超巨大!小山のようなハーフクローラ。New Holland T8.435「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、ニューホランドのT8シリーズ、巨大なハーフクローラトラクター(ハーフという言葉が似つかわしくないですが)T8.435「撮りトラ」です。

 

僕としては第34回国際農業機械展in帯広の会場で最も素晴らしい展示をしていたと感じたニューホランドのブースです。

僕としては第34回国際農業機械展in帯広の会場で最も素晴らしい展示をしていたと感じたニューホランドのブースです。

 

New Holland T8.435です。比較対象物がないと大きさが全くわからないと思いますが、これだけでも「カタマリ感」はわかってもらえると思います。何もかもが太ク大きい・・・

その中で見た、New Holland T8.435です。比較対象物がないと大きさが全くわからないと思いますが、これだけでも「カタマリ感」はわかってもらえると思います。何もかもが太く大きい・・・人がいなくてガラガラ・・・ではなく、奇跡の瞬間です。

 

本当はこうです。入口入って正面の目につく場所に、通行のジャマになるように置いてあるんです。

本当はこうです。入口入って正面の目につく場所に、通行のジャマになるように置いてあるんです。

 

人が傍に立つとその大きさがわかると思います。人の背丈くらいあるおにぎり。

人が傍に立つとその大きさがわかると思います。人の背丈くらいあるおにぎり。

 

クローラから始めてしまったので、スペックなどは後回しにしてこっちをやっつけます。

クローラから始めてしまったので、スペックなどは後回しにしてこっちをやっつけます。

 

実はクローラばかり10枚以上撮っています。右側のタンクに付いたステップ4段もあります。フリークライミングですね。

実はクローラばかり10枚以上撮っています。右側のタンクに付いたステップ4段もあります。フリークライミングですね。

 

転輪の中心が丸いのがわかるでしょうか?しかも半透明に光っています。

転輪の中心が丸いのがわかるでしょうか?しかも半透明に光っています。

 

拡大するとこんな感じ。オイルが中に入っていて、点検窓なのがわかります。右上の白い丸部分から注油するのかなあ。柔らかそうなオイルで、グリスとかではなさそうです。

拡大するとこんな感じ。オイルが中に入っていて、点検窓なのがわかります。右上の白い丸部分から注油するのかなあ。柔らかそうなオイルで、グリスとかではなさそうです。

 

このクローラ、カタログによると幅も色々あるようです。僕の見たものは一番幅の広いものかなあ・・・

このクローラ、カタログによると幅も色々あるようです。僕の見たものは一番幅の広いものかなあ・・・

 

あ!このハーフクローラのことはT8 SmartTraxと呼ぶそうです。で、クローラの間隔は193cmから・・・

あ!このハーフクローラのことはT8 SmartTraxと呼ぶそうです。で、クローラの間隔は193cmから・・・

 

なんと386.1cmの間隔のものまで!(供給できる・・・と謳っているので、多分自在に変えられる・・・と言った類いではなく、工場オプションとかそういうものなのでしょう)スゴイ!

なんと386.1cmの間隔のものまで!(供給できる・・・と謳っているので、多分自在に変えられる・・・と言った類いではなく、工場オプションとかそういうものなのでしょう)スゴイ!

 

さすがにエンジンフードは幅広く・・・

さすがにエンジンフードは幅広く・・・

 

しかも長いです。ニューホランドのマークの下、エンジン部分にバッジが付いています。こういうのは確認しておかないと・・・

しかも長いです。ニューホランドのマークの下、エンジン部分にバッジが付いています。こういうのは確認しておかないと・・・

 

NEW HOLLAND AGRICULTURE BY FPT なんでしょう・・・

NEW HOLLAND AGRICULTURE
BY FPT
なんでしょう・・・

 

FPTは、フィアット・パワートレイン・テクノロジーズの略でした。

FPTは、フィアット・パワートレイン・テクノロジーズの略でした。

 

Wikipediaによると・・・

Fiat Powertrain Technologies ( FPT )は、イタリアのFIATグループの子会社で、エンジンとトランスミッションを製造する会社として2005年に設立されたようですが、2013年以降はオランダ、アムステルダムに本拠を置く、フィアット・グループ・オートモビルズの傘下となっているみたいです。

 

話がそれてしまいました。T8.435のエンジンは、そのFPTのCursor 9という、9L(正確には8700cc)の6気筒24バルブコモンレールターボディーゼルで、最大435馬力、定格380馬力だそうです。

話がそれてしまいました。T8.435のエンジンは、そのFPTのCursor 9という、9L(正確には8700cc)の6気筒24バルブコモンレールターボディーゼルで、最大435馬力、定格380馬力だそうです。

 

 

↑FPT Industrial Cursor (なんと16L!)の動画が上がっていました

 

写真、まだあるので続きます。

写真、まだあるので続きます。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2018/12/25/new_holland_t8-435/trackback/