新三菱重工株式會社の耕うん機CT-90形ポスター

当時の著名人ではないと思います。つまり匿名おねえさん。つばひろの帽子をアミダにかぶってわざわざ表情がよく見えるようにしているところから、商品を引き立たせるために目立たないようにする・・・という様子は感じられません。

今日も「昔のカタログシリーズ」、もとい「昔のポスター」。伊藤産業機械さんのところで見た、新三菱重工株式會社の耕うん機、CT-90のポスターです。

これも昨日と同じく1952年〜1964年の間だけ存在した新三菱重工株式會社のポスターです。耕うん機は当然ですが、作業車に女性が採用されています。自動車のポスターなどは運転者ができるだけ目立たない(主張しない)ようにしているのに、きれいな服を着た上に、土が入るのじゃないか?と心配になるような靴を履いて作業をしています。これでは耕うん機と作業者、目があちこち行ってしまいます。なぜこんな売り方をしたのでしょう。
これも昨日と同じく1952年〜1964年の間だけ存在した新三菱重工株式會社のポスターです。耕うん機は当然ですが、作業者に女性が採用されています。自動車のポスターなどは運転者ができるだけ目立たない(主張しない)ようにしているのに、きれいな服を着た上に、土が入るのじゃないか?と心配になるような靴を履いて作業をしています。これでは耕うん機と作業者、目があちこち行ってしまいます。なぜこんな売り方をしたのでしょう。
当時の著名人ではないと思います。つまり匿名おねえさん。つばひろの帽子をアミダにかぶってわざわざ表情がよく見えるようにしているところから、商品を引き立たせるために目立たないようにする・・・という様子は感じられません。
当時の著名人ではないと思います。つまり匿名おねえさん。つばひろの帽子をアミダにかぶってわざわざ表情がよく見えるようにしているところから、商品を引き立たせるために目立たないようにする・・・という様子は感じられません。クルマの外見は感性に訴える部分が大きいですが、農機の外見は(特に耕うん機などは)感性に訴えるものはほぼ皆無です。その部分を大部分の購入層である男性に向けて女性作業車を採用することでで補おうとしたのかもしれません。
一方こちらはK500の作業風景。ギリギリ若いふたりの耕うん機を中心とした光景と捉えることはできるかもしれません。楽しそうではありますが、ヘビーな農作業デートであり、そのファッションもガッツリ作業着です。どう考えてもK700とK500の間には時間が横たわっています。そしてK500のカタログのほうが古い・・・そう考えるのが自然です。
作業者が本当に作業をしていると耕うん機も作業者もこのように「風景」となってしまいます。
これも同じくカタログ写真なのですが、白黒という点を割り引いてもあまりに自然すぎて「風景」となっています。農機カタログ写真の作業者に女性を採用するというのはある意味「発明」と言ってもいいかもしれません。
これも同じくカタログ写真なのですが、白黒という点を割り引いてもあまりに自然すぎて「風景」となっています。農機カタログ写真の作業者に女性を採用するというのはある意味「発明」と言ってもいいかもしれません。

耕うん機が珍しかった時は耕うん機の写真を「バーン」と全面に出しておけば良かったかもしれませんが、色々なメーカーが出てきて、どこも似たり寄ったりという状態になると女性作業者、女性モデルを採用したくなるのかもしれません。

ビールの法則

考えたらかなり身近にその例がありました。お約束のように各社女性が並んでいるビールのポスターです。しかも示し合わせたように海で水着でビールのジョッキです。ビールを一社だけが提供していればいいですけど、複数メーカーがあった場合、単体ではただの黄色い泡の出る液体で全く区別がつかないため、女性で区別しちゃおう・・・ということなのでしょう。新三菱重工株式會社時代には、耕うん機もこのような状態に突入しつつあったに違いありません。
考えたらかなり身近にその例がありました。お約束のように各社女性が並んでいるビールのポスターです。しかも示し合わせたように海で水着でビールのジョッキです。ビールを一社だけが提供していればいいですけど、複数メーカーがあった場合、単体ではただの黄色い泡の出る液体で全く区別がつかないため、女性で区別しちゃおう・・・ということなのでしょう。新三菱重工株式會社時代には、耕うん機もこのような状態に突入しつつあったに違いありません。
調べていたら興味深いページがありました。キリンのビール広告の歴史というページです。水着女性のポスターは戦前の1932年、昭和7年にはすでにあったそうです。液体の商品であるビールは、せいぜい容器やラベルで工夫するしかなく、ずいぶん前から広告では苦労していたと見えます。
調べていたら興味深いページがありました。キリンのビール広告の歴史というページです。水着女性のポスターは戦前の1932年、昭和7年にはすでにあったそうです。液体の商品であるビールは、せいぜい容器やラベルで工夫するしかなく、ずいぶん前から広告では苦労していたと見えます。
同じく液体の商品であるワインなどは、ビールで水着の1932年より10年も古い大正11年、1922年にこのようなポスターを作っていたと・・・同業他社が多くあり、商品単体では区別のつかない製品を販売する酒業という大先輩、お手本があったと言えるかもしれませんね。
同じく液体の商品であるワインなどは、ビールで水着の1932年より10年も古い大正11年、1922年にこのようなポスターを作っていたと・・・同業他社が多くあり、商品単体では区別のつかない製品を販売する酒業という大先輩、お手本があったと言えるかもしれませんね。
今はジェンダーレスですし、購買者以外にも配慮することが求められていて、これから先このような売り方をすることは難しそうです。
今はジェンダーレスですし、購買者以外にも様々な配慮をすることが求められています。これから先農機のポスターやカタログはどうなって行くか楽しみです。

