1 2 3 4 5 6 37

トラクターの悩みは尻の悩みトラクターのシートに注目!FARMALL_130・・・「撮りトラ@土の館」

今日は北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』でando、hokkaidoujinさんと見た、インターナショナルトラクター130のトラクターシートに注目して「撮りトラ」です。

 

このトラクターのエンジンフードの横には「McCORMICK INTERNATIONAL FARMALL」と書いてあって、どこまでが会社名でどれがトラクターのブランドなのか、大変わかりにくい標記になっています。

会社が大きくなる過程で合併し、名前も合体して長くなっちゃったのですね。「石川島播磨重工業」みたいなものでしょうか。

機種名:ファモールトラクタ 形式・仕様:130型 22馬力 製造社・国:マコーミックインター社 アメリカ 導入年度:1957(昭和32)年 使用経過:日本に9台輸入された。 北見地方で使われていたもの。 昭和50年に入手。足元が見えやすく使いやすいトラクタで、 カルチ作業に使用していた。

tractordata.comでは「International Harvester 130」と表記されていて、1956年〜1958年のモデルのようです。エンジンは4気筒2Lガソリンエンジン。馬力は22馬力のようです。

この機体がオフセットされているタイプは、レイモンド・ローウィさんデザインのファーモールカブを以前紹介しました。(実は横に並んでいるんですが・・・)

『ファーモール・カブその2・・・「撮りトラ@土の館」』
『カブ?キャブ?非対称形のファーモール・カブ・・・「撮りトラ@土の館」』

機種名:ファモールトラクタ 形式・仕様:130型 22馬力 製造社・国:マコーミックインター社 アメリカ 導入年度:1957(昭和32)年 使用経過:日本に9台輸入された。 北見地方で使われていたもの。 昭和50年に入手。足元が見えやすく使いやすいトラクタで、 カルチ作業に使用していた。

顔が完全にセンターより右側に入っています。ハンドルはほぼ真ん中あたり。グリルがクリーム色に切換えられているところがオシャレ。足元をより見やすくとの配慮でしょうか・・・操舵のリンクは前に飛び出しています。

 

機種名:ファモールトラクタ 形式・仕様:130型 22馬力 製造社・国:マコーミックインター社 アメリカ 導入年度:1957(昭和32)年 使用経過:日本に9台輸入された。 北見地方で使われていたもの。 昭和50年に入手。足元が見えやすく使いやすいトラクタで、 カルチ作業に使用していた。

キャプションを見てみましょう。

 

機種名:ファモールトラクタ
形式・仕様:130型 22馬力
製造社・国:マコーミックインター社 アメリカ
導入年度:1957(昭和32)年

使用経過:日本に9台輸入された。
北見地方で使われていたもの。
昭和50年に入手。足元が見えやすく使いやすいトラクタで、
カルチ作業に使用していた。

 

そしてこれがシートです。二枚の板バネがサスペンションです。複数の板バネは重ねた面の摩擦が適度な抵抗になって、ちょうどショックアブソーバーの役割を果たすと聞いたことがあります。厚めのクッションとともに、「少しでも快適に」という気持が伝わってきます。

そしてこれがシートです。二枚の板バネがサスペンション。複数の板バネは重ねた面の摩擦が適度な抵抗になって、ちょうどショックアブソーバーの役割を果たすと聞いたことがあります。厚めのクッションとともに、「少しでも快適に」という気持が伝わってきます。

 

板バネはそれ自身もサスペンションになりそうな曲げられた丸棒の渡りで繋がれていて、その丸棒に鉄椀シートの後部が接続されています。どうも鉄椀の前部取付け部分を軸に少々スイングするタイプのシートのようです。きっとこれなら上下方向以外に左右にも動きそうです。お尻をモジモジしてもそれにシートは追従しますね。きっと。

板バネはそれ自身もサスペンションになりそうな曲げられた丸棒の渡りで繋がれていて、その丸棒に鉄椀シートの後部が接続されています。どうも鉄椀の前部取付け部分を軸に少々スイングするタイプのシートのようです。きっとこれなら上下方向以外に左右にも動きそうです。お尻をモジモジしてもそれにシートは追従しますね。きっと。

 

機種名:マッセイファガソントラクタ 型式・仕様:MF-25 27馬力 製造社・国:マッセイファガソン社 イギリス 導入年度:1962(昭和37)年 使用経過:国産トラクタが普及し始めた、その中でも大型であった。 個人所有は町内でも何台もなく、近所から頼まれ賃作業で忙しかった頃のもの。 40年後の今も現役で使用しているものも多い。 中古で取得、経歴不明。

一般的にはこのような形だと思います。(写真はMF25のトラクターシート)サスペンションは板バネのみ。座面の形も丸いふりして直線で構成されたというか、いかにも工業製品・・・って形ですね。

 

その板バネはフレームに直付け。ナンバーステーと2本のボルトで共締めです。

考えてみたらシートの真ん中だけで支えていますから、これも左右に振れる「お尻モジモジ対応」と考えられなくもないですね。意外とグラグラするんでファーモールのように板バネ左右支持タイプが出来たのかも。

 

トラクターシートは「鋳物のデフに直接座らされるのはゴメンだ!」と少しでも浮かして、少しでもサスペンションストロークをとって、こうしたらどうだろう、ああしたらどうだろう・・・と進化してきた感じが見えて面白いです。

 

今日はここまでです。また明日!

