Homeに戻る > 恋女房ものりたがる! イセキランドリーダーTA210F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」

恋女房ものりたがる! イセキランドリーダーTA210F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」

今日は先日Mさんに連れて行ってもらったダイナミックフェア2017で見た、中古のヰセキトラクター ランドリーダー210、TA210F「撮りトラ」その2です。

昨日のカタログ。恋女房ものりたがる!さながら乗用車感覚のサルーンシステムで一日が始まる。・・・・とあります。

昨日のカタログ。恋女房ものりたがる!さながら乗用車感覚のサルーンシステムで一日が始まる。・・・・とあります。

「恋女房」ってカタログなどで一般に使われるほどポピュラーな言葉なのかなあ・・・という疑問に、「一般的ではない」「演歌専用言語」と答えてくれた方がいて、すっかり納得しちゃいました。

「恋女房」が演歌専用言語にも関わらず、モデルが外国人でさらに特殊な状況に追い込まれています。おもしろいですね!

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。

これがその大胆にカットされたスラントノーズ。今でもカッコいいです。エンジンフード先端はかなりシャープ。イセキTA210F 使用時間は483時間で、¥620,000

これがその大胆にカットされたスラントノーズ。今でもカッコいいです。エンジンフード先端はかなりシャープ。イセキTA210F 使用時間は483時間で、¥620,000

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。

イセキの「i」を表しているのでしょう。眉間のバッジは赤。

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。

ヘッドランプは20世紀のトラクターを席巻していた今仙電機。

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。

ウインカーも今仙電機。

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。

もちろんテールランプも今仙。

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。

このTA210Fは3点リンクなんですかねえ・・・ちょっとよくわかりません。で、カタログを確認してみたら3点リンクでした。

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。

小松インターナショナル KOMATSU INTERNATIONAL 576 みたいに燃料タンクが背もたれになっています。

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。

燃料タンクに描かれたこの3つの星、気になるぅ。

背中のタンクはこちらが先輩。IH576

komatsu international 576

komatsu international 576 大きめで、なかなか美しい素敵な屋根が付いています。

komatsu international 576

そのオシリ。

komatsu international 576

拡大してみると・・・グラマラスで有機的な形のシート裏の形。左側にはキャップらしきものが見えます。燃料タンクです。この部分はかっこいいなあ。もちろん、TA210Fも悪くないですけど。

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。

写真はイセキTA210Fに戻ります。エンジンフードにこれだけ大きなマフラーを通す穴があいているのは珍しいなあ・・・と思い、撮った写真。

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。

四角くてキレイに納まったインパネ。でも、写真を撮った時は下に並んだランプが気になっていました。緑のランプが7個。赤のランプが多分8個。全部で15の警告灯? 全部にちゃんと電球が入っているのかなあ・・・と思っていたんです。あまりに多い。

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。

カタログを確認したら赤の警告灯はちゃんと8つ。やはり全部で15のランプ窓が並んでいます。

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。

最後の写真はなぜかオイル注入口。下からエノキダケみたいに生えているのが、ちょっとおもしろかったものですから・・・

イセキTA210Fはこれで終わりです。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/07/26/iseki_ta210f-2/trackback/