今日はこんなところです。また明日!

1952年〜1964年くらい?三菱耕うん機ポスター

この耕うん機ポスターのおねえさんはバーやハンドルをしっかりつかんでにこやかに微笑んでいます。いいですね!CT-70のおねえさんとは大違いです。

今日は「昔のカタログシリーズ」、もとい「昔のポスター」。伊藤産業機械さんのところで見た、フルカバー耕うん機が異様に熱かった1960年代初頭のモノではないか?と、僕が考えている、三菱耕うん機のポスターです。

三菱耕うん機のポスターです。こちらは最近僕が注目しているカバータイプではなく、オーソドックスなフレームにエンジンを載せたものとなっています。注目はポスター全体が色あせているにもかかわらず、エンジン部分の「赤」が強烈に残っていること。通常の写真の上に特色で赤を重ねたような感じです。そのためこの部分だけ色がハッキリ残っているのではないでしょうか?
三菱耕うん機のポスターです。こちらは最近僕が注目しているカバータイプではなく、オーソドックスなフレームにエンジンを載せたものとなっています。注目はポスター全体が色あせているにもかかわらず、エンジン部分の「赤」が強烈に残っていること。通常の写真の上に特色で赤を重ねたような感じです。そのためこの部分だけ色がハッキリ残っているのではないでしょうか?昔の写真印刷はエンピツで線を足したり、4色掛け合わせではなく特色を乗せたり、鮮明に見せるのに苦労したんですね。
いいっすね いいっすね! ポテト・プランター
東急自動車ファーガソン35のカタログです。ポテト・プランターの写真など、昔のカタログはほとんど描いてます。
今回新しく気がついたのは、「新三菱重工株式會社」となっていること。調べてみると新三菱重工株式會社は1952年に誕生し、1964年に三菱日本重工業・三菱造船(2代目)・新三菱重工業の3社が合併して(現)三菱重工業株式会社になるまでのわずかな時間しか存在していないということがわかりました。
今回新しく気がついたのは、会社名が「新三菱重工株式會社」となっていること。調べてみると新三菱重工株式會社は1952年に誕生し、1964年に三菱日本重工業・三菱造船(2代目)・新三菱重工業の3社が合併して(現)三菱重工業株式会社になるまでのわずかな時間しか存在していないということがわかりました。つまり、このポスターは1952年〜1964年のいずれかで作られたものということになります。

僕は先日紹介したCT-70形カバード耕うん機と同じ体裁なので、フルカバーの耕うん機が作られるきっかけとなったホンダF150型の1959年周辺を起点とした、6年間(1959〜1964)のいずれかじゃないかと睨んでいます。

この耕うん機ポスターのおねえさんはバーやハンドルをしっかりつかんでにこやかに微笑んでいます。いいですね!CT-70のおねえさんとは大違いです。
この耕うん機ポスターのおねえさんはバーやハンドルをしっかりつかんでにこやかに微笑んでいます。いいですね!CT-70のおねえさんとは大違いです。
しかし、意にそぐわない仕事に来てしまった感バレバレの表情です。口角は上がっていますが目が死んでいて、モーレツにつまんなそうです。
CT-70おねえさん。そうか!歯を見せていないから仏頂面に見えるのか・・・しかし、このポスターが1959〜1964だとして、この人達が二十歳としてもすでに80歳近いおばあさんになっているはずです。ううむ。

トラクターが普及する前のわずかな間(10年ないかもしれません)花開いた大型耕うん機。まだまだ続きます。

今日はこんなところです。また明日!