1 2 3 4 5 6 29

見た目ほど新しくない。シバウラSD1803「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんの案内で行った中古車屋さんで見た、シバウラのトラクターSD1803「撮りトラ」です。写真も少ないし、時間もないので今日は手短に行きます。

 

農研機構の登録ではシバウラSD1803は1979年。見た目ほど新しくありません。もう40年近く前のものなんですね!ギュッと濃縮ボディと端正な顔で古さを感じさせません。

農研機構の登録ではシバウラSD1803は1979年。見た目ほど新しくありません。もう40年近く前のものなんですね!コンパクトな濃縮ボディと端正な顔で古さを感じさせません。

 

小型特殊自動車?の認定番号は「農1284」昭和55年ですから1980年のことですね。

小型特殊自動車?の認定番号は「農1284」昭和55年ですから1980年のことですね。エンジンはH763 1143ccです。

 

シバウラSD2443です。SD2443は、農研機構の登録では1979年。同じ1979年の登録ではSD2403も登録されています。この数字の並びを解読すると、4ケタの最初の2つの数字が馬力、3つめの数字は0か4なのでこれが2駆と4駆を表し、最後の数字がレビジョンというかバージョンを表していると考えられます。つまり、SD2443は「24馬力の四駆、バージョン3」ということなのだと思います。

こちらは以前見たシバウラSD2443。同じ顔だと思います。

 

シバウラSD2443です。SD2443は、農研機構の登録では1979年。同じ1979年の登録ではSD2403も登録されています。この数字の並びを解読すると、4ケタの最初の2つの数字が馬力、3つめの数字は0か4なのでこれが2駆と4駆を表し、最後の数字がレビジョンというかバージョンを表していると考えられます。つまり、SD2443は「24馬力の四駆、バージョン3」ということなのだと思います。

シバウラSD2443です。SD2443は、農研機構の登録では1979年。同じ1979年の登録ではSD2403も登録されています。この数字の並びを解読すると、4ケタの最初の2つの数字が馬力、3つめの数字は0か4なのでこれが2駆と4駆を表し、最後の数字がレビジョンというかバージョンを表していると考えられます。つまり、SD2443は「24馬力の四駆、バージョン3」ということなのだと思います。

 

シバウラのインパネ、メカメカしくて好きです。

ということはこのSD1803だと二駆の18馬力ということですかね。シバウラのインパネ、メカメカしくて好きです。

 

近所にJD色に塗られたこの顔があったけど、シバウラだったのかぁ・・・

近所にJD色に塗られたこの顔があったけど、シバウラだったのかぁ・・・

 

これまでトラクターは長く使われますし、オーソドックスなデザインのものが多いので、古くても古さを感じることは少ないですが、これは特に古さを感じさせないです。永遠の若者って感じですかね?

 

今日は内容薄めですみません。こんなところで・・・また明日!

 

 

 

 

 

生まれた時から違うのか、人の手が加わっているのかわからない。シバウラ四輪乗用トラクター「撮りトラ」

今日は昨日の続き、北海道で見た(前回の分もまだまだ終っていないけれど)古いシバウラのトラクター「撮りトラ」です。スガノ農機「土の館」で見た、チェリートラクタのお隣にあったシバウラガーデントラクタと比較しながら見てみたいと思います。

 

まっすぐ前方に伸びたハンドルポスト。アングルで組んだフレーム。ひとつ目のライト。明らかに初期の乗用トラクターです。エンジンフード正面に「SHIBAURA」と表記があります。

今回見たシバウラです。まっすぐ前方に伸びたハンドルポスト。アングルで組んだフレーム。ひとつ目のライト。明らかに初期の乗用トラクターです。エンジンフード正面に「SHIBAURA」と表記があります。

 

このシバウラの記事

スガノ農機「土の館」で以前見たシバウラです。こちらのほうがエンジンフードはスリムですが、今回もたものもこれもセンターマークがちゃんとついていることからどちらもオリジナルと考えられます。座席とエンジンの間に見えるリンク状のものは作業機を抱えるためのものでしょうか・・・アングルフレームも同じものですよね?

