クボタKL330D肥料撒き(今度は施肥機グランドソワー)

コシヒカリの田んぼに肥料を撒いているのを見てきました。

前で肥料を振って後ろでかき混ぜる。

前で肥料を振って後ろでかき混ぜているのだそうです。

前回はトラクターの後ろに付ける機械、ブロードキャスターでしたが、同じ田んぼに肥料を撒く機械ですが、前に付けるタイプの施肥機、グランドソワーです。

商品名のラベルを見てみると、「Grand Sower」とあります。試しにYahoo翻訳で翻訳してみると、「重要な種を播く人」と、出てきます。意味が分かりませんが、もしかしたらこれで肥料を撒いているのを見たのですが、タネを播くこともできるのかもしれません。

GRAND sower

GRAND sower

(施肥機グランドソワー)動画

↑ 動画(38秒)画面クリックでも再生します。iPhoneでは見られません!ごめんなさい。

電気駆動で電気はバッテリーから引っぱってきているようです。

電気駆動で電気はバッテリーから引っぱってきているようです。

田んぼに水が入って、あちこちでトラクターの音が響いています。

田んぼに水が入って、あちこちでトラクターの音が響いています。

まいていた肥料はこれ

君脱力すると言う事なかれ!チョー親しみやすくわかりやすいネーミング。「一発」と「君」の組み合せ。よくよく考えて、検討して、お金をかけて・・・それでも「一発」と「君」にかなわない商品は世の中にあまたある。しかし、このキリリと口を真一文字に結んだゆうた君ですが、股間の部分が非常に気になります。

コシヒカリ用の肥料、ゆうた君一発! 脱力すると言う事なかれ!チョー親しみやすくわかりやすいネーミング。「一発」と「君」の組み合せ。よくよく考えて、検討して、お金をかけて・・・それでも「一発」と「君」にかなわない商品は世の中にあまたある。しかし、このキリリと口を真一文字に結んだゆうた君ですが、股間の部分が非常に気になります。何だろこれ?あ!クリックで拡大しますよ。

コシヒカリはあんまり肥料をやりすぎると背が伸びて倒れてしまうので、肥料は少なめにしないとダメなのだそうです。成分にもそれが現れているそうですが、よくわかりません。このクド3って何だよ?と、思って調べたら、水溶性マンガンのことでした。

コシヒカリはあんまり肥料をやりすぎると背が伸びて倒れてしまうので、肥料は少なめにしないとダメなのだそうです。成分にもそれが現れているそうですが、よくわかりません。このクド3って何だよ?と、思って調べたら、水溶性マンガンのことでした。

さらに調べてみると、クド=水溶性マンガン 微量必須元素というもので、植物内部の酸化還元酵素の働きや葉緑素の働き、タンパク質の生成を助けるのだそうです。

窒素は植物の細胞の原形質の主な成分であるタンパク質などを構成する成分で、とにかく植物にとってこれがないと始まらないものという感じみたいです。

リン酸は核酸、酵素の構成成分。カリは 植物中のデンプン、タンパク質の生成に必要のようです。

窒素、リン酸、カリで植物が構成されていて、それをマンガンなど微量の物質が植物ができあがるのを助けているという構図なのかな?詳しい方がいたら教えてください。

とにかく、水質の富栄養化などもありますので、植物に必要な量だけを的確に与えるために、このような機械を使うということなのでしょうね。

施肥機ブロードキャスター/グランドソワーの記事まとめてご覧になるにはこちら

管理人が見たさまざまな農業機械の記事へ
農業機械の紹介記事

米作りのレポートへ
米作りのレポート

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/04/30/grandsower/trackback/