1969年、石下町農協に導入されたクレイソンM122の後継機だと思われるNew Holland Clayson 1520「昔の写真」

寝坊してしまったので既に時間がなくなっています。今日はNさんに送って貰った(いつもありがとうございます!)大変興味深い写真、New Holland Clayson 1520の紹介です。(途中まで)

茨城県では1964年から汎用コンバインがおそらく官主導で行なわれていて、茨城県の石下あたりには1969

年にクレイソンM122が納入されていたはずなんです。このNew Holland Clayson 1520はその後継機ではないか? と思うのです。

いかにも古い写真。New Holland Clayson 1520です。汎用コンバインなのですが、何を刈っているのですかね・・・麦なのか稲なのか・・・機械を共同で使う機械組合?のものだそうです。
New Holland Clayson 1520です。1979年の写真のようです。汎用コンバインなのですが、何を刈っているのですかね・・・麦なのか稲なのか・・・機械を共同で使う機械組合?のものだそうです。

1964年、茨城県最初に導入された機体はこれ

茨城に最初に入った機体はこれ。茨城県内原町に入ったクレイスM80でした。

なぜわかるかというと納入先書類があったからです

コンバインやトラクターが高価だったころ、「ここに納入しました」と、実名を挙げて別紙としてカタログにはさんで配布することがあったのです。

それによれば

茨城には13台のクレイソンコンバイン。
茨城県には1969年時点で13台の汎用コンバインが納入されています。

石下町農協には1969年にM122が納入されています。1979年ということでしたからその10年後・・・今日の1520はその後継機ではないかと思うのです。

M122のカタログはこちら

ベルギー生まれのクレイソンコンバイン。諸元などはこちらです。

すみません・・・時間がなくなっちゃいました。

今ではすっかり自脱型コンバインにとって代わられた感のある、稲作地帯での汎用コンバイン。2代目、3代目が稼働しているというのを以前1例見ましたけど、他にもあったということはとても興味深いです。
今ではすっかり自脱型コンバインにとって代わられた感のある、稲作地帯での汎用コンバイン。2代目、3代目が稼働しているというのを以前1例見ましたけど、他にもあったということはとても興味深いです。

今日は時間がなくて導入としてしか取りあげられませんでした。明日かどうかわかりませんけど続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。