1 2 3 4 5 6 43

このセンス好き!コマツ・インターナショナル576「撮りトラ」

今日は北海道の中古車屋さんで見たコマツインターナショナルトラクター、576「撮りトラ」です。どういうわけか整形手術を施されているのですが、その顔がユニーク!

 

その衝撃的なお顔がこれ。真ん中に白いメッシュのプラスチック。その周囲をコンテナの底なのでしょうね・・・元は赤だったと思われる赤のプラスチックが取り囲んでいます。術後しばらくはかなりカラフルだったと思われます。

その衝撃的なお顔がこれ。真ん中に元は白、もしくはグレーのプラスチックメッシュ。その周囲をコンテナの底なのでしょうね・・・元は赤だったと思われる赤のプラスチックメッシュが取り囲んでいます。術後しばらくはかなりカラフル、しかもボディとのマッチングもバッチリだったと思われます。何かしらの理由でこうなったのだと思いますが、顔を新たに形成するのに「遊びゴコロ」というか、「できるだけカッコよく、しかもお金をかけずに」という、工夫した感じがとても良く出ていて好きです。

 

komatsu international 576

オリジナルのコマツインター576の顔はこうです。ずいぶん印象が違ってしまっていますよね。

 

もう一つ写真を撮る時に「おっ!」と思ったのがココ。コンパクトで重量感あるマフラーがフロントローダーのブラケットに沿って配置されている?・・・と、思ったら・・・

もう一つ写真を撮る時に「おっ!」と思ったのがココ。コンパクトで重量感あるマフラーがフロントローダーのブラケットに沿って配置されている?・・・と、思ったら・・・

 

ただ取り外してそこに置いてあるだけでした・・マフラーはエンジンフードを貫いて直立しているもののようです。

ただ取り外してそこに置いてあるだけでした・・マフラーはエンジンフードを貫いて直立しているもののようです。

 

こうやって見るとまるで前方排気のように見えます。しかし、スッキリとしたスマートなパッケージのトラクターです。ゴチャゴチャしているところがありません。

こうやって見るとまるで前方排気のように見えます。あらためて見ると、スッキリとしたスマートなパッケージのトラクターです。ゴチャゴチャしているところがありません。

 

スッキリしているといえば、僕はここも好きです。ゴチャゴチャしがちなオシリ部分を美しいリヤフェンダー一体型の燃料タンクが馬の鞍のようにフレームを跨いでいます。当時としてはかなりユニークだったのではないでしょうか?

スッキリしているといえば、僕はここも好きです。ゴチャゴチャしがちなオシリ部分を美しいリヤフェンダー一体型の燃料タンクが馬の鞍のようにフレームを跨いでいます。コマツインター576は農研機構の登録は1977年になっています。当時としてはかなりユニークだったのではないでしょうか?

 

 

576シリーズは66馬力 スタンダード、CS(スタンダードが前進8段後進4段なのに対して、前進16段後進8段)、そして四輪駆動のADの3グレードがあるようです。これも末尾4シリーズとはエンジンの排気量が微妙に違うような気がします。

576シリーズは66馬力
スタンダード、CS(スタンダードが前進8段後進4段なのに対して、前進16段後進8段)、そして四輪駆動のADの3グレードがあるようです。これも末尾4シリーズとはエンジンの排気量が微妙に違うような気がします。

 

再び顔に戻ってきます。なんとなくいつものようにヘッドランプの銘を拡大して確認してみます。左右で大きさや形状は同じに見えますけど、ちょっと質感が違います。

再び顔に戻ってきます。なんとなくいつものようにヘッドランプの銘を拡大して確認してみます。

 

正面左のヘッドランプにはSTANLEYの文字が・・・上のほうにも何か書いてあるようですが読めません。

正面左のヘッドランプにはSTANLEYの文字が・・・上のほうにも何か書いてあるようですが読めません。

 

正面左のヘッドランプを拡大してひっくり返してみます。もしかしてヤンマー?ッス単レー製のヤンマー純正ヘッドランプ?

正面左のヘッドランプを拡大してひっくり返してみます。もしかしてヤンマー?ッス単レー製のヤンマー純正ヘッドランプ?

 

ネットで探してみると、ヤフオクでヤンマー純正ヘッドランプなるものが売られていました。これに違いありません。手元にあったヤンマーのヘッドランプを使ったんですね・・・

ネットで探してみると、ヤフオクでヤンマー純正ヘッドランプなるものが売られていました。これに違いありません。手元にあったヤンマーのヘッドランプを使ったんですね・・・

 

修理をしたり、改造したりする場合に純正品を使うという考え方もあると思います。一方、機能に関係ないのであれば、できるだけお金をかけずにあるものを工夫して使うという考え方もあるはず・・・・

 

結果的にオリジナルとはかけ離れたものになってしまっていますが、僕はこれはこれで好きだなぁ・・・と思うのでした。きっと手間はずいぶん掛かっていますよね?

