Homeに戻る > イングリッシュフォード(ENFO)の「看板娘」二人目、FORDSON SUPER DEXTA 「撮り虎」その3

イングリッシュフォード(ENFO)の「看板娘」二人目、FORDSON SUPER DEXTA 「撮り虎」その3

曇っているせいか今朝は暖かい・・・今日も北海道で見た「看板娘」ならぬ、看板トラクター「看トラ」は2人目のフォードソンFORDSON SUPER DEXTAの「撮り虎」のその3です。

フォードソン・スーパーデキスタ FORDSON SUPER DEXTA

フォードソン・スーパーデキスタ FORDSON SUPER DEXTA 結構綺麗にされていました。

フォードソン・スーパーデキスタ FORDSON SUPER DEXTA

よく見るとすごくトレッドがすごく広い感じ。ホーシングに穴がたくさんあいているのは、もしかしたらトレッドを色々変えられるのかもしれません。

フォードソン・スーパーデキスタ FORDSON SUPER DEXTA

そういえば後輪も・・・途中でジョイントがあるように見えます。こちらも延長しているのでしょうか・・・超ワイド仕様に

フォードソン・スーパーデキスタ FORDSON SUPER DEXTA

何を撮っているのかというと、光っている蜘蛛の巣でした。

フォードソン・スーパーデキスタ FORDSON SUPER DEXTA

シフトノブの周辺に回転計、デビッドブラウンdavid brown 770 selectamaticと違って車速表ステッカーが貼ってあるだけではなく、シフトと車速の関係が一目瞭然になっています。

でもdavid brown 770 selectamatic同じく、一番目に付くハンドルのあたりには温度ワーニングがあります。トラクターは車速が遅いので温度が厳しいということなのかもしれません。

フォードソン・スーパーデキスタ FORDSON SUPER DEXTA

うわータイヤがぺちゃんこ。鼻先が微妙にカーブしています。手がかかっています。フードが開けられるとすると、マフラーがジャマになってしまいます。もしかしたらこのマフラー、刺さっているだけでスポッと抜けるのかも。

フォードソン・スーパーデキスタ FORDSON SUPER DEXTA

何といってもお気に入りはこの部分。

フォードソン・スーパーデキスタ FORDSON SUPER DEXTA

他の車両ではあまり見ないですから個性的で目立ってとてもいいです。

フォードソンのロゴ。機械を表す歯車と、人の手。人の手が掴んでいるのは麦の穂なんでしょうね。日本だったらこれが稲穂になるんでしょう。人が機械を使って麦という果実を得るのだということをシンプルに表していますね。

フォードソンのロゴ。

看板娘二人目はこれで終わりです。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/03/18/fordson-super-dexta2-3/trackback/