Homeに戻る > 一ケタ増えて「New」が付いた。ニューグランフォースFT220/240/300「撮りトラ」@元氣農業応援フェア2016

一ケタ増えて「New」が付いた。ニューグランフォースFT220/240/300「撮りトラ」@元氣農業応援フェア2016

今日もNさんに連れて行ってもらった、クボタ筑波工場での関東甲信越クボタグループ「元氣農業応援フェア」2016で見た、クボタのトラクター、新たに「new」が付いたニューグランフォースFT220/240/300(主にFT220)「撮りトラ」です。

新商品の風船が付いたクボタニューグランフォース FT220BMAQF4 クボタ D1503-M-E3-KT11 水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル 22馬力/2500rpm 価格¥2,377,080

新商品の風船が付いたクボタニューグランフォース FT220BMAQF4 クボタ D1503-M-E3-KT11 水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル 22馬力/2500rpm 価格¥2,377,080

「新商品」と書いてあっても目新しさはあまりないような気がします。クボタのサイトで見てみるとグランフォースにNewが付いてニューグランフォースになり、型番も一桁増えています。以前はFT○○という2ケタの数字が付いていました。

サイトでは

強く、優しく
進化した。

とあり、先頭はエンジンの記載からで、新世代クリーンエンジン(FT300)
NewE-TVCSエンジン(FT220・FT240)

となっています。

変更点はそれだけなのかな?前の型はどうだったっけ?

kubota tractor FT25 クボタ GRANFORCE FT25FQBMAQF5C 価格¥3,300,480 ★25馬力 ★グライドシフト(F仕様) ★キャビン仕様

2015年、去年の「JA&クボタ アグリンピック」で見たFT25です。クボタのロゴとか型式名とかが散漫な印象で、新たに切れ長の目を強調するようなグラフィックが加わったニューグランフォースのほうがカッコいいですね!

kubota tractor FT25 クボタ GRANFORCE FT25FQBMAQF5C 価格¥3,300,480 ★25馬力 ★グライドシフト(F仕様) ★キャビン仕様

kubota tractor FT25 クボタ GRANFORCE FT25FQBMAQF5C 価格¥3,300,480 ★25馬力 ★グライドシフト(F仕様) ★キャビン仕様

kubota tractor FT25 クボタ GRANFORCE FT25FQBMAQF5C 価格¥3,300,480 ★25馬力 ★グライドシフト(F仕様) ★キャビン仕様

それと、まるで書いたようなサイドのランプがニューグランフォースでは廃止されています。外観や装備も少々違うみたいです。

kubota tractor FT30 クボタ GRANFORCE FT30HQBMAQF7 価格¥3,898,800 ★30馬力 総排気量:1647cc ★新デザイン採用で簡単メンテナンス! ★メーターパネルも見やすくなり安心して作業できます ★クリーン排気の大排気量エンジン搭載 ★遠心力をマイコンで補正、均平耕耘できる代かきモンロー ★U倍速ターン、おまかせオートアップで運転操作はとても簡単!!!

こちらも2015年の「JA&クボタ アグリンピック」で見たFT30です。JAグループさいたまがお勧めするクボタ GRANFORCE FT30HQBMAQF7 価格¥3,898,800 ★30馬力 総排気量:1647cc ★新デザイン採用で簡単メンテナンス! ★メーターパネルも見やすくなり安心して作業できます ★クリーン排気の大排気量エンジン搭載 ★遠心力をマイコンで補正、均平耕耘できる代かきモンロー ★U倍速ターン、おまかせオートアップで運転操作はとても簡単!!!

kubota tractor FT30 クボタ GRANFORCE FT30HQBMAQF7 価格¥3,898,800 ★30馬力 総排気量:1647cc ★新デザイン採用で簡単メンテナンス! ★メーターパネルも見やすくなり安心して作業できます ★クリーン排気の大排気量エンジン搭載 ★遠心力をマイコンで補正、均平耕耘できる代かきモンロー ★U倍速ターン、おまかせオートアップで運転操作はとても簡単!!!

こちらも2015年の「JA&クボタ アグリンピック」で見たJAグループさいたまがお勧めするFT30。正面から見た顔はニューグランフォースとまったく同じだと思います。

ニューグランフォースFT220に戻る

クボタニューグランフォース FT220BMAQF4 クボタ D1503-M-E3-KT11 水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル 22馬力/2500rpm 価格¥2,377,080

クボタニューグランフォース FT220BMAQF4 正面から見た顔です。旧型と同じですね。

クボタニューグランフォース FT220BMAQF4 クボタ D1503-M-E3-KT11 水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル 22馬力/2500rpm 価格¥2,377,080

この黒い飛ぶようなグラフィック。大きくないけどすごく効果的。もし、サイドのパネルが以前のものとまったく同じだとしたら、これ一つでものすごく印象を変える力になっています。

