多分1974年型式認定。二駆先のヤンマーYM1500D「朝1分の農・・

PVアクセスランキング にほんブログ村

毎日サクッとネットの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1974年、もしくは1975年運輸省型式認定と思われる、ヤンマーYM1500Dです。このあたりの番号はちょうど74年と75年の境目なので判断が微妙です。YM1500は1974年販売開始の4種の青ガエル、オリジナルメンバーということもあり、何となく1974年認定ではないかと僕は考えています。

ネットで見つけてきた四輪駆動のYM1500Dです。青ガエルオリジナルメンバーと書きましたけど、この機体は赤いので、1977年以降に販売されたものと思われます。運輸省型式認定番号はあくまでも認定時の番号ですから、次のモデルが出るまでは同じ番号です。
ネットで見つけてきた四輪駆動のYM1500Dです。青ガエルオリジナルメンバーと書きましたけど、この機体は赤いので、1977年以降に販売されたものと思われます。運輸省型式認定番号はあくまでも認定時の番号ですから、次のモデルが出るまでは同じ番号です。
ヤンマーも同じ頃、たくさんトラクターを出しています。きっとイセキと同じようにリソースの配分に苦労したと思います。イセキにとってのMB1100にあたる機種がこの中にもあったはず。
緑のヤンマー。YM1500はそのオリジナルメンバーでした。

この年表を描いた当時、3年間くらいしか売られていなかったと考えていましたが、まだ緑のYM1500の四駆バージョンは見たことがありません。

まだ不確かですけど・・・日本で売られた青ガエルには二駆しかないとして、しかも緑のYM1700(二駆)と赤のYM1500(二駆)YM1500D(四駆)の認定年が同じだとしたら、青ガエルは出た年のうちに引っ込められた可能性があります。

YM1700D(二駆)の運輸省型式認定番号がわかればこれがもっとはっきりしますね。まだ見つけていないですけど。

これは二駆ですがYM1500の青ガエルバージョン、ネットで見つけてきました。とても状態が良さそうです。YM1500・・・出た当初はこのような青ガエルでした。
YM1500(赤の二駆)の記事はこちらです。
ギリギリの綱渡りで見つかった運輸省型式認定番号は農耕者様小型特殊自動車運輸省型式認定番号農887号ヤンマーYM1500D型とあります。親切にエンジン銘板まで載せていてくれて、ヤンマー2気筒ディーゼル854cc15馬力/2400rpmの2TR15型でした。
ギリギリの綱渡りで見つかった運輸省型式認定番号は

農耕作業用小型特殊自動車
運輸省型式認定番号 農887号
ヤンマー YM1500D型

とあります。親切にエンジン銘板まで載せていてくれて、ヤンマー2気筒ディーゼル854cc15馬力/2400rpmの2TR15形でした。
シートに記入します。ヤンマーは型式認定申請の際、二駆をリストの上に持ってくる二駆先なので、四駆のYM1500DはYM1500の一つ後ろ、887号となっています。
シートに記入します。ヤンマーは型式認定申請の際、二駆をリストの上に持ってくる二駆先なので、四駆のYM1500DはYM1500の一つ後ろ、887号となっています。この様なことがわかってくると探す際の狙いもつけやすくなり、見つかる確率も上がります。

『農機の運輸省型式認定番号一覧表』に追記しました

『農機の運輸省型式認定番号一覧表』を固定ページで公開しました。一番上のメニューから入れるようにしています。これから新しく運輸省型式認定番号を発見するたびに追記することにします。

追記:今まで一部の環境ではテキストが読めなかったということがわかったので修正しました。スマホでも読めるようになったと思うのですが、もし読めない場合はコメント欄でもメールでも構いませんので連絡をください。お願いします!

外はどんよりと暗く、今にも雨が降りそう。湿っぽいですが少し肌寒いですかね? 暑かったり寒かったり忙しいです・・・今日はこんなところです。それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“多分1974年型式認定。二駆先のヤンマーYM1500D「朝1分の農・・” への2件の返信

  1. 農機具マニアさん こんばんは
    おお!そうですか!!
    何でしょう、1300?1700?それとも2000でしょうか
    きっとそれがわかるだけでも青ガエルの生存年数がさらに絞れそうな気がします

  2. こんばんは~このトラクターではないんですが、四駆のアオガエル見たことあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。