Kubota Dream Tractor Talent 25 [EXPO’70]

PVアクセスランキング にほんブログ村

Dさんからの追加情報で、1970年の万博で展示されたクボタ館のトラクター『クボタ ユメトラ タレント25』について、ちょっとだけ詳しいことがわかりました。(Dさん、ちゃんとトラクター情報調査の仕事をしているようです)わずかにわかるスペックを見ると、最初にフルカバードのトラクターのコンセプトがあり、出てくる問題を一つひとつ潰してできた形のように感じました。

昨日のおさらい

新しいカタチだけれども、当時の車は皆こんな感じだったという話。
多分今日出した写真以外には出回っている写真はもうないと思います。あとは家庭に眠るスナップ写真だけでしょう。書いてあるだけかもしれませんが、思いのほかちゃんと考えられていて、ただの模型ではなさそうです。
多分今日出した写真以外には出回っている写真はもうないと思います。あとは家庭に眠るスナップ写真だけでしょう。書いてあるだけかもしれませんが、思いのほかちゃんと考えられていて、ただの模型ではなさそうです。
これが僕がこれまで見たことのある写真でした。形はわかりますが色や細かいことがわかりません。タイヤはラグタイヤがハマっているようですけど、このショットだけでは「これがトラクターなのか?」ということを含めてわかりませんよね?
昨日の写真をもう一度見ると、この宣材用の写真は万博のあと撮られたのかもしれません。こちらはタイヤにホワイトレターが入っていますが、実際に展示されたものは真っ黒なタイヤですから。ボディ色もお姉さんのスーツが黄色だとすれば、金色でなく白の可能性もありますね。

EXPO ’70 パンフレットのパンフレットを紹介しているサイトがあって、そこにクボタ館のパンフレットも紹介されています。パンフでは少しだけタレント25のことも書かれていたようです。

新時代の“夢のトラクタ”登場!
クポタの技術と経験を結壊した高性能万能機。整地・種まきはもちろん、刈取りから運搬までを自由自在にやってのけます。しかも、冷・暖房つきのキャビンは快適そのもの。作業用に2台のテレビが組み込まれ、外部との連絡はトランシーバーでOKです。さらに、足まわりや作業機のセットなど、操縦もカンタン。明日の農業に活躍する、まさに“夢のトラクタ”の登場といえましょう。

クボタ館パンフレット

なんと!外部連絡トランシーバーですって!

Dさん少し大きな写真を見つけてくれました。やはり、後ろ斜めから乗り降りするようです。もう少しゲートが高く上がればもっと楽になると思うのですが、これはかなり辛そう・・・
Dさん少し大きな写真を見つけてくれました。やはり、後ろ斜めから乗り降りするようです。もう少しゲートが高く上がればもっと楽になると思うのですが、これはかなり辛そう・・・

この写真でもう一つ注目なのは、右前輪の少し上にカメラのようなものが見えることです。どこかで「左右と後ろを見ることができるカメラがついていた」という記述を見かけたので(それがどこだったかわからなくなってしまいましたけど)これがそうではないかと思います。

キャプションに「TV2台完備」と書かれていたように見えたのはこのことでしょう。

キャビン付フルカバーにしたところ、当時主流だった屋根すらないフルオープンのトラクターに比べてあまりに死角が多く、カメラを付けるしかなかったのではないかと思います。

作業機のようすがよくわかる写真です。徹底的にフルカバーにこだわっていますね。一方、前のほうに当時の歩行型と思われる耕うん機がちらっと写っています。ものすごいギャップ。博物館みたいです。
作業機のようすがよくわかる写真です。徹底的にフルカバーにこだわっていますね。一方、前のほうに当時の歩行型と思われる耕うん機がちらっと写っています。ものすごいギャップ。博物館みたいです。
また、このサイトにはリバーシブルのシートがついていた。と書かれています。乗降のことを考えると、リバーシブルと言っても回転シートだったのではないかと思われます。
また、このサイトにはリバーシブルのシートがついていた。と書かれています。乗降のことを考えると、リバーシブルと言っても回転シートだったのではないかと思われます。

これもキャビン付フルカバーにしたため仕方なくそうなったのでしょうね。

改めてスペックを考える

少ないながら、様々なネット上の記述を総合し、透かしてみたり拡大してみたりしながら、なんとか当時のキャプションを読み、誤りが含まれていると思いますが『クボタ ユメトラ タレント25』のスペックをまとめてみます。

kubota dream tractor talent25
1200cc 25馬力
四輪駆動、無段変速
両サイド確認用カメラ及び後方カメラ モニター2台
オーディオ、冷暖房完備
強化プラスチックボディ
チューブレスタイヤ

無段変速ということは、油圧モーターだったかもしれませんね。

こんなところでしょうか?
それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。