Homeに戻る > クボタサンシャインL1-R。リバース&選べるカラバリの超希少種!・・・「昔のトラクターカタログ」

クボタサンシャインL1-R。リバース&選べるカラバリの超希少種!・・・「昔のトラクターカタログ」

しまったっ!寝坊した。・・・でも、何だか久しぶりに寝た気がする・・・

しまったっ!寝坊した。・・・でも、何だか久しぶりに寝た気がする・・・

pasuhiroさんに送ってもらったクボタトラクター サンシャインL1シリーズ「昔のカタログ」は今日で最後です。このトラクターリバース機能が前面に押し出されていますが、実はカラバリもこっそりとあって、なんとリバース&選べるカラバリという超希少種なのでした。

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

マルチプル。四季を呼吸するオールランドプレーヤー・・・なんだか詩的です。うね立て?フォークリフト作業、バケット作業(これはBlue_Buffaloさんが送ってくれたものですね!)そして代かき。

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

左上からリアモア、右上ハウスロータリ、左下リバースバケット、右下・・・これがすごいですね・・・除雪機です。

確かに四季を呼吸してます。これだけ働いたら相当その息も荒くなりそうで、忙しすぎて壊れちゃうんじゃないかな??と心配するほどです。

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

デラックス。リッチな感覚はヒューマン設計の証し・・・。快適さも全機種に標準装備。

デラックス・・・というのは今では死語ですかね・・・詩的だけれども意味のよくわからない「リッチな感覚はヒューマン設計の証し」。でも、カタログはデジタルで作っていないのでしょう。文字の間隔が気持よく詰まっていて、そこには人間の手仕事とそれ故のリッチな感じがします。

それより、一番気に入っているのは右下の小さな写真。「21世紀の機能を誇るニュー・デザイン」リバースタイプはドア付の斬新なデザインです・・・ってやつです。

行き場のないメーター類を持っていったドア部分がこうやって開いちゃうのですね。これは21世紀の現在でも見ることのない斬新なデザインだと思います。(皮肉じゃなくて真面目な話です)

Sunshain L1-R26

この部分が開くわけですね!

詳しくはクボタL1-R26・・・撮り虎®を見てください。

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

こうやって見ると細かくメッシュが入っていて、いろいろなところが繊細。デラックスに見えるかもしれません。

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

セーフティ 安全を願う心ーーーークボタのトラクタづくりはここからスタートする。

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

大変お待たせいたしました! カラバリの登場です!マリンブルー、ワインレッド、サファイアグリーンの3色です。

サンシャインのLシリーズに比べると、3色と少なくなっている感じですし、コンビネーションではなく完全なソリッド色。いったいどのくらい売れたのかとても知りたいです。サファイアグリーンなんか黄色の帯をいれてジョンディアにしちゃった人もいるかな?

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

最後にスペック表(読めないと思いますが)載せておしまいおしまい。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

 トラクター、リバース作業結構あります。
 現在でもタカキタからはリバース作業のロータリ除雪機販売されています
 https://www.youtube.com/watch?v=AbEaTM-ECdM&feature=youtu.be
 ネットで探したらコーンハーベスターのリバースも写真出てきました
http://tractorkubotayanmais.blog.so-net.ne.jp/2013-03-15-6

2015年4月11日 9:48 PM | Blue_Buffalo

Blue_Buffaloさん おはようございます
リバース作業のロータリ除雪機がまだ売られているんですか
コーンハーベスタ!すごく貴重品の組合わせ、結構残っているんですね!

2015年4月12日 7:04 AM | nora

こんばんは

現在、某YオークションにてL1-18の中古機が出品されていますが、なんと機体色がオプションカラーのワインレッドです!
商品説明には、純正色と記載されているので、もし良ければ検索してみて下さい

2015年5月10日 7:40 PM | shiroemodon

shiroemodonさん おはようございます

情報ありがとうございます!
売れちゃう前に見てきました 初めてのカラバリ実写!感動ものです!
これを機会に緑とか紺色も見てみたいですねえ・・・

2015年5月11日 8:36 AM | nora

はじめまして。
L1-Rを見てたらここにたどり着きました。

カタログ、懐かしいですね。昔、うちにもありました。
私が高校生の時に、父が私の前にこのカタログを投げました。(ほら、見てみ?って意味だったのか)

私が「このリバースのやつカッコいいじゃん」と言ったらホントに父がリバース仕様(L1-R20)を買ってしまいました。
当時、250万だったような記憶があります。

以来30年、今でも現役で活躍しています。
春の畑うちと除草代わりにロータリーを、冬は除雪用にロータリー除雪を付け替えながら乗ってますが、そんなに使わないので、まだ400時間乗ってないです。

とても懐かしいカタログ見せてもらいました。

2017年2月26日 8:26 AM | nk

nkさん おはようございます

購入するか、あきらめるか・・・息子に背中を押してもらいたかったのでしょうね、きっと

たくさん刷られるパンフレットも、一定期間どんどん作られるトラクターも
こうやって状況や光景と結びつけられてだんだん特別なものになっていくんですね
いい話をありがとうございました!

2017年3月1日 7:11 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2015/04/11/sunshine_l1_catalog-1-4/trackback/