日本ハッカにはアレロパシーはないの?(自分の住みたいトコは他の人も住みたかった)

今日は大場町島地区の絶滅危惧種、日本ハッカの話です。町内に唯一自生する場所から取ってきて庭に2010年から植えていたのですが、これがなかなか気難し屋でした。

前回までのあらすじ

ところが今年、草刈りをした後に去年よりたくさんのハッカが芽を出しました。これは一体どういうことなのでしょう・・・
前回のお話は去年絶滅したのではないか?と思ったら、10年前、初めに移植した場所から3mも離れた所でかなりの数芽を出した・・・というところまででした。

それがこうなりました

ハッカも元気に育っていますが、他の草はさらに元気。ハッカの間からボーボーに噴出しています。前回かなり除草して住みやすくしてやったのになぁ・・・
ハッカも元気に育っていますが、他の草はさらに元気。ハッカの間からボーボーに噴出しています。何がなんだか見分けがつかない状態になっています。前回かなり除草して住みやすくしてやったのになぁ・・・

ハッカにはアレロパシーはないの?

今年は島地区の絶滅危惧種、野生のハッカのバックアップとして庭の隅に植えている日本ハッカに勢いがあります。
以前、ハッカがもう少し日陰の場所に生えていた時は他の草はほとんど出ていなかったので、自分たちだけがその場に栄えるように他の植物の邪魔をするシステム(Wikipediaではある植物が他の植物の生長を抑える物質(アレロケミカル)を放出したり、あるいは動物や微生物を防いだり、あるいは引き寄せたりする効果の総称。と言ってます。)アレロパシーを持っているものだとばかり思っていました。匂いのある植物ですしね。
左奥がヒシなのですが、水路の壁を見るとホテイアオイの勢いがわかります。
以前島地区の水路にはびこっていたホテイアオイ(外来種だそうです)はアレロパシーがあるそうです。
9/20の時点ではもっと花は増えていました。でも増えすぎて少し撤去してしまったのでしょうか。お疲れ気味で数は少ないようでした。
花も緑もきれいでしたが、とにかく増えるので除去されてしまい、今は見ることがありません。
ハッかに戻ります。3年かけて「自分の住みたい場所」に移動してきたハッカ。しかし、自分の住みたいトコは他の草にとっても居心地の良い場所だったということではないでしょうか?そこには苛烈な競争があります。人の手が加勢しているのにハッカ以外の草の勢いもすごいです。
ハッカに戻ります。中にはこのように立派な株もあります。10年かけて「自分の住みたい場所」に移動してきた甲斐があったようです。しかし、自分の住みたいトコは他の草にとっても居心地の良い場所・・・そこには苛烈な競争があります。人の手が除草で手助けしているのにハッカ以外の草の勢いもすごいです。
いくつか有望株があります。しかし秋までに何回も草取りをしなくてはならなそうです。
いくつか有望株があります。しかし秋までに何回も草取りをしなくてはならなそうです。

おしらせ

バックアップが取れなかったことで中断していた、サイトのメンテナンスを日曜に行なう予定です。

多分月曜からトラブル多発だと思うのでよろしくお願いします。(何をよろしくなのか・・・)具体的にはリンク切れが起きたり、PCで(特に古いブラウザで)ページが見られなくなったりすると思います。(スマホは大丈夫なはず)

今日はこんなところです。それではまた明日。

「田んぼの風景を共有」シリーズ2(PCが塞がっているため)

冬、雨上がりの田んぼです。夕方の景色が多いのは変化があるから。家の中にいて外の変化に気がつくのはどうしても日の登るときと日の沈む時になってしまいます。

耕運機のポスターを続けようと思ったら、朝PCが働いていて塞がっているので写真にアクセスできません。よってスマホの写真しか見ることができず、「田んぼの風景を共有」シリーズです。

スマホに入っているので古目なのは去年の台風の写真。まさに水害時のバッファという感じです。この時は普段土の中にいるありとあらゆる生き物、ダンゴムシやモグラやクモなどが水に濡れない高いところに這い出してひしめき合っていました。
スマホに入っているので古目なのは去年の台風の写真。まさに水害時のバッファという感じです。この時は普段土の中にいるありとあらゆる生き物、ダンゴムシやモグラやクモなどが、水に濡れない高いところに這い出してひしめき合っていました。
冬、雨上がりの田んぼです。夕方の景色が多いのは変化があるから。家の中にいて外の変化に気がつくのはどうしても日の登るときと日の沈む時になってしまいます。
冬、雨上がりの田んぼです。夕方の景色が多いのは変化があるから。家の中にいて外の変化に気がつくのはどうしても日の登るときと日の沈む時になってしまいます。
代掻き前の田んぼです。ここから田んぼは日に日に変化して行くことになります。
代掻き前の田んぼです。ここから田んぼは日に日に変化して行くことになります。
4月下旬から5月上旬にかけて水が湛えられていつの間にか周りは湖に・・・
4月下旬から5月上旬にかけて水が湛えられていつの間にか周りは湖に・・・稲が植えられたところもちらほらと。
一番近くの田んぼもいつの間にか田植えが終わってもうすでにかなり大きくなっています。
一番近くの田んぼもいつの間にか田植えが終わってもうすでにかなり大きくなっています。
田鏡はすっかり小さくなってしまい、稲と稲の隙間にわずかにあって、ほんのちょっと空を映しているだけです。雨模様の日が多いけど、たまに松の空が顔を出します。
田鏡はすっかり小さくなってしまい、稲と稲の隙間にわずかにあって、ほんのちょっと空を映しているだけです。
今のところ正しい夏に向かって梅雨の時期を正常に歩んでいる感じ。毎日ぐずぐず、たまにお日様が顔を出します。
今のところ正しい夏に向かって梅雨の時期を正常に歩んでいる感じ。毎日ぐずぐず、たまにお日様が顔を出します。
そして今朝。風が若干強いです。朝早い時間には雨が降っていましたが、いまはやんでいます。稲もずいぶん大きくなって、一筋水面が見えるだけとなっています。
そして今朝。風が若干強いです。朝早い時間には雨が降っていましたが、いまはやんでいます。稲もずいぶん大きくなって、一筋水面が見えるだけとなっています。

いつにもまして内容がなくすみません。またあした!