クボタニューグランフォース FT220BMAQF4 クボタ D1503-M-E3-KT11 水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル 22馬力/2500rpm 価格¥2,377,080

POPだらけでうるさい写真になってますが、一応全部の面を撮ろうと思って・・・

クボタニューグランフォース FT220BMAQF4 クボタ D1503-M-E3-KT11 水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル 22馬力/2500rpm 価格¥2,377,080

反対側も撮っております。ステップはこっち側にしか付いていないんだな。

クボタニューグランフォース FT220BMAQF4 クボタ D1503-M-E3-KT11 水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル 22馬力/2500rpm 価格¥2,377,080

斜め前の写真も両面押さえて・・・

クボタニューグランフォース FT220BMAQF4 クボタ D1503-M-E3-KT11 水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル 22馬力/2500rpm 価格¥2,377,080

後ろに回ると・・・あれ? ロータリーの爪が濃紺。何か意味があるのかな?

クボタNB19は取説を調べてみるとNB19とNB19Fがあって、F仕様は油圧無段変速機付き。水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル(E-TVCS)D1005、 1001cc 19.0馬力 / 2600rpmです。無段変速のないノーマルタイプは前進9段後進9段。

お隣のグラノバNB19はクボタカラーの取り合せでロータリーの爪がターコイズだったのに・・・

クボタニューグランフォース FT220BMAQF4 クボタ D1503-M-E3-KT11 水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル 22馬力/2500rpm 価格¥2,377,080

ここまでは展示会場に並んでいたニューグランフォースFT220です。次からは駐車場に戻る途中で見かけたニューグランフォース。

ニューグランフォース軍団、FT220/240/300+α

ニューグランフォースFT240とFT220が並んでいます。

ニューグランフォースFT240とFT220が並んでいます。

反対側から。クボタニューグランフォース FT240は クボタ D1503-M-E3-KT13 1499cc水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル 24馬力/2600rpm

反対側から。クボタニューグランフォース FT240は クボタ D1503-M-E3-KT13 1499cc水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル 24馬力/2600rpm

こっちはキャビン仕様のFT240かな・・・

こっちはキャビン仕様のFT240かな・・・

そしてこっちは同じくキャビン仕様のFT300。黒い部分が長いように感じます。プレスラインも違う。

そしてこっちは同じくキャビン仕様のFT300。黒い部分が長いように感じます。プレスラインも違う。

FT240

FT240

こちらはFT300。同じように見えて違います。まず、実際にそうなのか、そう見えるだけなのかよくわかりませんが、顔が長い! 黒いグリルの部分に入るスリットがFT240が横線なのに対してFT300は顔を細く見せようとしているのか、それとも長さを強調するような縦ラインが3本。それ以外にも頬が若干こけていたり、下あごが細く前に出ていたり、サイドに空気抜きが付いていたり・・・

こちらはFT300。同じように見えて違います。下あごの部分の形状も違います。

FT300。サイドにアミアミが付いてます。

FT300。サイドにアミアミが付いてます。

勢揃いしたニューグランフォース。ここまで見てきたあなたは違いがわかりますね!

勢揃いしたニューグランフォース。ここまで見てきたあなたは違いがわかりますね!

キャビン仕様の全高はFT220とFT240で同じみたいなんですが、大径タイヤ仕様のFT240は全高1970mmと通常タイヤ仕様のFT300の全高1990mmとあまり変わりません。

ということは、この並びだとFT300/大径タイヤ仕様のFT240/FT300/FT300/FT300/FT300/通常タイヤ仕様のFT240かFT220/FT300/大径タイヤ仕様のFT240/FT300/最後だけNBシリーズ・・・こんな並びになっていると推察できます。

合っているのかいないのかもわからない推察ですけど・・・あ!それとFT240のほうがおもりが大きいんですね!

・・・今日はこれまで。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

FTシリーズのマイナーチェンジですね。
他 旧型と違う所は 片ブレーキ解除ペダルがついたのと
馬力のラインナップが少なくなった事でしょうか?
26馬力、28馬力が無いのはちょっとさみしいかな?

それからロータリーの爪は ターコイズカラーの爪はスーパー反転爪 20年程前に出た新車付けの高性能爪ですね 紺色の爪は キングウェルアールシリーズからの採用された ミラクル反転爪 です。

うちも古いKLトラクタを所有しており ミラクル反転爪を使っています。こちらの爪はスーパー反転爪に比べて反転性能が優れているので 低速回転で耕運しても しっかり稲の切り株が起こされ 切り藁もキレイに鋤き混まれ 無駄なエネルギーを消費せず 低騒音で作業できるのでありがたいです。

2016年12月6日 12:17 PM | 木田 やすお

木田さん こんにちは

スーパー反転爪よりミラクル反転爪のほうがよりGOODということは
田植機の中でも出てきましたが、クボタの場合やはりスーパー<ミラクルの法則なんですね!

2016年12月6日 1:30 PM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/12/06/ft220_240_300/trackback/