寝坊したのでイントロダクション(トラクタータイヤ)

今日は寝坊した上に写真を探すのに時間が掛かってしまい、もう時間がありません。もうただただ「それが何?」のイントロでしかなくなってしまいました。

第34回国際農業機械展in帯広で見たトラクタータイヤです。

ミシュランタイヤのブースです。人の背丈ほどもある大きなタイヤ。若干サイズの違うタイヤが三つ並んでいますが、どうもトラクターの馬力とか、用途とかによって種類というかブランドが違うようなのです。真ん中のタイヤがOMNIBIB右のタイヤがAXIOBIB2きっと一番左のタイヤも違う名前なのでしょう。
ミシュランタイヤのブースです。人の背丈ほどもある大きなタイヤ。若干サイズの違うタイヤが三つ並んでいますが、どうもトラクターの馬力とか、用途とかによって種類というかブランドが違うようなのです。
真ん中のタイヤがOMNIBIB(オムにビブ)、右のタイヤがAXIOBIB2、(アキシオビブ2)きっと一番左のタイヤも違う名前なのでしょう。
変わってこちらはブリジストンタイヤのブース。大きなトラクターのタイヤはラジアルタイヤが主流のようで、見た目が一緒のようでもその働きはずいぶん改良されているみたいです。 「たわむ」タイヤ・・・と銘打っています。タイヤの横腹を柔らかく作ることのできるラジアルタイヤにすることで空気圧を下げ、結果接地圧面積を広くとれるようになり、駆動力が増す・・・と言う理屈でしょうか。
変わってこちらはブリジストンタイヤのブース。大きなトラクターのタイヤはラジアルタイヤが主流のようで、見た目が一緒のようでもその働きはずいぶん改良されているみたいです。
「たわむ」タイヤ・・・と銘打っています。タイヤの横腹を柔らかく作ることのできるラジアルタイヤにすることで空気圧を下げ、結果接地圧面積を広くなり、駆動力が増す・・・と言う理屈でしょうか。
日本上陸・・・日本のメーカーですが、海外で生産しているのでしょうか?
日本上陸・・・日本のメーカーですが、海外で生産しているのでしょうか?
新商品と書いてあります。細かい工夫が施されているのだと思いますが、遠目にはミシュランもブリジストンも同じに見えます。少なくともこのパターンは伝統と感じるくらい昔から同じに見えてきてしまいます。
新商品と書いてあります。細かい工夫が施されているのだと思いますが、遠目にはミシュランもブリジストンも同じに見えます。少なくともこのパターンは伝統と感じるくらい昔から同じに見えてきてしまいます。

明日はこれはどういうことなのかリサーチしてみたいと思います。今現在結果がわかっているわけではないので、まとまるかどうかわかりませんけど・・・

おもしろくも何ともなくそれではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。