Homeに戻る > 蕎麦の種を播きました(種まきごんべえ動画あり)

蕎麦の種を播きました(種まきごんべえ動画あり)

少し時間が経ってしまいましたが(9/5)、蕎麦の種を播きました。

だれかが「ゴンベねえか?ゴンベ」と言うと、出てきました「ゴンベ」。ゴンベとは商品名で、肥料散布機等の農機を製造している大阪の向井工業が製造している「種まきごんべえ」のことでした。正確には人力手押式播種機。なんだか破壊的な名前です。

これがゴンベだ!ちょっとした小さい機械です。でも、大きさによりますがネットで調べてみると大体3万円弱〜5万円弱の機械で、思いのほか高いです。

これがゴンベだ!ちょっとした小さい機械です。でも、大きさによりますが、ネットで調べてみると大体3万円弱〜5万円弱の機械で、思いのほか高いです

まずはゴンベの動画を見てください

http://oba-shima.mito-city.com/wp/wp-content/uploads/2010/09/gonbe.flv

↑ 動画(1分49秒)画面クリックでも再生します。

こんな風に種を播きました。車輪が小さくて抵抗で回らず、引っぱっているのはご愛嬌。

こんな風に種を播きました。車輪が小さくて抵抗で回らず、引っぱっているのはご愛嬌。

昭和58年の記録が!!昭和58年と言えば1983年!なんと27年前の製品です。

昭和58年の記録が!!昭和58年と言えば1983年!なんと27年前の製品です。

下側の写真。先頭で土に溝を切り、種を播き、土を寄せて種を埋めるという構造がよくわかります。

下側の写真。先頭で土に溝を切り、種を播き、土を寄せて種を埋めるという構造がよくわかります。

種まきゴンベエはこんな作業をこなしているようです。

種まきゴンベエはこんな作業をこなしているようです。

写真も多く長くなってしまうので、畳んでおきます
続きを見るをクリックして下にひらいて見てください

ムダに種を播かないように種の大きさに合わせたベルトが必要です。種のポットからベルトのくぼみに必要数だけでていく仕組みです。

ムダに種を播かないように種の大きさに合わせたベルトが必要です。種のポットからベルトのくぼみに必要数だけでていく仕組みです。

手にしているポットに種を入れます。

手にしているポットに種を入れます。

フロントを浮かし気味に引っぱるのがコツです。

フロントを浮かし気味に引っぱるのがコツです。

なんだかんだであっという間に終わってしまいました。やはり機械の力は偉大です。

なんだかんだであっという間に終わってしまいました。やはり機械の力は偉大です。

環境保全会で作る蕎麦の記事へ
環境保全会で作る蕎麦の記事へ

蕎麦の関連記事

蕎麦が芽を出しました

2010/9/22の記事 蕎麦が芽を出しました!(動画あり)

蕎麦の花が咲きました

2010/9/22の記事 蕎麦の花が咲きそろいました

蕎麦、今のようす

2010/10/31の記事 蕎麦の花ばんばん咲いています!

蕎麦に実がつきました

2010/9/22の記事 蕎麦の実ができつつあります

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2010/09/17/sobagonbe/trackback/