Homeに戻る > 呉越同舟ならぬ日独同舟・・・John Deere 2250「撮りトラ」その2

呉越同舟ならぬ日独同舟・・・John Deere 2250「撮りトラ」その2

先日ご紹介したカタツムリとウサギがいるAさんのジョンディアトラクターJohn Deere 2250「撮りトラ」続きです。

マフラーのパカパカするフタ、ウェザーキャップ付マフラーのこれですね

YouTube Preview Image

↑エンジンを掛けるだけの動画

 

オデコの広いジョンディアトラクター

Aさんのジョンディア2250 1987 - 1994 4気筒3.9リッタディーゼル62馬力

Aさんのジョンディア2250 1987 - 1994 4気筒3.9リッタディーゼル62馬力 トラクターに興味のない子供でも「わあ!かわいい!」と言うような愛嬌のあるお顔です。

Aさんのジョンディア2250 1987 - 1994 4気筒3.9リッタディーゼル62馬力

フェンダーからエンジンフードまで真っすぐの真っ平ら。これがいい感じです。またこの黄色いラインが水平線を強調してます。

Aさんのジョンディア2250 1987 - 1994 4気筒3.9リッタディーゼル62馬力

2250

丸太越えのジョン

Aさんのジョンディア2250 1987 - 1994 4気筒3.9リッタディーゼル62馬力

JHON DEEREのヘッドマークは丸太を飛び越えるちょっと古い下向きのマーク。

詳しくは「昔のロゴは丸太越え」ジョンディアトラクター JHON DEERE LANZ M500を見てもらうとして・・・

ポーンポーンと軽やかに跳ねるということにとてもあこがれを抱いている会社のようで、それを表すために丸太を置いてみたのでしょう。「飛び越えているんだよ」ということを表すのに飛び越えたあとの鹿の形を採用しています。

ポーンポーンと軽やかに跳ねるということにとてもあこがれを抱いている会社のようで、それを表すために丸太を置いてみたのでしょう。「飛び越えているんだよ」ということを表すのに飛び越えたあとの鹿の形を採用しています。

シンプルになってきました。でも、リアルなものの方がわかりやすい部分もありますね。丸太がわかりにくいですもの。

元々は鹿の皮の形の枠の中で丸太を飛び越える牡鹿のイラストがシルエットになったものだったんです

あ!呉越同舟の話だったんだ

フェンダーに付いているウインカーのコンビネーションが気になりました。

Aさんのジョンディア2250 1987 - 1994 4気筒3.9リッタディーゼル62馬力

左の四角いのが「HELLA」(ドイツ)製 右のおまんじゅうが「スタンレー」(日本)製です。くっついて仲良く並んでいます。

呉越同舟ならぬ日独同舟

呉越同舟ならぬ日独同舟

Aさんのジョンディア2250 1987 - 1994 4気筒3.9リッタディーゼル62馬力

フロントのウインカーもスタンレー

Aさんのジョンディア2250 1987 - 1994 4気筒3.9リッタディーゼル62馬力

ヘッドライトにいたってはスペイン製の疑いあり・・・(現在調査中)

なんでかな

JD2250はドイツ・マンハイムのジョンディアファクトリーで作られています。でも、今までのJDは灯火類が全部ドイツのメーカーだったのに対してこちらは色々な国の製品が混じっています。

Aさんのジョンディア2250 1987 - 1994 4気筒3.9リッタディーゼル62馬力

わお!エンジンのプレートを見たら JHON DEERE -SPAIN FRANCEと書いてあります。

「ジョンディア スペイン フランス」って一体どっちなんだ・・・という話は置いておいて、フレームは確かにドイツ・マンハイムのジョンディアだったのに、エンジン、もしくはミッションはスペインかフランスで作っていたんです。

ワールドワイドカンパニーに取得されたランツトラクターがだんだん純血主義じゃなくなって、色々な国の部品を使い始めた頃の製品なのかもしれませんね!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

はじめまして、
エンジンはsaran france,で、スペインではなく、今はフランスになってる地域です。

2014年12月14日 1:00 PM | ぶん

ライトなどの灯火類は、
日本の道交法に適合するように、輸入してからヤンマーが国内で架装するのでこのような形になってるようです。

2014年12月14日 1:03 PM | ぶん

ぶんさん ありがとうございます

間違えてました!saran franceです!!
フランス製だったんですね

それに取って付けたようなスタンレー製のおまんじゅうは文字通り後から取って付けたものだったんですか・・・
確かに取り外した姿を想像してみるとスッキリして見えます

JDがスタンレーを選んだというわけではなかったんですね・・・ちょっと残念です

2014年12月15日 8:29 AM | nora

お久しぶりです。日本では車幅灯は白だとまずいんでしょうかね、で、ドイツでの白いレンズの部分は電球を抜いてあり、スタンレーの方に電球が入ってるんですが、これが、丸く膨らんでいるせいで、電球の発光部分が目に入って眩しいです。オリジナルは眩しくないと思うんですが。自分ではスタンレーの部分を半分黒く塗り、正面からは明るく見えても、運転手には光が来ないようにしてます。

2016年4月3日 4:15 PM | ぶん

ぶんさん おはようございます

自分ではスタンレーの部分を半分黒く塗り、正面からは明るく見えても、運転手には光が来ないようにしてます。

せっかくついているのにHELLAのほうには電球が入ってないんですか!
白が入っているのが法規的にマズいのでしょうね・・・おもしろいなあ
それにしてもまぶしいと思ったら、すぐに手が動くところがすごいと思います

2016年4月4日 9:19 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/07/10/jd2250-2/trackback/