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

 

コマツ・インターナショナル276「撮りトラ」

今日は某所で見た、コマツインターナショナル276「撮りトラ」です。写真、ちょっとしかないのですが、初登場なのでご勘弁を・・・

 

コマツ・インターナショナルトラクター276です。コマツインターの中でも初期のもので、グリルやエンジンフードの形など、すごく繊細な感じのする機体です。

コマツ・インターナショナルトラクター276です。コマツインターの中でも初期のもので、グリルやエンジンフードの形など、すごく繊細な感じのする機体です。以前『「昔のカタログ」富士小松ロビンインターナショナル・・・長いな』の記事で、昭和42年12月、このインターナショナルを販売するため、「富士小松ロビン株式会社」ができ、そのわずか2年と半月後、昭和45年6月にはなくなってしまったという、小松ロビン株式会社のコマツインターナショナル総合?カタログを紹介しました。

 

インターナショナル434(43.5PS) インターナショナル276(37.5PS)とあります。これは過去の記事にないなあ・・・

これがそのカタログ・・・インターナショナル434(43.5PS) インターナショナル276(37.5PS)とあります。下の段のインターナショナル276の実機というわけです。これは初めて見ました。

 

 

コマツインター232(23PS) コマツユニカ LT1200(12PS)と書いてあります。こちらはコマツインターなんですね。ということはこちらは国産?

コマツインター232(23PS) コマツユニカ LT1200(12PS)と書いてあります。こちらはコマツインターなんですね。今気がついたのですが、このカタログの写真のバッジ、松葉のコマツではなく、漢字の「小」のコマツバッジになっています。

 

これがそのコマツロゴの変遷です。

以前『コマツロゴの変遷3「家紋風マークにも色々あった!」』で明らかになったように、コマツロゴはこのように移り変わっていきました。と、いうことはこの機体は1968年以前のものかもしれませんね。

 

コマツインターナショナル232

コマツインター232です。カタログではわかりませんでしたが、こちらのグリルも繊細なもの。

 

やはり276のほうもカタログではわからなかった細かい網がグリルの後ろにある、二重構造になっていることがわかります。 コマツ・インターナショナルトラクター276のスペックはカタログによると、水冷ディーゼル4気筒2360cc、3755馬力/1875rpm 全長2953mm 全幅1651mm 全高1498mm 重量は1692kgとなっていました。

やはり276のほうもカタログではわからなかった細かい網がグリルの後ろにある、二重構造になっていることがわかります。それと、おもろいなと思ったのは、エンジンフードの上、センター部分に換気口のような屋根が載っていること。この屋根、取外しができそうです。

コマツ・インターナショナルトラクター276のスペックはカタログによると、水冷ディーゼル4気筒2360cc、3755馬力/1875rpm
全長2953mm 全幅1651mm 全高1498mm
重量は1692kgとなっていました。

 

網部分、拡大するとこんな感じ。

網部分、拡大するとこんな感じ。

 

メーターはスミスみたいです。もしかしたら違う機体の写真かもしれませんけど・・・

メーターはスミスみたいです。もしかしたら違う機体の写真かもしれませんけど・・・

 

一部しか写っていませんが、おなじみのコマツインターの銘板。ちょっと気になったのは一番下の部分です。

一部しか写っていませんが、おなじみのコマツインターの銘板。ちょっと気になったのは一番下の部分です。

 

拡大してみると、KAWAまではハッキリ見えます。KAWAGOE?僕の見たことのあるのは大抵MOHKAだかMOOKAだか忘れてしまいましたが真岡の地名でした。川越にも工場があったのでしょうか?

拡大してみると、KAWAまではハッキリ見えます。KAWAGOE?僕の見たことのあるのは大抵MOHKAだかMOOKAだか忘れてしまいましたが、真岡の地名でした。川越にもコマツの工場があったのでしょうか?

 

調べてみると川越にはコマツユーティリティというコマツに関係した会社の工場があったようです。しかし現在は移転してなくなってしまったとのことで、詳細は不明でした。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

1 2 3 4 5 6 43

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) それと、今月末に英国
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) noraさんando
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (象印より[12/08]) 3気筒ディーゼルです
  • 当時の感覚で1200万円!37馬力のナフィールドユニバーサル3・・・「撮りトラ」へのコメント (森本隆志より[12/06]) 懐かしいですね、日本
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[12/03]) ご無沙汰しています。
  • 2002年生まれ。ポット乗用6条田植機、みのるRXC-6へのコメント (houkou240mより[12/03]) おはようございます
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (hyoukou240mより[11/17]) おはようございます。
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (山葵より[11/16]) 左の木箱が誘導コイル
  • プロトタイプは韓国製!クボタ・コンバインDIONITH DR6130S(2019年新春、プルモデルチェンジ予定!)@ダイナミックフェア2018へのコメント (匿名より[11/03]) 訂正はしていますがこ
  • ほぼ半世紀前!三菱耕耘機カタログ「昔のカタログシリーズ」へのコメント (カントリーボーイより[10/29]) クボタの耕運機でコメ
  • ミニチュアはベター、フルサイズはベスト。1977(昭和52)年生まれ(多分)日の本ベストE28「撮りトラ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/24]) 日の本のMB型は、何
  • 四角いのはいいぞ!クボタトラクタM1-65・・・「撮りトラ」へのコメント (能宗 勇治より[10/22]) トラクターのヒッチの
  • L35R、でもL35としか書いていない。昭和42年(1967年)生まれクボタL35R「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[10/19]) こんにちは、左のヤン
  • クルマじゃなくてトラクターそのもの「ウィリス・ジープ追加撮りトラ@土の館」へのコメント (匿名より[10/12]) これのエンジンは、ガ
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/10]) 今回は出走順を見つけ
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) 好きな具は昆布さん 
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) H2さん こんにちは
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) ゴンザリオさん こん
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[10/09]) hokaidouji
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (好きな具は昆布より[10/08]) ファステストおめでと
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械