 

XLとXLナシ違いがよくわからなかった。CaseIH 795XL「撮りトラ」

今日は寝坊しちゃいました。

そんなわけで、今日はhokkaidoujinさんの案内で行った中古車屋さんで見た、写真が2枚しかないケースインターナショナル795XL、「撮りトラ」です。

 

CASEIH795XL

どうしてこうなっちゃったの?という状態です。刀折れ矢尽きた感じ・・・マフラーの穴をトタンで塞いで針金で縛っています。応急処置のつもりが永久処置になってしまう・・・僕、こういうのよくあります。

 

モデル名も大きな図体に似合わず控えめなんですが、グレード名だと思われる「XL」もドアのところに小さくあります。こういう感じ、渋くて好きです。

モデル名も大きな図体に似合わず控えめなんですが、グレード名だと思われる「XL」もドアのところに小さくあります。こういう感じ、渋くて好きです。

 

tractordata.comで探すと795はあるのですが795XLはありません。795のデータですと、CaseIH795は1991年〜1994年と比較的新しく、イギリス・ドンカスター製。4気筒4Lディーゼル77馬力2300rpmとなっています。

 

サイトには785/785XLはあったので見比べてみたのですが、寝坊して焦っている頭では違いを発見することができませんでした。

 

それにしても顔を泥だらけにして一体何をやったのでしょう。転倒したにしては破損していませんから、泥山に顔を突っ込んだとしか思えません。

それにしても顔を泥だらけにして一体何をやったのでしょう。転倒したにしては破損していませんから、泥山に顔を突っ込んだとしか思えません。

 

何となく似ている

 

以前の記事『恐れ多くても時が経てば・・・。デビッド・ブラウン薔薇のバッジの謎、ちょっとだけわかったような気がします。その2』で赤いデビッドブラウンを紹介しました。角目で四角くて楔状の顔は似ていると言えますし、シルエットにも面影があります。

 

デビッド・ブラウン 記念エディション(commemorative Edition)正面にちょっと飛び出した薔薇のバッジと、サイドに大きなデカールが・・・

デビッド・ブラウン 記念エディション(commemorative Edition)正面にちょっと飛び出した薔薇のバッジと、サイドに大きなデカールが・・・

 

なかなかカッコいいです

横顔の形なんか似てますよね

 

そういえばhokkaidoujinさんも持っていました。ハーフクローラに改造したデビッドブラウン1490でした。

 

 

tractordata.comによればDB1490は1980年〜1983年。英国メルサムミルズで作られたこの機体はJ.I. Case 3.6L4気筒ターボディーゼルを持ち、83馬力だそうなのですが、ノンターボのエンジンに載せ換えてあるそうです。四角いドーモ君の印象が強いデビッドブラウンですからこの顔はちょっとなじみがありません。もちろん今までこの顔の実車は見たことがありませんでした。

tractordata.comによればDB1490は1980年〜1983年。英国メルサムミルズで作られたこの機体はJ.I. Case 3.6L4気筒ターボディーゼルを持ち、83馬力だそうなのですが、ノンターボのエンジンに載せ換えてあるそうです。四角いドーモ君の印象が強いデビッドブラウンですからこの顔はちょっとなじみがありません。もちろん今までこの顔の実車は見たことがありませんでした。

 

その銘板には

 

北海道のエンデユーロの帰り、いつもコメントをいただくhokkaidoujinさんのところにおじゃましてきました。(ありがとうございます!)そこで見せていただいたたくさんのデビッドブラウンの中で一番のご自慢は、この自作ハーフクローラのDB1490でした。

いろいろ書いてありますね・・・

 

北海道のエンデユーロの帰り、いつもコメントをいただくhokkaidoujinさんのところにおじゃましてきました。(ありがとうございます!)そこで見せていただいたたくさんのデビッドブラウンの中で一番のご自慢は、この自作ハーフクローラのDB1490でした。

拡大してみます。David Brown Tractors Ltd.が一番大きく書かれていますが、その下に小さく A Tenneco Company Affiliate of JI Case と書いてありますね・・・

 

デビッドブラウントラクターの聖地イギリス・メルサムミルズで作られています。ということは、このCaseIH795XLもデビッドブラウンの血を引いているのじゃないかなぁ・・と想像するのでした。

 

今日はこれでおしまい。また明日!

1 2 3 4 5 6 37

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • デラックスはどの部分?少なくとも70年代生まれのイセキTS1700「撮りトラ」へのコメント (山葵より[08/13]) あっ!このクラッチは
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[08/09]) noraさま 先日
  • Vツインだからこそのこの形。日の本MD200「撮りトラ」へのコメント (シャチより[08/08]) 珍しいですねー 空
  • 「その身になってみないとわからない」家庭稲園バケツ稲プロジェクトその17へのコメント (おじまより[08/07]) スズメは「乳熟期~糊
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/07]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/03]) noraさんhoka
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (H2より[08/02]) パソコンなんかでもそ
  • ランボルギーニと同じ顔。DEUTZ FAHR WARRIOR 7250TTV T4F 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (畠中より[07/31]) ランボルギーニとドイ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (H2より[07/31]) noraさん、そうで
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (山葵より[07/30]) ニュートラルはスリッ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) やすひろさん こんば
  • ステッカーが焼けて見えないけど、四駆のシバウラS700-Oじゃないかなぁ「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) シャチさん ご無沙汰
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) H2さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 山葵さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 六郎田さん こんばん
  • 見たことのない日の本!(当社比)と思ったら、ゴリラ顔のGLだった。日の本NX46「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) Blue_Buffa
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (noraより[07/30]) Nocchさん こん
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[07/30]) 家が農家で物心付いた
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkkaidoujinより[07/29]) noraさんando
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (やすひろより[07/29]) お久しぶりです。
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械