Homeに戻る > クボタSL54パワクロ、シロカキ前の最後の田起こしなのかな?「撮りトラ」

クボタSL54パワクロ、シロカキ前の最後の田起こしなのかな?「撮りトラ」

少し時間が経ってしまいましたが、先日見た多分シロカキ前の最後の田おこし。クボタトラクターSL54パワクロ「撮りトラ」です。

なんとなく気になったのはこの旋回痕。目玉みたいでおもしろい。

なんとなく気になったのはこの旋回痕。目玉みたいでおもしろい。

わりと乾いてますし、ハーフクローラだから当たり前ですけど、まったく地面にもぐる様子がありません。

わりと乾いてますし、ハーフクローラだから当たり前ですけど、まったく地面にもぐる様子がありません。


 

というわけで、ターンしているところをわりと集めたSL54耕うん動画

YouTube Preview Image

↑ 動画(1分30秒)ほど

 

旋回の連続写真

旋回の連続写真

この正面から見てタイヤが円に見えるというのがすごいですよねえ。

この正面から見てタイヤが円に見えるというのがすごいですよねえ。

クボタスラッガーSL54パワクロの旋回

クボタスラッガーSL54パワクロの旋回

クボタスラッガーSL54パワクロの旋回

隣の田んぼに移ったので観察してみます

シロウト向けトラクター田おこし講座

まず田んぼに入ると・・・

シロウト向けトラクター田おこし講座

ナナメに横切って一目散に向こう端の奥へ・・・

シロウト向けトラクター田おこし講座

入口の反対側の奥、だいたい作業機分の幅を残してスタートするようです。

オペレーターのMさんに聞くと、どんな田んぼでも入口の反対側から始めるそうです。その中でも入口の対角線の隅からこちら向きにスタートするのが圧倒的に多いそう。
 

文字で説明するのは難しいなあ。こんな感じ。

YouTube Preview Image

この時はトラクターが小さいので外周を残す距離が少し違いますね。
 

最後に記念写真。

最後に記念写真。

最後に記念写真。

耕うんの再生リストも貼っておきます。今日はここまで。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

こんにちは
私も、三年前の秋に パワクロKL28Rの実演機をお借りして実際に乗ってみました。やはりホイールトラクターに比べたら旋回は若干しにくい印象を受けました ホイールトラクター自分ちのトラクターの感覚でハンドル切ってオートアップ、AD倍速を作動させて旋回すると 大回りで畔に接触したりするから 片ブレーキを掛けて旋回した記憶があります。
こちらの動画は 一度バックして切り返して旋回してるのでAD倍速でうまく旋回できてるのですね。
ちょっと勉強になりました。

2017年5月15日 11:36 AM | 木田 やすお

木田さん こんばんは

なるほど・・・ホイールトラクタに比べて大回りだなあ・・・と思っていたのですが
1回バックしているからこんなもので済んでいるとも言えるわけですね

2017年5月15日 9:02 PM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/05/15/kubota_tractor_sl54-2/trackback/