Homeに戻る > FORDまつりじゃなくて再開発まつりになっていた!FOORD7600その2「撮りトラ」高崎編

FORDまつりじゃなくて再開発まつりになっていた!FOORD7600その2「撮りトラ」高崎編

偶然ではありますが、ここのところずっとFORDが続いていました。それで今度は意図的にFORD「撮りトラ」を続けてやろうと高崎競馬場跡地のFORDを取りあげたわけですが、ちょっと競馬場跡地利用のほうに引っぱられてしまいました。

気の向くまま書いているので、こういうこと、しょっちゅうあります。今日はその昨日の続きです。

FORD7600 フロントローダーが付いています。tractordata.comによればFORD7600は、1975年〜1981年 ちょうど昨日の4600と同じシリーズです。4.2L4気筒ディーゼルで94馬力/2100rpmだそうです。

今回の役者のひとりである、FORD7600は、tractordata.comによると1975年〜1981年 4.2L4気筒ディーゼルで94馬力/2100rpmだそうです。ウエザーキャップと大きなヒートガードの付いたマフラーがさすが大馬力という感じ。後ろの手書き文字も時代を感じさせる「ばいけ崎高」の(散水車でしょうかね・・・)トラックもこれも同じくらいのヤレ具合です。

建物(メインスタンドかしら?)の向こうに山が見える! 茨城は北のほうをのぞいて平らなので、山が見えないんです。もちろん、スキー場もありません。

そしてもうひとりの登場人物はこの競馬場跡地

地下駐車場でもあるのでしょうか・・・

あ!そうそう・・・地下駐車場?・・・と思ったこの写真は、トラックをくぐるアンダーパスでした。ここをくぐるとトラックに囲まれた中央の広場に出られるんです。

ねっ?中央の広場にはテニスコートが2面あって、車が停められるスペースが常設、臨時も含めて相当あります。ちょっとしたイベントなどに使われていたんだな・・・きっと。

そういえば、2013年のダカールの時、競馬場がビバークに使われていて、この真ん中のスペースにたくさん車両が停まっていて、「どうやって中に入ったんだろう・・・」と不思議に思ったんだっけ。

見物の人もいて、競技がやって来た町は楽しいでしょうねえ・・・今までと違って緑いっぱいな感じです。大場町にも競技がやってこないかなあ・・・

この写真です。手前がトラック。


大きな地図で見る

ちゃんとこの時に「レーストラックの下をくぐるトンネル」に気がついているのに忘れてます。みなさん、覚えてくださいね!

「競馬場には必ずレーストラックの下をくぐるトンネルがある」お忘れなく!

うんのさんによれば、高崎市は過去重点的に競馬場とは駅をはさんだ反対側の歴史地区(城跡があるそうなんです)を整備していて、競馬場側はちょっと置き去りにされていた感があったそうです。そこへようやく光が当たりはじめたのでしょう。

BIG-CITY高崎に比べればずっとスケールの小さな水戸市も、同じく歴史地区の整備が重点的に行われていて、その他の地域は震災の影響もあって更地や駐車場が増え、寂しい感じになっていますから似たようなものです。

群馬県は県のプログラムで「交流人口の増加」を掲げていますから、お金を生む可能性のある歴史地区の整備は一番先に思いつき、実行されますよね。

おお!こんなすてきな城があるんだ! 高崎城は安土・桃山時代に築かれて、まわりには市役所や芸術・文化施設、公共・公益施設が建っているみたいで、ちょうど水戸市の三の丸みたいなものじゃないですか!

でも・・・グーグルマップで水戸城趾を見るとこんなことになってる・・・差がありすぎます・・・かなしい。

まあ、とにかく高崎市の場合は歴史地区の整備が一段落したのでしょう・・・「いよいよ他の部分にかかるよ」ということなのでしょう。

またしてもものすごく脱線してしまった・・・FORD7600に戻ります

tractordata.comによればFORD7600は、1975年〜1981年 ちょうど昨日の4600と同じシリーズです。4.2L4気筒ディーゼルで94馬力/2100rpmだそうです。

iPhone、逆光に弱いんでしすよね。白い縁取りが特徴的なこの下三桁600シリーズ。アイラインの一部が欠け、FORDのFを失って「オード」になっています。

作業機はSTAR。グレーダーなのでしょうか、ただの平たい板が付いています。

作業機はSTAR。グレーダーなのでしょうか、ただの平たい板が付いています。

作業機の、「説明書を読みましょう」のピクト。これは初めて見るなあ。

作業機の、「説明書を読みましょう」のピクト。これは初めて見るなあ。

後ろ部分、寄った写真。この機体、左側に以前見たMF65みたいにあまりお勧めしない「シリンダーが下、プランジャが上」システムが付いています。フェンダーに付いているカゴ、何が入っているのか興味があったのだけど、よくわかりませんでした。なぜか「K」というプレートが付いています。それと、振れ止めが外れないようにでしょうか・・・バネが付いていますね。

