ランボルギーニと同じ顔。DEUTZ FAHR WARRIOR 7250TTV T4F 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、DEUTZ-FAHRのWARRIOR 7250TTV T4F「撮りトラ」です。

 

「あ!ランボルギーニがある!」と、ワクワクっとした時、先に見えていたのは個の黒いドイツでした。お尻を空に向けた印象的な展示に加え、鮮やかな赤と黄色の作業機が付いて色彩的にも目を惹きます。

「あ!ランボルギーニがある!」と、ワクワクっとした時、先に見えていたのは個の黒いドイツでした。お尻を空に向けた印象的な展示に加え、鮮やかな赤と黄色の作業機が付いて色彩的にも目を惹きます。

 

DEUTZ FAHR WARRIOR 7250TTV T4Fです。この時はまさかこの黒いDEUTZとランボルギーニが兄弟だなんて思いもしなかったので、白いランボルギーニに気持が向かったまま「念のために」写真を撮っただけでした。

DEUTZ FAHR WARRIOR 7250TTV T4Fです。この時はまさかこの黒いDEUTZとランボルギーニが兄弟だなんて思いもしなかったので、白いランボルギーニに気持が向かったまま「念のために」写真を撮っただけでした。

 

お祭りみたいにTrelleborgのロゴが踊っているのと、青い尿素タンクが目につきます。黒もカッコいいですね!

お祭りみたいにTrelleborgのロゴが踊っているのと、青い尿素タンクが目につきます。黒もカッコいいですね!

 

く〜〜〜〜っカッコいい!

く〜〜〜〜っカッコいい!

 

やはり正面にはウルム大聖堂のDEUTZバッジのほうが似合います。そもそも正面のスペースはこのバッジを入れるために作られていたということがわかります。

やはり正面にはウルム大聖堂のDEUTZバッジのほうが似合います。そもそも正面のスペースはこのバッジを入れるために作られていたということがわかります。

 

少々ガッカリもしますが、ガサツさが全くないこの作りにはタメイキです。スーパーカーを作るメーカーが、その名前を付けるのもうなずけます。

こちらはランボルギーニSPARK165VRT。 WARRIOR 7250TTVのほうがピッカピカの黒いピアノ仕上なのに比べ、こちらはツヤを抑えたマットな仕様。まあ、でも両者同じなのはわかりますよね!

 

Agrotron 7250TTV WARRIOR と書いてあります。銀色のカギモールがついているのですね・・・網の質感、すごくいいです。場所によって大きさが違う網が使われていて、表情を変えています。

Agrotron 7250TTV
WARRIOR
と書いてあります。銀色のカギモールがついているのですね・・・網の質感、すごくいいです。場所によって大きさが違う網が使われていて、表情を変えています。

 

Lamborghini SPARK165VRTです。ボディカラーは白。フードのスリットが間延びしがちな部分にアクセントを与えています。そういえば単車のヘルメットなどもこんな風にアミアミになっているなあ・・・最近。

Lamborghini SPARK165VRTのほうはカギのモールはナシでシンプル仕様でした。

 

秋田竿燈まつり状の補助ランプ群はぜーんぶHELLA

秋田竿燈まつり状の補助ランプ群はぜーんぶHELLA

 

■ドイツファール(SDF)【ドイツ】 WARRIOR 7250TTV T4F エンジン形式             |Deutz TCD 6.1L 06 Tier 4Final シリンダー数/排気量/バルブ数     |6/6,057cc/4 インジェクション方式         |コモンレール1,600bar 排気ガス浄化システム         |クールドEGR(排気ガス還流)                     SCR(選択式触媒還元)                     パッシブDPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター) 定格回転数              |2,100rpm 定格出力ECE R120         |169kw/230PS 最大出力ECE R120          |181kw/246PS 燃料タンク/AdBlue®容量(L) |400/50 リヤPTO(rpm )            |540ECO/1,000/1,000ECO フロントPTO(rpm )          |1,000(オプション) 油圧システム             |クローズドセンター・ロードセンシング 最大流量(L/分)            |120(オプション160L) 外部油圧バルブ数           |4系統(オプション最大7系統) リヤリフト/フロントリフト最大揚力(kg)|100200/5,000 リヤリフト装着方式           |クローズドエンド3点リンクⅡ/Ⅲ型 牽引装置               |スイングドローバー CAT4 変速方式               |CVTパワーシャトル 変速段数               |無段階 クラッチ方式             |ZF S-MATIC 油圧式ドグクラッチ かじ取り方式             |ハイドロスタティック 最大52° フロントアクスル制御         |電子制御デフロック・サスペンション・ASM自動制御 ブレーキ形式             |ブースターブレーキ・EPB電子パーキングブレーキ

■ドイツファール(SDF)【ドイツ】
WARRIOR 7250TTV T4F

エンジン形式             |Deutz TCD 6.1L 06 Tier 4Final
シリンダー数/排気量/バルブ数     |6/6,057cc/4
インジェクション方式         |コモンレール1,600bar
排気ガス浄化システム         |クールドEGR(排気ガス還流)
                    SCR(選択式触媒還元)
                    パッシブDPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)
定格回転数              |2,100rpm
定格出力ECE R120             |169kw/230PS
最大出力ECE R120             |181kw/246PS
燃料タンク/AdBlue®容量(L)      |400/50
リヤPTO(rpm )            |540ECO/1,000/1,000ECO
フロントPTO(rpm )          |1,000(オプション)
油圧システム             |クローズドセンター・ロードセンシング
最大流量(L/分)           |120(オプション160L)
外部油圧バルブ数           |4系統(オプション最大7系統)
リヤリフト/フロントリフト最大揚力(kg)|100200/5,000
リヤリフト装着方式          |クローズドエンド3点リンクⅡ/Ⅲ型
牽引装置               |スイングドローバー CAT4
変速方式               |CVTパワーシャトル
変速段数               |無段階
クラッチ方式             |ZF S-MATIC 油圧式ドグクラッチ
かじ取り方式             |ハイドロスタティック 最大52°
フロントアクスル制御         |電子制御デフロック・サスペンション・ASM自動制御
ブレーキ形式             |ブースターブレーキ・EPB電子パーキングブレーキ

 

きっと前回見たランボルギーニよりは上位機種にあたるのでしょうか・・・一体いくらくらいなのか、恐いものみたさでちょっと見たいです。

WARRIOR 7250TTV T4F、続きます。また明日!

 

 

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

ランボルギーニとドイツのトラクターは
日本ではコーンズエージーって会社が取り扱ってますね

2018年7月31日 7:02 PM | 畠中

畠中さん こんばんは
コーンズエージー、調べてみたらすごく古い会社なんですね!
なんと親会社は1861年に横浜で創立されています

2018年8月20日 5:44 PM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2018/07/31/deutz-fahr-warrior-7250ttv-t4f/trackback/