休日は暇ネタ。ナワシロイチゴとか暑い田の戦闘とかご近所ニュース的なもの

訪れる人の少ない週末は、いつにも増してどうでもいいことを・・・先日の保全会活動で見た実とか花とか、先週の暑い時期に干上がった田んぼ見たバトルとか、ご近所ニュース的なものオムニバス形式でお届けです。

水路脇で見たナワシロイチゴではないかと思われる赤い実です。一粒の大きさはちょうどイクラくらい。表面がピカピカ光って、はち切れんばかりなところもイクラそっくりですよね!色が真っ赤なのが違いますけど。下の方が泥っぽいのはすぐ下が水路だからです。
水路脇で見たナワシロイチゴではないかと思われる赤い実です。一粒の大きさはちょうどイクラくらい。表面がピカピカ光って、はち切れんばかりなところもイクラそっくりですよね!色が真っ赤なのが違いますけど。下の方が泥っぽいのはすぐ下が水路だからです。

日当たりの良いところに生え、雑草的に生育する。赤紫色のをつける。果実は食用になり、生食には向かないが、砂糖を加えてジャムにすると美味。

ウィキペディアに書いてありました

ま、食べませんけどね。

こちらはイヌゴマの花でしょうかね。湿った土壌を好むみたいで、水路脇ではおなじみの花です。
こちらはイヌゴマの花でしょうかね。イヌゴマだと葉先が尖っている感じですが、こちらはミントみたいに丸いのがちょっと気になります。イヌゴマは湿った土壌を好むみたいで、水路脇ではおなじみの花です。
日照りの続いた先週、田んぼで煮えちゃったザリガニが話題になっていましたけど、島地区でも同じような感じでした。ボイルされたザリガニがかなり田んぼに浮いていましたし、ちょうど田んぼを干す時期と重なったのか、水の少ない田んぼが多かったです。そこではわずかな水を求めて生き物たちが集まっていました。
日照りの続いた先先週、田んぼで煮えちゃったザリガニが話題になっていましたけど、島地区でも同じような感じでした。ボイルされたザリガニがかなり田んぼに浮いていましたし、ちょうど田んぼを干す時期と重なったのか、水の少ない田んぼが多かったです。そこではわずかな水を求めて生き物たちが集まっていました。
乾いた田んぼではザリガニやアメンボ、タニシなどが右往左往していました。わずかな水たまりをめぐる水争いです。水にありついたとしても「お湯」です。今年は生き物たちと天気と稲のタイミングがちぐはぐだったのか、小さな水たまりに、おたまじゃくしがぎゅうぎゅうに入って干からびていたりしていて、そのためか見かけるアマガエルも小さなやつばかりです。
乾いた田んぼではザリガニやアメンボ、タニシなどが右往左往していました。わずかな水たまりをめぐる水争いです。水にありついたとしても「お湯」です。今年は生き物たちと天気と稲のタイミングがちぐはぐだったのか、小さな水たまりに、おたまじゃくしがぎゅうぎゅうに入って干からびていたりしていて、そのためか見かけるアマガエルも小さなやつばかりです。
いただく夏野菜、中身がちょっとずつ変化しています。スイカが入ってる!これがすごく甘くて美味しかったです。
いただく夏野菜、中身がちょっとずつ変化しています。スイカが入ってる!これがすごく甘くて美味しかったです。

と、まあ、脈絡なく並べてみました。今日はこんなところです。暑かった先々週とはうってかわって先週は雨気味・・・そして今日も雨っぽいです。それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。