馬1頭プレゼント!クボタグランデル・プラスワン GL281・GL301・GL321「昔のトラクターカタログ」

今日はトラクター狂さんに送っていただいた、クボタトラクターグランデル・プラスワン GL281・GL301・GL321「昔のカタログシリーズ」です。いつもありがとうございます!

 

速そうな表紙。大型特殊自動車なのかな?

 

クボタトラクターグランデル・プラスワン GL281・GL301・GL321「昔のカタログシリーズ」です。

走っているのはGL321です。背景が流れていて、この手法は以前見たことがあります。『シンプルにスピードをアピール!(と言っても24キロ)クボタL1-325DS「昔のカタログ」』の「大型特殊で速いよ!」ってヤツです。これも大型特殊なのでしょうか・・・

 

ちょうど同じくらいの馬力帯のL1-325DS・・・当時の記事を引用してみます。

 

kubota tractor new L1-5series catalog

背景が流れ、タイヤが回転している・・・「速い」ということを強調するために、動きのある絵になっています。クルマのカタログ写真で良く使われる、クルマにカメラを固定して、クルマを「せーの」で押して超スローシャッターを切る・・・そんなタイプの手法が使われているのでしょう。

 

kubota tractor new L1-5series catalog

高速走行24km/hを実現!移動時間が大幅に短縮。と書いてあります。1ページの半分にこれだけ・・・相当強調したいのは間違いありません。

 

表紙の彼は大型特殊自動車ではないみたい

 

とまあ、こんな感じです。スピード感、似ていますよね・・・。 でも、GL321の主要諸元を見てみると走行速度は最高で14.74km/hで、当時の大型特殊の基準になった25km/hは越えていません。これより大きいGL337なら23.21km/h、GL367/417だと25.13km/hと25km/hを越えています。また、GL467だと26km/hになっています。

あ!GL277も最高速度23.73km/hとなっていますね。取説の「重要」という部分に書いてありました。

 

*GL277・337・367(E)・417(E)・467(E)仕様は道路運送車両法の小型特殊自動車に該当しますが、道路交通法では、大型特殊自動車に該当します。従って、公道を走行する場合は、大型特殊自動車の運転免許証が必要です。

 

背景が流れてはいますが、一般人が走るくらいの14.74km/hで流し撮りをしたものと思われます。な〜んだ。

 

いろいろ機能説明があります。僕が引っ掛ったのは「トリプル旋回システム」

いろいろ機能説明があります。僕が引っ掛ったのは「トリプル旋回システム」

 

ハンドルを切るだけで「倍速」「片ブレーキ」「作業機アップ」が自動的に作動。ADスーパー倍速に、作業機アップを組み合せ、ターン始める直前まで耕耘できるので、枕地二回取りも可能です。

 

長年の謎が解けた

 

さらに色々説明がある中でブレーキの部分、「オートディスクブレーキ(AD)」とあります。旋回時に自動的に内側後輪の片ブレーキがかかることを言っていて、「クボタのトラクターにADと書いてあるのは何だろうなあ・・・」とずっと思っていた謎が解けました。

でも、それならABと略してくださいよぉ・・・ディスクは形状を表してるだけだけど、ブレーキならちゃんと機能を示していてわかりやすいですもん。

 

すみません!今日も仕事しなくてなならなくて、続きを書く時間がなくなっちゃいました。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

そういえばファーガソン133に乗っていた実家の親父の免許証には「大特車は農耕車に限る」って書いてあった記憶が・・・
そんな親父も今年75歳、足が悪くなって乗用車は「エンジン付き車椅子」状態ですが元気な様子。今月祖母の法事(昨年95歳で死去)があるんで様子見に行く予定。北海道へは茨城空港からピョンと行けるので便利

2018年2月7日 1:10 AM | やすひろ

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2018/02/04/gl281_gl301_gl321_catalog/trackback/