ファラオなの?ユニークなおもりのランボルギーニSPARK165VRT「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

hokkaidoujinさんにお招きいただいて、第34回国際農業機械展in帯広に行ってきました。やはり、そんな時しか見られないものをしょっぱなに持ってくるべきかと、今日はランボルギーニSPARK165VRT「撮りトラ」です。

 

手元にプログラムは持っていたのですが、読みもしないで会場をウロウロしていたため、遠くにこれが見えたとき「おっ!ランボルギーニがあるのかっ!」と、ドキドキしました。もしかしたら見られるかな・・・という期待も持っていたのです。時間も押し詰ってきていたので、足取りも速くなります。

手元にプログラムは持っていたのですが、読みもしないで会場をウロウロしていたため、遠くにこれが見えたとき「おっ!ランボルギーニがあるのかっ!」と、ドキドキしました。もしかしたら見られるかな・・・という期待も持っていたのです。集合時間も迫ってきていたので、足取りも速くなります。

 

リヤガラスに「Lamborghini」間違いありません。ワクワクするなあ・・・実車を見るのは初めてです。

リヤガラスに「Lamborghini」間違いありません。ワクワクするなあ・・・実車を見るのは初めてです。

 

今から8年前、ネットで初めてランボルギーニトラクターの写真を見て、「一度は見てみたい」と、ずっと思っていたのです。

今から8年前、ネットで初めてランボルギーニトラクターの写真を見て、「一度は見てみたい」と、ずっと思っていたのです。

 

まずは会場の外から撮っています。時間がないので、行き当たりばったりに・・・

まずは会場の外から撮っています。時間がないので、行き当たりばったりに・・・

 

Lamborghini SPARK165VRTです。ボディカラーは白。フードのスリットが間延びしがちな部分にアクセントを与えています。そういえば単車のヘルメットなどもこんな風にアミアミになっているなあ・・・最近。

Lamborghini SPARK165VRTです。ボディカラーは白。フードのスリットが間延びしがちな部分にアクセントを与えています。そういえば単車のヘルメットなどもこんな風にアミアミになっているなあ・・・最近。

 

会場に入ってきました。おひょ〜〜〜!カッコイイ!大きいのに間延びしていなくて繊細!かえって国産の中形機械のほうが間延びして見えます。それにしても怖い顔。

会場に入ってきました。おひょ〜〜〜!カッコイイ!大きいのに間延びしていなくて繊細!かえって国産の中形機械のほうが間延びして見えます。それにしても怖い顔。

 

大きなスペックボードがあります。 ■ランボルギーニ(SDF)【ドイツ】 あれ?ランボルギーニはイタリアじゃなかったっけ??? SPARK165VRTと続きます。 エンジン形式             |Deutz TCD 6.1L 06 Tier 4Final シリンダー数/排気量/バルブ数     |6/6,057cc/4 インジェクション方式         |コモンレール1,600bar 定格回転数              |2,100rpm 定格出力ECE R120         |115kw/157PS 最大出力ECE R120          |121kw/164PS 燃料タンク/AdBlue®容量(L) |280/35 リヤPTO(rpm )            |540/540ECO/1,000/1,000ECO フロントPTO(rpm )          |1,000(オプション) 油圧システム             |クローズドセンター・ロードセンシング 最大流量(L/分)            |120 外部油圧バルブ数           |4系統(オプション最大6系統) リヤリフト/フロントリフト最大揚力(kg)|9,200/4,110 リヤリフト装着方式           |クローズドエンド3点リンクⅡ/Ⅲ型 牽引装置               |スイングドローバー 変速方式               |CVTパワーシャトル 変速段数               |無段階 クラッチ方式             |湿式多板油圧式 かじ取り方式             |ハイドロスタティック 最大52° フロントアクスル制御         |電子制御デフロック・サスペンション・ASM自動制御 ブレーキ形式             |ブースターブレーキ・EPB電子パーキングブレーキ

大きなスペックボードがあります。

■ランボルギーニ(SDF)【ドイツ】

あれ?ランボルギーニはイタリアじゃなかったっけ???

