Homeに戻る > ハッキリ区切ってある顔ばかりじゃなかった。マコーミックIH523「撮りトラ」

ハッキリ区切ってある顔ばかりじゃなかった。マコーミックIH523「撮りトラ」

まだ出稼ぎ中です。慣れないことなので疲れて、7時には眠くなっちゃいます。というわけでショートバージョン。

今日は北海道の中古ヤードでandoさんやhokkaidoujinさんと見た、マコーミックインターナショナル523「撮りトラ」。でも電池切れでiPhoneの、しかも顔だけの写真しかありません。

今日は北海道の中古ヤードでandoさんやhokkaidoujinさんと見た、マコーミックインターナショナル523「撮りトラ」です。

マコーミックインターナショナル523です。初めは「インターナショナルでこんな顔初めて見たなあ・・・自作かな」などと思ったのですが、以前の記事を色々と振り返ったらそうでもないことがわかりました。パンチングメタルの顔は珍しいのですが、碁盤の目に区切ってあるのは新しい型で、マコーミックインターナショナルの時代はみな細かいメッシュの顔だったんです。

サイドのステッカーでかろうじて「マコーミックインターナショナル」と読めます。型番は523ですね。なんだかかわいらしい小さなオレンジのウインカーがついています。

サイドのステッカーでかろうじて「マコーミックインターナショナル」と読めます。型番は523ですね。なんだかかわいらしい小さなオレンジのウインカーがついています。

こっちの顔の印象が強かった。KOMATSU INTERNATIONAL 576

komatsu international 576

コマツインターナショナル時代は四角い顔がハッキリ区切ってあって、グリルが特徴的。これはKOMATSU INTERNATIONAL 576

komatsu international 576

この区切り線が強い印象を残してたんですね。

komatsu international 576

オセロか囲碁インターナショナル杯。 目の位置も色々で、ついこんなことを考えちゃう・・・

『タイムトラベルは楽し・・・KIMCO676その5・・・撮りカタ』でこの力強いタイプのカタログも紹介していましたね。

インターナショナルトラクター 27PS〜115PS

インターナショナルトラクター 27PS〜115PS

区切ってないヤツ、以前カタログまで見つけてました

以前『「昔のカタログ」富士小松ロビンインターナショナル・・・長いな』の記事でドンピシャの523を紹介していました。

インターナショナル523(52PS) ●最新の大型インタートラクターはこれです ●強力な牽引力・余裕ある適応性・卓越した作業性能

インターナショナル523(52PS) ●最新の大型インタートラクターはこれです ●強力な牽引力・余裕ある適応性・卓越した作業性能。実車は523がステッカーですが、こちらはバッジです。実車は廉価版なのかな・・・

tractordata.comによれば、(インターナショナルハーベスター523ですが)1965年〜1972年 2.9L3気筒ディーゼル52馬力。

そして各製品の諸元が表になって載っています。今もそうですが、昔はこれらの機械、高価だったでしょうね・・・

こちらでも3気筒で2.9Lで52馬力ですからスペックは同じようですね。

ネットで見つけた写真ではパンチングメタルの顔じゃないんだよなあ。自作かな?

ネットで見つけた写真。523カタログの写真と同じ細かいディテールのグリルですねえ・・・

ネットで見つけた写真。523カタログの写真と同じ細かいディテールのグリルですねえ・・・

こちらも同じです。パンチングメタルのグリルではありません。アミアミを外すと何もない大穴なんですね。

こちらも同じです。パンチングメタルのグリルではありません。アミアミを外すと何もない大穴なんですね。

すみません。駆け足で。今日はこれでおしまい。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/02/20/ih523/trackback/