このシバウラの記事1
このシバウラの記事2
このシバウラの記事3

 

土の館で見たシバウラはエンジンやタンクが大きくフードからはみ出しています。

スガノ農機「土の館」で見たシバウラはエンジンやタンクが大きくフードからはみ出しています。エンジンは縦置き。

 

エンジンフードはフレームよりずっと細身です。そのため、左右にこれだけ機器がはみ出しています。

スガノ農機「土の館」で見たシバウラ。エンジンフードはフレームよりずっと細身です。そのため、左右にこれだけ機器がはみ出しています。

 

そして昭和34年、1959年、この名前のわからない四輪乗用トラクターが完成・・・という流れということに今の時点ではしておきます。

今回見たシバウラのほうはフレームいっぱいのエンジンフードで、エンジンはほぼ隠れてしまっています。

 

そしてなんと!エンジンが横倒しになっています。これはオリジナルなのか、それとも後から載せかえたのか・・・右手奥にタンクキャップが見えます。

そしてなんと!エンジンが横倒しになっています。これはオリジナルなのか、それとも後から載せかえたのか・・・右手奥にタンクキャップが見えます。

 

今回のシバウラのお顔。

今回のシバウラのお顔。

 

銘板は素っ気ないものですが真鍮のエッチングで、マイナスネジで留められています。

銘板は素っ気ないものですが真鍮のエッチングで、マイナスネジで留められています。

 

シバウラガーデントラクタ 1955年(昭和30) 石川島芝浦機械㈱ 製 (日本) AT-5型 9馬力 空冷エンジン搭載 1955年(昭和30) 本間は芝浦三輪トラクタを使用、のち国産四輪トラクタの発売でいち早く入れ替える。 80万円で購入。水田・酪農に有効に働いた。 25年使用後は、自家保存していた。 同型の全道での導入は92台。 SHIBAURA GARDEN TRACTOR YEAR: 1955(Showa 30) Manufacturer: Ishikawajima Shibaura (Japan) Model: AT-5 Output: 9ps Engine: Air-cooled In 1955(Showa 30)Mr.Honma was using a Shibaura three-wheelfe tractor.Upon the release of the 4-wheeled tractor he was one of the first to make the change over. He purchased this tractor for 8000,000 Yen. It perfonrmed well in all applications in the rice paddies and in the fields. After using this tractor fo 25 years, he continued to preserve its condition at his house. Duaring production, 92 of this model were purchased in Hokkaido.

こちらはスガノ農機「土の館」で見たシバウラの銘板。洗練された形とデザイン。同じく真鍮のエッチングですが、プラスネジで後から取付けられたもののようです。

 

シバウラガーデントラクタ 1955年(昭和30) 石川島芝浦機械㈱ 製 (日本) AT-5型 9馬力 空冷エンジン搭載

スガノ農機「土の館」で見たシバウラの物置?スペースに付いた取扱法の銘板。

 

今回見たシバウラにもついていました。でも、腐食でガチャ。読めません。

今回見たシバウラにもついていました。でも、腐食でガチャ。読めません。

 

これはクラッチでしょうか・・・

これはクラッチでしょうか・・・

 

あ!それからちょっと驚いたのはこれです。パンクしても?それとも超低圧でも?リムが空滑りしないために付いているものと思われます。タイヤの突起に引っ掻け式リム。タイヤ自体にこんな突起が付いているのを初めて見ましたし、それを利用するリムも初めて見ました。 これ、おもしろいなあ。

あ!それからちょっと驚いたのはこれです。パンクしても?それとも超低圧でも?リムが空滑りしないために付いているものと思われます。タイヤの突起に引っ掻け式リム。タイヤ自体にこんな突起が付いているのを初めて見ましたし、それを利用するリムも初めて見ました。ゴムの突起の後が「ベチャッ」となっているので、もしかしたらゴム製突起を後から糊で貼付けるのかもしれませんけど・・・
これ、おもしろいなあ。

 

ちょっと待って!このタイヤ、よく見るとSHIBAURAって書いてあります。SHIBAURA 3.2×6 4PLY シバウラってタイヤも作っていたのでしょうか????

ちょっと待って!このタイヤ、よく見るとSHIBAURAって書いてあります。SHIBAURA 3.2×6 4PLY シバウラってタイヤも作っていたのでしょうか????

 

色々な人の手にわたるにつれ、オリジナルから変化していってこの二台が違っているのか、それとも生まれた時からそもそも違うのか、60年近く前のことでもあり結論は出ません。

でも、これだけ古いと自分には色々と目新しいものがあり、とても興味深いです。

 

今日はここまでです。また明日!

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 29

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • スライドモアの草刈りも4年目へのコメント (H2より[10/19]) スライドモアはPTO
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) 追伸 今年時間
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) noraさんhoka
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (noraより[10/15]) トラクター狂さん こ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[10/15]) こんばんは。
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (noraより[10/15]) ゴンザリオさん 凄い
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (ゴンザリオより[10/14]) 二回目の書き込みをさ
  • 馬力によってはそんなに変わらないが、年代によってずいぶん変わる。それはヘッドランプ!へのコメント (CRAFTS DESIGNより[10/14]) ミニマリストランプ
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) hyoukou240
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) おじまさん こんにち
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) 浜田さんでしょうか、
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (hyoukou240mより[10/11]) おはようございます。
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (おじまより[10/10]) おめでとうございます
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/09]) N134のあとにDが
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (Koun kongより[10/09]) こんにちは
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/06]) JAグループの予約取
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械