Homeに戻る > 国内仕様のSL(丸首シャツ)輸出仕様のL(襟付きポロシャツ)クボタL6060・・・「撮りトラ@元氣農業応援フェア2016」

国内仕様のSL(丸首シャツ)輸出仕様のL(襟付きポロシャツ)クボタL6060・・・「撮りトラ@元氣農業応援フェア2016」

今は肌寒いくらいの天気。家の中で25℃を切るくらい。雨がしとしと降っています。

今日はクボタ教の教祖Nさんに連れて行ってもらった、クボタ筑波工場での関東甲信越クボタグループ「元氣農業応援フェア」2016。帰りがけ、駐車場の外の薮に添ってトラクターが置いてあるのが目に付きました。ローダー付き、輸出仕様のクボタL6060「撮りトラ」です。

長い間雨ざらしになっている感じですっかりボディも粉がふいています。もしかしたら暴露試験に供されているのかな・・・ちょっとかわいそうな状態。

長い間雨ざらしになっている感じですっかりボディも粉がふいています。もしかしたら暴露試験に供されているのかな・・・ちょっとかわいそうな状態。

クボタトラクターL6060

雨さえ降らなければこんなことにならないと思うのですが、雨の汚れってすごいなあ。木の近くなのでヤサグレ感がさらにUP! 

クボタトラクターL6060

フロントローダーがついているので車名がわかりにくいです。隙間から確認。クボタトラクターL6060です。

tractordata.comによれば、クボタL6060は4気筒直噴2.4Lターボディーゼル62馬力/2600rpm。2013年〜の現行モデルです。それにしても外に出して3年程度でこんなになっちゃうんですねえ・・・恐るべし自然の力。

クボタトラクターL6060

フロントローダーのせいで顔を撮るのが難しいです。国内仕様だとSL(スラッガー)がカウンターパートだと思うんだけど、微妙に雰囲気が違う。

国内仕様のクボタスラッガーSLの記事はたくさんあります。比べてみましょう。

『クボタの新型トラクター スラッガーSL54とSL60・・・ダイナミックフェア2014』
『クボタの新型トラクター スラッガーSL54とSL60、微妙に違うぞ!・・・その2・・・ダイナミックフェア2014』
『クボタの新型トラクター スラッガーSL54とSL60 残りの写真・・・ダイナミックフェア2014』
『クボタスラッガーSL60安全フレーム強度試験機・・・「JA&クボタ アグリンピック」』
『クボタ新型トラクタースラッガーまつり・・・「JA&クボタ アグリンピック」』
『9月発売予定の新製品なんだ・・・スラッガーSL41・・・「撮りトラ」』

以前の記事『クボタスラッガーSL54再び・・・「撮りトラ」』から写真を引っぱってきましょう。

クボタトラクター「スラッガー」SL54HCQMANP 価格¥6,422,760  ★54馬力 ★特殊自動車3次排ガス規制に適合する最新ディーゼルエンジン ★高い伝導効率とスムーズな無段変速、デュアルドライブトランスミッション(C仕様) ★クボタスマートアグリシステム(KASAS)標準装備 ★ドロつき防止タイヤ

クボタトラクター「スラッガー」SL54HCQMANP 価格¥6,422,760 ★54馬力 ★特殊自動車3次排ガス規制に適合する最新ディーゼルエンジン ★高い伝導効率とスムーズな無段変速、デュアルドライブトランスミッション(C仕様) ★クボタスマートアグリシステム(KASAS)標準装備 ★ドロつき防止タイヤ

そういえばあれ以来泥が付かないヒゲつきタイヤ見ないなあ・・・どうなったんだろう。

これからの顔、人型ロボット顔のSL54です。kubota_tractor_slugger_SL54HCQMANP  クボタトラクター「スラッガー」SL54HCQMANP 価格¥6,422,760  ★54馬力 ★特殊自動車3次排ガス規制に適合する最新ディーゼルエンジン ★高い伝導効率とスムーズな無段変速、デュアルドライブトランスミッション(C仕様) ★クボタスマートアグリシステム(KASAS)標準装備 ★ドロつき防止タイヤ