後ろ部分、寄った写真。この機体、左側に以前見たMF65みたいにあまりお勧めしない「シリンダーが下、プランジャが上」システムが付いています。フェンダーに付いているカゴ、何が入っているのか興味があったのだけど、よくわかりませんでした。なぜか「K」というプレートが付いています。それと、振れ止めが外れないようにでしょうか・・・バネが付いていますね。

小さな鉄の球が付いているアクセルレバー? 何だか好きです。オウムみたいなウインカースイッチ、レバーが折れちゃってますね。

小さな鉄の球が付いているアクセルレバー? 何だか好きです。オウムみたいなウインカースイッチ、レバーが折れちゃってますね。

これですね

YouTube Preview Image

↑数十秒と短いです。オームみたいです。

ウインカーなのでございます。

ウインカーなのでございます。

リヤタイヤはGOODYEAR FORDのホイールウエイトが付いています。

リヤタイヤはGOODYEAR FORDのホイールウエイトが付いています。

フロント右側のタイヤはピレリ。いい感じにサビサビです。

フロント右側のタイヤはピレリ。いい感じにサビサビです。

なぜかフロント左のタイヤはブリジストン。何度か手塗りされたと思われるペンキからフロントタイヤのどちらかは、部品とりのトラクターからホイールごと移植されたものと思われます。

なぜかフロント左のタイヤはブリジストン。何度か手塗りされたと思われるペンキからフロントタイヤのどちらかは、部品とりのトラクターからホイールごと移植されたものと思われます。

tractordata.comによればFORD7600は、1975年〜1981年 ちょうど昨日の4600と同じシリーズです。4.2L4気筒ディーゼルで94馬力/2100rpmだそうです。

FORD7600・・・エンジンフードの上、木星の大気の層みたいな微妙な模様になっています。これを描けっていわれても描けない自然の模様。

tractordata.comによればFORD7600は、1975年〜1981年 ちょうど昨日の4600と同じシリーズです。4.2L4気筒ディーゼルで94馬力/2100rpmだそうです。

ちゃんと設計された文字で「HFT」ローダーのメーカーだと思って調べたんですけど・・・

いっこうに出てきません。ふと日本ニューホランドのWEBサイトを見ていたら、URLがhttp://www.nh-hft.co.jp/と「HFT」が付いていることに気がつきました。

日本ニューホランドの英語版には NEW HOLLAND HFT JAPAN と書いてあります。

日本ニューホランドの英語版には NEW HOLLAND HFT JAPAN と書いてあります。

ウィキペディアを見てもニューホランドAgの日本におけるニューホランドの項

日本におけるニューホランド
総代理店・日本ニューホランド
現在日本におけるニューホランド製品の総代理店である日本ニューホランドの前身、北海自動車工業が北海道札幌市に設立されたのは1934年である。
当初、外国製乗用車の販売と修理の営業を行っていたが、1952年、フォードトラクターの日本総代理店となり、農業用トラクターの輸入販売を開始した。
1970年には北海自動車からトラクター部門が独立し、北海フォードトラクター(HFT)として発足。また、1987年にはフォード・ニューホランド製の牧草機械の販売権をも獲得する。
1995年には社名を日本ニューホランドと変更し、現在に至る。1952年からのトラクタの輸入台数の累計は約65,000台以上で、無借金経営の上に自己資本比率は70%近くに及ぶ。

とあり、北海フォードトラクター(HFT)、HFTというのがここにも出てきます。ちょうど1970年に発足したHFTが1975年から生産しているこの7600を販売するときに、アタッチメントとして売ったフロントローダーにHFTというロゴを付けるのは自然かなあ・・・と思います。

よって、今日のところの結論はこのHFT、北海フォードトラクターを表しているという結論にしておきます。

団体営草地開発整備事業

それともうひとつ。HFT の写真、エンジンフードに文字が書いてあります。読めないところがあるのですが、52年度、○○○○○開発整備事業と書いてあります。わかるところだけ打ち込んで検索すると、団体営草地開発整備事業というのもがヒットしました。

今一度よくエンジンフードを見てみると、確かにそう書いてるように見えます。つまり、『昭和52年度団体営草地開発整備事業 NO10』
とフードに書いてあるのです。このフォード、39歳でした!

これをさらに調べてみると、団体営草地開発整備事業は草地等開発整備事業の一環で、昭和33年から53年まで行われた事業みたいです。

草地等開発整備事業は牛その他の家畜を育てるため、機械が入れるように木の根を抜いたりするのでしょう・・・草地の造成改良、整備や併せて道路、用水などの設備、また畜舎、柵、トラクターのような機械などの利用施設を整備する事業なんですって。

初めは群馬県のどこかの牧場で働いていたFORD7600が、草地つながりでその後半の人生を競馬場で過ごすようになった・・・そんなところではないでしょうか?

食料増産のためだと思いますが、昭和30年あたりから稲作はクレイソンコンバイン(あまりうまくいかなかったようですが)が補助を受けて入ってきました。畜産にも同じような補助があって、こうやって機械の導入を後押ししてきたんですねえ・・・知らなかったなあ。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/01/27/foord7600-2/trackback/