SPARK165VRTと続きます。
エンジン形式             |Deutz TCD 6.1L 06 Tier 4Final
シリンダー数/排気量/バルブ数     |6/6,057cc/4
インジェクション方式         |コモンレール1,600bar
定格回転数              |2,100rpm
定格出力ECE R120           |115kw/157PS
最大出力ECE R120             |121kw/164PS
燃料タンク/AdBlue®容量(L)        |280/35
リヤPTO(rpm )            |540/540ECO/1,000/1,000ECO
フロントPTO(rpm )          |1,000(オプション)
油圧システム             |クローズドセンター・ロードセンシング
最大流量(L/分)           |120
外部油圧バルブ数           |4系統(オプション最大6系統)
リヤリフト/フロントリフト最大揚力(kg)|9,200/4,110
リヤリフト装着方式           |クローズドエンド3点リンクⅡ/Ⅲ型
牽引装置               |スイングドローバー
変速方式               |CVTパワーシャトル
変速段数               |無段階
クラッチ方式             |湿式多板油圧式
かじ取り方式             |ハイドロスタティック 最大52°
フロントアクスル制御         |電子制御デフロック・サスペンション・ASM自動制御
ブレーキ形式             |ブースターブレーキ・EPB電子パーキングブレーキ

 

なななーんと。銘板に DEUTZ AG MADE IN GERMANY とあるではないですか! このランボルギーニ、ドイツ製だったのです!!

なななーんと。銘板に
DEUTZ AG
MADE IN GERMANY
とあるではないですか!
このランボルギーニ、ドイツ製だったのです!!巨大なトラクターは、もしかしてどこの国でも作れる・・・というものではなく、選ばれたものにしか作れないものになっているのかもしれません。

 

少々ガッカリもしますが、ガサツさが全くないこの作りにはタメイキです。スーパーカーを作るメーカーが、その名前を付けるのもうなずけます。

少々ガッカリもしますが、ガサツさが全くないこの作りにはタメイキです。スーパーカーを作るメーカーが、その名前を付けるのもうなずけます。

 

それにしても、黒く塗られているためにあまり目立ちませんが、このおもり、ものすごくユニークです。

それにしても、黒く塗られているためにあまり目立ちませんが、密かにものすごい数重ねられたこのおもり、とてもユニークです。

 

おもりに露出を合わせてみました。10枚の複雑な形状のおもりが前方に長く突き出しています。まるで瓦屋さん。

おもりに露出を合わせてみました。10枚の複雑な形状のおもりが前方に長く突き出しています。まるで瓦屋さん。

 

ファラオなの?

ファラオなの?

 

前を重くするには、できるだけ前方に置いたほうが効果がありますから、とてもリーズナブルです。

前を重くするには、できるだけ前方に置いたほうが効果がありますから、とてもリーズナブルです。

 

さすがにトラクターのまわりは人でいっぱい。なかなかシャッターチャンスがありません。

さすがにトラクターのまわりは人でいっぱい。なかなかシャッターチャンスがありません。

 

正面はあきらめてサイドに回ると・・・おしい!一人いた。

正面はあきらめてサイドに回ると・・・おしい!一人いた。

 

少し斜めに行ってみても・・・残念。でも、気持はわかります。いいポジションとりたいですよね!

少し斜めに行ってみても・・・残念。でも、気持はわかります。いいポジションとりたいですよね!

 

やたっ!偶然無人状態で撮れました。

やたっ!偶然無人状態で撮れました。前方に大きく突き出したおもりの様子がよくわかりますよね?

 

ランボルギーニ、続きます。また明日!

 

 

 

 

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2018/07/23/lamborghini_spark165vrt/trackback/