『年表マニアの妄想年表』ヤンマー青ガエルは3年間しか存在していなかったのでは?

今日の「おうちで撮りトラ」は、ほぼ年表しか出てきません。ヤンマーの特異点「青ガエル」は3年間しか存在していなかったのではないか?という仮説を妄想年表で展開してみます。

青ガエルはYM1300/YM1500/YM1700/YM2000の4種。二駆四駆を含めると8機種。これを元(多分)に生まれた輸出用のYM135/YM155/YM195/YM240/YM330の5種、二駆四駆を含めると10機種が現在僕の中で確認されています。

細かいことは昨日の記事を見てもらうとして・・・

多分こうだったんじゃないか?年表

昨日までの調査で何となくわかった流れとしては・・・

  • 1972年5月、大型農業機械の到来を予測してジョンディア社と輸入販売契約締結
  • 1973年10月、オイルショック
  • 1975年3月、ヤンマー、YM240をはじめとして5機種の小型トラクターを北米向け輸出
  • 1977年6月、ヤンマー、ディア社とOEM契約

YM1300年表

YM1300はYM13Aとして生まれ、YM173と進化した後、YM1300→YM1301となっています。
YM1300はYM13Aとして生まれ、YM173と進化した後、YM1300→YM1301となっています。

これに北米の流れをプラス

上のYM1300の年表に北米とヤンマーの関係をプラスしてみました。
上のYM1300の年表に北米とヤンマーの関係をプラスしてみました。燃える男は今のところ気にしないでください。1972年から1977年の5年間にイベントがかなり重なっていることがわかります。

国内の青ガエルもこの北米との関係が色濃く出ていたと考えられます。そこで、もし、「青ガエル」がこの年表の中に存在するとすればどの位置がリーズナブルか考えてみます。

そう!燃える男がジャマをして、1977年以降は存在しにくいです。つまり、「青ガエル」は「燃える男」以前と考えて良いのではないでしょうか?

ということで「青ガエル」はYM173後「燃える男」以前ということになります。

YM1300「青ガエル」入り妄想年表

YM1300年表に青ガエルを代入したYM1300妄想年表はこんな感じです。
YM1300年表に青ガエルを代入したYM1300妄想年表はこんな感じです。ほぼオイルショックの渦中1974年に生まれ、ディア社とのOEM締結を機にわずか3年で国内では消滅。

同じような作業をYM1500でやってみます

YM1500はYM1300のようにルーツは持たず、いきなり1974年に誕生しています。
YM1500基礎年表。YM1500はYM1300のようにルーツは持たず、いきなり1974年に誕生しています。

北米の流れをプラス

上のYM1500の年表に北米とヤンマーの関係をプラスしてみました。燃える男は今のところ気にしないでください。1972年から1977年の5年間にイベントがかなり重なっていることがわかります。
上のYM1500の年表に北米とヤンマーの関係をプラスしてみました。燃える男は今のところ気にしないでください。1972年から1977年の5年間にイベントがかなり重なっていることがわかります。

YM1500「青ガエル」入り妄想年表

YM1500年表に青ガエルを代入したYM1500妄想年表はこんな感じです。ほぼオイルショックの渦中1974年に生まれ、ディア社とのOEM締結を機にわずか3年で国内では消滅。
YM1500年表に青ガエルを代入したYM1500妄想年表はこんな感じです。ほぼオイルショックの渦中1974年に生まれ、ディア社とのOEM締結を機にわずか3年で国内では消滅。

ここまででもうやりたいことはわかったでしょうから、飛ばしていきます。

YM1700基礎年表

YM1700のご先祖はYM177(見たことがないです。見たいなあ. YM1700Bというのも気になる)YM1700はその後YM1702/1720に進化するようです。
YM1700のご先祖はYM177(見たことがないです。見たいなあ. YM1700Bというのも気になる)YM1700はその後YM1702/1720に進化するようです。

これに+北米

妄想化

同じくYM2000基礎年表〜

YM2000の先祖はYM270。このヒトはYM2000の中にYM2001とYM2010を内包しつつYM2002/2020に進化しています。これはどういうことなのかなぁ。実車を見てみたいです。

どうでしょう?僕の想像わかっていただけたでしょうか?「青ガエル」長いヤンマーの歴史の中でたったの3年間!

ついでなので、全部合体させてみます

絶滅危惧種「青ガエル」妄想年表

貴重な青ガエル4種は立ったの3年しか生きていなくて、生まれた時から絶滅危惧種・・・
貴重な青ガエル4種は立ったの3年しか生きていなくて、生まれた時から絶滅危惧種・・・あ!限られた情報から組み立てた僕の想像でしかありませんけどね。

こうやってみると1972年〜1977年、大波小波の激動、節目の5年間でした!外車を輸入しつつ海外進出を目論み、赤のトラクターを緑に変えてまで試験輸出。好評と共にOEMを勝ち取った後に国内では燃えてみせる・・・

時間がなくなってきてしまいました。それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。