側、出力側のはず・・・シャフトの細さにびっくりします。流体が動力を伝えるということで、すごく負荷が掛かったときは滑るのでしょうから、こいつがねじ切れることはなさそうです。
こちらはミッションや後輪に向かう側、出力側のはず・・・
クラッチを踏んだときにこれが抜かれるのでしょうね。シャフトの細さにびっくりします。流体が動力を伝えるということで、すごく負荷が掛かったときは滑るのでしょうから、こいつがねじ切れることはなさそうです。

流体クラッチはWikipediaで調べてみると、流体継手として説明されています。

流体継手(りゅうたいつぎて)とは、流体を介して回転運動の伝達を行うクラッチの一種である。 流体クラッチとも言い、ドイツヴルカン造船所で開発された方式が普及した。日本ではフルカン継手とも呼ばれる。

流体継手

トルクコンバーターはその発展型とも書かれています。ドイツで生まれたというのもそれらしい感じです。

そしてこの部分は・・・
そしてこの部分は・・・
ネットを探してこんな画像を見つけてきました。PORSCHE-DIESELのクラッチ断面図です。この図で行けば左側がエンジン、、入力側ですね。そして右側が出力となっている・・・はず。上の写真はちょうど出力側部分を外した写真になっている・・・(はずです)
PORSCHE-DIESELのクラッチ断面図で言うところの・・・
この部分にあたる・・・ということでいいのですよね?Rさん。
この部分にあたる・・・ということでいいのですよね?Rさん。写真の鈍く光っているグレーの部分が回転すると言うわけかぁ。
かっこいいなぁ。マフラーの形も好き。

かっこいいなぁ。マフラーの形も好き。

摩擦で動力を伝えるというのはわかりやすいですが、流体となると「?」でした。

しかし、バイクのクラッチも基本的には摩擦とは言え、オイルに浸かっていますし、(あ!もちろん一部には乾式クラッチもあります)泳ぐ時は手や足で水をかくから進むわけで、オイルをかいて進むのだってありですよね。

そもそも水だってオイルだって摩擦がないと掬ったりできないですしね

今日は理解がないせいでなんだかほわーんとした感じですみません。興味の少ない人にはさらに意味不明の投稿になってしまいました。

今日はこれで失礼します。それではまた明日!