人型ロボット顔のSL54です。kubota_tractor_slugger_SL54HCQMANP クボタトラクター「スラッガー」SL54HCQMANP 価格¥6,422,760 ★54馬力 ★特殊自動車3次排ガス規制に適合する最新ディーゼルエンジン ★高い伝導効率とスムーズな無段変速、デュアルドライブトランスミッション(C仕様) ★クボタスマートアグリシステム(KASAS)標準装備 ★ドロつき防止タイヤ

そしてこちらがL6060の顔・・・おお!細かいところはかなり違います。まず、アミアミの形状やドットの大きさが全然違う! それとセンターマークがありませんね。顎の部分、襟が大きい! 全体に作りがL6060のほうが繊細な感じ。チリが合っているというか、ピシッとしてます。

そしてこちらがL6060の顔・・・おお!細かいところはかなり違います。まず、アミアミの形状やドットの大きさが全然違う! それとセンターマークがありませんね。顎の部分、襟が大きい! 全体に作りがL6060のほうが繊細な感じ。チリが合っているというか、ピシッとしてます。

Tシャツ着てるくせにちょんまげが妙に日本人感を醸し出してますね・・・

Tシャツ着てるくせにちょんまげが妙に日本人感を醸し出してますね・・・

何で襟が立っているように見えるのかと思ってネットで画像を探してみました。襟のように見える部分、別パーツで大きめ。本当に襟のようなカタチになってます。一方国内仕様のSLはこのように別部品じゃなく、一体で薄いもの。

何で襟が立っているように見えるのかと思ってネットでL6060の画像を探してみました。襟のように見える部分、別パーツで大きめ。本当に襟のようなカタチになってます。一方国内仕様のSLはこのように別部品じゃなく、一体で薄いもの。

クボタトラクター「スラッガー」SL54HCQMANP 価格¥6,422,760  ★54馬力 ★特殊自動車3次排ガス規制に適合する最新ディーゼルエンジン ★高い伝導効率とスムーズな無段変速、デュアルドライブトランスミッション(C仕様) ★クボタスマートアグリシステム(KASAS)標準装備 ★ドロつき防止タイヤ

こちらはSL54の写真。襟がないでしょ?

何で襟が立っているように見えるのかと思ってネットで画像を探してみました。

同じくネットで探してきたL6060の写真。タイヤは初めからこのように小さくて扁平なものがついているんですね。

クボタトラクターL6060

外国だと畑仕事にはもっと大きなトラクターを使うから、このクラスだとこういったローダーが付いて家仕事をすることが多いのでしょうね。だからセンターマーク(ちょんまげ)はいらないのか・・・

クボタトラクターL6060

フロントタイヤ。幅広です。

クボタトラクターL6060

上の写真の下のほう、リムについているものを拡大してみました。エアのバルブなんでしょうねえ・・・こんなところにでています。

クボタトラクターL6060

リヤタイヤ。変わったパターンです。

クボタトラクターL6060

同じくリヤタイヤ。メーカーはどこだろう? 

クボタトラクターL6060

拡大してみるとタイタンというメーカーみたいです。

ロゴはこんな。ミシュランより複雑なキャラクターです。

ロゴはこんな。ミシュランより複雑なキャラクターです。

このメーカー『JD5400「撮りトラ」その2』のときにホイールのメーカーとして認識していました。

調べてみたらTitan International(http://www.titan-intl.com/agricultural-wheels/)というアメリカの農業ホイールの会社でした。タイヤなんかも作っているみたいです。

黄色いホイールばかり並んでいますね。Titan International(http://www.titan-intl.com/agricultural-wheels/)というアメリカの農業ホイールの会社ですが、タイヤも作っていいたんです。

タイタンタイヤコーポレーションという会社で、そもそもホイールの会社タイタンホイールのオーナー、モーリス・M・テイラー・ジュニアが1993年にDyneer Corporationという会社のオフロードタイヤ部門を買収し設立した新しい会社です。でも、北アメリカのオフロードタイヤメーカーの中では3番目の規模を誇っているそうです。(と、いわれてもピンときませんが)

とにかくホイールを作っているんだから(特にトラクターの)タイヤも一緒に納めたい・・・というのは理にかなった話です。

何だか中途半端ですが今日はこれでおしまい。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/09/13/l6060/trackback/