1970年型式認定イセキ・ティラーKS280「朝1分の農機考古学」

PVアクセスランキング にほんブログ村

毎日サクッとネット画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は様々な情報から1970年運輸省型式認定番号と考えられるイセキティラーKS280です。KS280はイセキの社史によると1970年に半年ほど発売されただけの機種で、画像の多くはフランスのものでした。

イセキ1970年代初頭の小型機はどういうわけだかフランスにたくさん残っています。当時の写真かカタログ用写真か、KS280のなかなか素敵な写真を見つけました。
イセキ1970年代初頭の小型機はどういうわけだかフランスにたくさん残っています。当時の写真かカタログ用写真か、KS280のなかなか素敵な写真を見つけました。
古いティラーのはずですが、あまり古いという感じがしません。
古いティラーのはずですが、あまり古いという感じがしません。
まずは日本のオークションで見つけたイセキのカタログです。すごく古臭い感じも受けますけど、載っている製品から1970年前後のものと思われます。
まずは日本のオークションで見つけたイセキのカタログです。すごく古臭い感じも受けますけど、載っている製品から1970年前後のものと思われます。
その中で今日取り上げるのはティラーのKS280です。このころのイセキのティラーはKT600の型式がKT60、KT500の型式がKT50など、末尾を端折った形になっているのでKS280の型式もKS28と想像できます。この型式であれば手持ちの資料で運輸省型式認定番号は農676号となります。
その中で今日取り上げるのはティラーのKS280です。このころのイセキのティラーはKT600の型式がKT60、KT500の型式がKT50など、末尾を端折った形になっているのでKS280の型式もKS28と想像できます。この型式であれば手持ちの資料で運輸省型式認定番号は農676号となります。
KS280の型式がKS28という前提でシートに記入します。農676の一つ前、農675が1970年最初の運輸省型式認定なので、KS280は1970年型式認定なのは間違いありません。
KS280の型式がKS28という前提でシートに記入します。農676号の一つ前、農675が1970年最初の運輸省型式認定なので、KS280は1970年型式認定なのは間違いありません。また、農700号も手持ちの資料で1970年型式認定ということがわかっていますので、間に挟まれた数字は全て1970年型式認定ということになります。

『農機の運輸省型式認定番号一覧表』に追記しました

『農機の運輸省型式認定番号一覧表』を固定ページで公開しました。一番上のメニューから入れるようにしています。これから新しく運輸省型式認定番号を発見するたびに追記することにします。

追記:今まで一部の環境ではテキストが読めなかったということがわかったので修正しました。スマホでも読めるようになったと思うのですが、もし読めない場合はコメント欄でもメールでも構いませんので連絡をください。お願いします!

いやー!W杯、日本勝ちましたね!!いい気分で今日を始められます。それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。