Homeに戻る > 超芝虎(SUPER STIGER)シバウラトラクターD288・・・「撮りトラ」

超芝虎(SUPER STIGER)シバウラトラクターD288・・・「撮りトラ」

今日もシバウラのトラクターD288「撮り虎」です。
 

まずは動画

YouTube Preview Image

↑ 動画(49秒)なかなかかからなかったエンジンを持ち主はあっさり始動

 

シバウラトラクター D288 4気筒1499ccディーゼル 28馬力/2650rpmだそうです。

シバウラトラクター D288 4気筒1499ccディーゼル 28馬力/2650rpmだそうです。

芝浦トラクター
 ↓
芝トラ
 ↓
芝虎
 ↓
shiba tiger
 ↓
S Tiger
 ↓
STIGER
\(^0^)/

愛読者さんのこの意見、すっかり納得なので本当のことがわかるまでこれで押し通させていただきます。このトラクター、SUPER STIGERですから「超芝虎」ですね!

シバウラトラクター D288 4気筒1499ccディーゼル 28馬力/2650rpmだそうです。

いいですねえ・・・このトラクター好きです。

運転席の近くに燃料キャップが見えています。給油タンクで給油する際は、きっとボンネットの上にタンクを乗せるんでしょうね・・・

考えてみると「高く持上げるのが大変」というのもありますが、近年トラクターが丸っこくなってエンジンフードに給油タンクが乗せられなくなったから「タンク乗せ台」みたいなものができたのかもしれません。

四角いトラクター、カッコいいばかりでなく燃料タンクを安定して乗せることができる・・・そういう利点もありそうです。

シバウラトラクター D288 4気筒1499ccディーゼル 28馬力/2650rpmだそうです。

ヘッドランプも四角い。カバーを付けてフラットにしてしまったところもこだわりですね。ちょっとラジオとかテレビとか・・・家電っぽくもあります。

型式名:シバウラD288 車台型式:D2F 機関出力/回転数:28ps/2650rpm 運輸省型式認定番号 農1625号 シバウラ D2F型

型式名:シバウラD288 車台型式:D2F 機関出力/回転数:28ps/2650rpm 運輸省型式認定番号 農1625号 シバウラ D2F型

シバウラトラクター D288 4気筒1499ccディーゼル 28馬力/2650rpmだそうです。

「ハイ旋ターン」のスイッチ。倍速ターンみたいなものかなあ

シバウラトラクター D288 4気筒1499ccディーゼル 28馬力/2650rpmだそうです。

メインキー

シバウラトラクター D288 4気筒1499ccディーゼル 28馬力/2650rpmだそうです。

抜いてみせてもらいました。

シバウラトラクター D288 4気筒1499ccディーゼル 28馬力/2650rpmだそうです。

オール金属製のカギには昔のロゴが付いています。プラスチックの頭のついた、もうひとつには今のロゴ。でも、刺さっていたのはオール金属製のほう。

シバウラトラクター D288 4気筒1499ccディーゼル 28馬力/2650rpmだそうです。

エンジンは4気筒。

シバウラトラクター D288 4気筒1499ccディーゼル 28馬力/2650rpmだそうです。

ラジエターの前にフィルターがあるので、フレッシュエアを前から吸い込んで後ろに出すタイプ。

シバウラトラクター D288 4気筒1499ccディーゼル 28馬力/2650rpmだそうです。

バッテリーはラジエターの前、あまり熱くならないようなところに・・・

シバウラトラクター D288 4気筒1499ccディーゼル 28馬力/2650rpmだそうです。

何のオイルだろうか・・・

シバウラトラクター D288 4気筒1499ccディーゼル 28馬力/2650rpmだそうです。

「上」

シバウラトラクター D288 4気筒1499ccディーゼル 28馬力/2650rpmだそうです。

こっちはエンジンオイルの入れ口だと思います。花びら型

エレメント清掃は100時間ごと 6回清掃毎にエレメント交換

エレメント清掃は100時間ごと 6回清掃毎にエレメント交換

三菱電機、ICレギュレータビルトインタイプのオルタネーター

三菱電機、ICレギュレータビルトインタイプのオルタネーター

向こうが見えておもしろーい!

向こうが見えておもしろーい!

排気口はこちら。ボディのツラいっぱいで斜めに切られています。

排気口はこちら。ボディのツラいっぱいで斜めに切られています。

マフラーは内蔵型でこちら。本当に外に何も飛び出さないようになっているんですね。

マフラーは内蔵型でこちら。本当に外に何も飛び出さないようになっているんですね。

何も外に出ない、ま四角な箱を目指した「超芝虎」D288。飽きちゃうといけないので、何かをはさんでまだまだ続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

「ハイ旋ターン」は、旋回時に前輪を後輪よりも高速で回転させる四輪駆動特有の機構だと思いますが、「旋」と「ターン」が重なって、「牛の牛肉」みたいな語感がありますね(笑)

2016年2月4日 12:25 PM | 愛読者

タイヤを止めているネジ数 後輪8穴やのに 前輪は5穴しかない もっと小さいトラクターでも6穴あるのにね

何か前輪の顔と言うかな 物足りなさを感じるし 強度的にも微妙ですね

2016年2月4日 2:33 PM | 木田 やすお

ラジエターリザーブタンクの隣はパワステオイルタンクかな?
最近のトラクターは複数のポンプか流量調整の効く大型ポンプ一台で車両全体の
油圧システムを駆動していますが、昔はエンジンの周りに取り付けたパワステ専用ポンプから
駆動していました。インターは油圧ポンプから分岐させてパワステに送っていたのですが
基本的にミッションオイルは粘度も硬く暖気に時間もかかり、寒いと調子はよくなかったような。

2016年2月5日 8:17 AM | 山葵

木田さん おはようございます

タイヤを止めているネジ数 後輪8穴やのに 前輪は5穴しかない もっと小さいトラクターでも6穴あるのにね

5穴は珍しいんですね
そういわれると後ろと前のバランスが気になってきました

2016年2月5日 9:05 AM | nora

愛読者さん おはようございます

「牛の牛肉」モーレツにウケてしまいました!
確かにそうですよね「ハイ旋ターン」
取説にはきっと「ハイ旋ターン旋回時は〜に注意する事」なんて書いてありそうです

2016年2月5日 9:10 AM | nora

山葵さん おはようございます

パワステのオイルタンクだったんですか!

油圧系統をひとつからの分岐で済ませちゃうタイプと
それぞれにポンプを持っているタイプの2種類あるんですね

寒いと重ステ・・・技術には一長一短ありますね

2016年2月5日 9:25 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/02/04/super-stiger/trackback/