ヤンマーのYM2000青ガエルの生存期間が3年間ではなく、もっと短い可能性が浮上!

今日はここのところバックグラウンドでリサーチしているYM2000の青ガエルのお話です。

これまで緑のヤンマー(青ガエル)は、CMでの「燃える男の赤いトラクター」というキャンペーン以前にしか存在しないであろう・・・という想像のもと、誕生した1974年からキャンペーンの始まる1977年までの3年間としていました。

しかし、YM2000Aという運輸省型式認定番号があることを知り、3年間という青ガエルの生存期間がさらに短くなる可能性が出てきました。

もうすでに朝の時間が少なくなっているので、行けるところまで行ってみます。

これまでの経緯

日本国内で1974年から緑のヤンマートラクター、青ガエルを売っていたことは以前記事にしました。
有名な小林旭さんの「燃える男の赤いトラクター」キャンペーンが1977年に始まったことはわかっているので、そうなると最長3年間しか緑のヤンマーは国内では生存できないことになります
「短い命」その理由は、出してはみたものの評判が悪かった・・・でした。

そして新たな情報、運輸省型式認定番号

手持ちの資料の中にYM2000Aという型番のヤンマーがあり、その認定番号が農935であり、エンジン形式が2TR20Aだということがわかりました。

空白部分は気にせず、データシートに入れてみます。すると、クボタL2201の前、サトーST2000のすぐ後ろに入ります。
空白部分は気にせず、データシートに入れてみます。すると、クボタL2201の前、サトーST2000のすぐ後ろに入ります。

ヤンマーYM2000Aは1975年登録というのはほぼ確定

YM2000Aのすぐ後ろ、クボタL2201は1975年に認定され、発売も1975年だということはクボタの社史からわかっています。

ということは、YM2000Aは1975年年に登録され、1975年販売。ずれたとしても1976年ということで良いのではないでしょうか?

ではYM2000Aはどんなトラクター?

だだ、これだけでは単にYM2000Aというトラクターが1975年に発売されたのでは?ということがわかっただけです。

一体どんなトラクターなのか? ネットで2TR20Aというエンジン形式のトラクターを探してみます。

オークションのページで見つけました!2TR20A形です。排気量は1145ccで馬力は20PS/2550rpmです。
オークションのページで見つけました!2TR20A形です。排気量は1145ccで馬力は20PS/2400rpmです。

エンジン銘板を写真に撮るというのは全員がやっていることではないので苦労しました。

そしてその車体はというとコイツです!エンジンフードにはYM2000としか書いてありません。同じYM2000でも、正式には緑がYM2000、赤がYM2000Aなのではないでしょうか?
そしてその車体はというとコイツです!エンジンフードにはYM2000としか書いてありません。同じYM2000でも、正式には緑がYM2000、赤がYM2000Aなのではないでしょうか?
こちらの赤いYM2000は・・・
こちらの赤いYM2000は・・・
フェンダー裏のステッカーにYM2000Aと書いてあります。やはり赤はYM2000Aということで良いのではないでしょうか?
フェンダー裏のステッカーにYM2000Aと書いてあります。やはり赤はYM2000Aということで良いのではないでしょうか?
赤のYM2000この機体は・・・
赤のYM2000この機体は・・・
シリアルナンバーYM2000の後ろにとってつけたようにAが打たれています。赤のYM2000は1975年生まれのYM2000Aだったのです!
シリアルナンバーYM2000の後ろにとってつけたようにAが打たれています。赤のYM2000は1975年生まれのYM2000Aだったのです!

正式には緑がYM2000、赤がYM2000A・・・証拠を集める

緑のヤンマーの評判が悪く、赤に戻す際に型番を変えた。もしそうであればどこかに痕跡があるはずです。それを見つけるため、ネットの海に漕ぎ出します。

すると希少な青ガエルの写真にわずかな手がかりを見つけます。これはどなたかのブログ記事の写真。
すると希少な青ガエルの写真にわずかな手がかりを見つけます。これはどなたかのブログ記事の写真。
何気なくエンジン銘板を撮ってアップしてくれていました。緑のYM2000のエンジンは2TR20形。同じ2気筒のエンジンでも後ろにAのつかないタイプだったのです。
何気なくエンジン銘板を撮ってアップしてくれていました。緑のYM2000のエンジンは2TR20形。同じ2気筒のエンジンでも後ろにAのつかないタイプだったのです。
さらにもう一つ見つけました。オークションで売られている緑のYM2000です。
さらにもう一つ見つけました。オークションで売られている緑のYM2000です。
全農ですけど
全農(ZEN-NOH)ですけど
あっ!脱線してしまった・・・
ここのオークションはエンジン銘板を撮ってくれている確率が高いです。
ここのオークションはエンジン銘板を撮ってくれている確率が高いです。
この青ガエルも2TR20形・・・青ガエルは「A」が末尾につかない2TR20形というのは間違いなさそうです。
この青ガエルも2TR20形・・・青ガエルは「A」が末尾につかない2TR20形というのは間違いなさそうです。

さらに決定的なことが・・・

このYM2000のエンジン銘板をよく見ると

20TR20形
出力20PS
回転速度2400RPM
総排気量 1.094ℓ

ん?1.094ℓ?


排気量がアップしている!

オークションのページで見つけました!2TR20A形です。排気量は1145ccで馬力は20PS/2550rpmです。
オークションのページで見つけました!2TR20A形です。排気量は1145ccで馬力は20PS/2400rpmです。

もう一度赤いYM2000A(←Aを付けておきます)のエンジン銘板を見ると1.145ℓです。なんと排気量が同じ20馬力でも末尾にAがついたものは増えています!

もう決定的です。緑のYM2000と赤のYM2000A、色もエンジンも違う別物だったのです。

時間がなくなってしまいました。今日はここまでです。続きは後ほど・・・

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“ヤンマーのYM2000青ガエルの生存期間が3年間ではなく、もっと短い可能性が浮上!” への2件の返信

  1. カエルハウス管理人さん
    コメントありがとうございます
    まさにマイブームのどまん中、青ガエルの多頭飼育されているんですね!
    近くなら見に行ってみたいですし
    お話も聞いてみたいです
    目下、各種青ガエルの生存期間の特定を目標としております
    どんな情報でも大歓迎です
    よろしくお願いします!!

  2. はじめまして。いつも楽しく拝読してます。
    私は急に青ガエルに惹かれて集め始めてしまった新参者です。今、1500/1700/2000を飼っています。カエルは田んぼや解体屋から不動車を引き揚げてエンジン直して畑で動かしてます。
    青ガエルの考察で協力出来る事が有ればお力になりたいと思います。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。