あまりのスムーズさにビックリ(初めてのクローラ体験)乗りトラ®

KUBOTA half crawler tractor KL5150+NIPLO WRS3810N

これは大!天才テレビくんの取材のときの画像

今日は先日の大!天才てれびくんの取材に先立って、荒代かきをKUBOTA half crawler tractor KL5150+NIPLO WRS3810Nでやらせてもらった時の映像です。

撮り虎®ならぬ、乗り虎®ですね!

初心者向けにフルオートにしてもらったので、僕は何もする必要はナシ。ハンドルを切ると勝手にドライブハローが上がっちゃうんです。ターンしてからまっすぐになった時にドライブハローを降ろすだけ。

これなら小学生にも操作できるナ・・・と思ったのでした。

まっすぐ走ることと、4M近くあるドライブハローの車幅感覚をつかむだけ。しかも、そのまっすぐ走るのがすっごくラクなのがクローラタイプのトラクターなのでした。

初めてのクローラ体験映像その1

トラクター評論家、大損寺 無常がお送りするドライブインプレッション(ウソです)。静かで(考えてみれば初めてのキャビン付!)振動の少ないことにビックリしました。

エンジン音は、「ガロガロガロッ」っとトラックみたいな音・・・

クローラーを使うのは田んぼを傷めないためと聞きましたが、ローリングもピッチングもものすごく少なく、なんだか自分の運転がうまくなったように感じました。

KUBOTA half crawler tractor KL5150+NIPLO WRS3810N

続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: https://oba-shima.mito-city.com/2013/06/20/noritora/trackback/