メタリックブルーのニューホランドT6.160・オートコマンド&Dondiスピードプラウ+サブソイラ「撮りトラ」

今日は去年Nさんに連れて行ってもらった、常総市の展示会で見たメタリックブルーのニューホランドT6.160・オートコマンド&Dondiスピードプラウ+サブソイラ「撮りトラ」です。

この展示会、よくNHKの県域放送などで見かける個人の農家の畑を借りて行われたものなんです。

まずは動画です

↑40秒ほど

ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm
ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm
ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm
メタリックブルーの憎いヤツです。これがなかなかいい色。

ものすごくしっくりきていて昔からこの色だったような気がするくらいなんですが・・・・

WEBページで見ると今までのブルー。何でこの色なのかよくわかりません。特別色があるとは書いていないような気がします。
WEBページで見ると今までのブルー。何でこの色なのかよくわかりません。特別色があるとは書いていないような気がします。
ニューホランドT6020 Elite もうすでにトラックに積み込まれちゃってます。
こちらはニューホランドT6020 Elite 普通はこんな色です。
ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm
メタリックに合わせて普段は黄色のラインも白で・・・高級感があります。
ニューホランドT5070 水冷4サイクル4気筒ディーゼル (ターボインタークーラー付)4483cc 113馬力 実演機で価格は¥7,665,000だそうです
こちらはニューホランドT5070 (水冷4サイクル4気筒ディーゼル (ターボインタークーラー付)4483cc 113馬力 実演機で価格は¥7,665,000だそうです)ボディはソリッドなブルー。アミアミの部分は黒。
ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm
T6.160ではアミアミの部分は逆に目立つようにシルバーになっています。ニューホランドのバッジは同じなのかなあ・・・
ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm
バッジは・・・正面から撮ったものがない・・・同じかどうかよくわかりません。
ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm
ヘッドライトは詳しくは調べていないんですけど、現在のところ無銘。
ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm
そしてひいている作業機は黄色で、メタリックブルーの機体とよく合います。Dondi(ドンディ?)スピードプラウ+サブソイラというものが付いています。
ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm
ドンディは、イタリア1850年創業の農業機械の会社みたいです。
ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm
最近見る大きな外国製の作業機って、大抵こんな風にレーザーで社名が切り抜かれてますよね・・・EU圏の人たちって、これが好きなんだと思います。オートバイのエクイップメントでもドイツ製なんかでこういうの見ます。
ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm
作りはさすがに頑丈そう。

オートコマンドというのはCVTトランスミッションのことを言っているらしいのですが、WEBページを見てもよくわかりませんでした。
オートコマンドというのはCVTトランスミッションのことを言っているらしいのですが、WEBページを見てもよくわかりませんでした。

WEBページの説明が・・・

ニューホランドが設計、製造したオートコマンドTMトランスミッションは、T6.140、T6.150及びT6.160モデルでご利用になれます。 この全く新しいCVTトランスミッションは100%の機械的効率を持つ複数のダイレクトドライブポイントからの恩恵を受け、 これらのポイントは特に高い価値を持つ野菜の栽培や、搬送に最も多く使われる車速に完璧にマッチするよう精密に設計製造されています。 先進的なダブルクラッチコントロールが効率を更に拡大します。これは最もスムーズで、最も生産的なCVTです。

難解すぎてめげてしまいました。文章は欲しい人がわかればよく、僕にわからせる必要はないですけど・・・

単純にこの機体で一番「おおっ!」と思ったところ・・・

ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm
そんなステキなシステムではなく、単純にこの機体で一番「おおっ!」と思ったところ(見た目ですけど)・・・わかりますかね。ずらりと並んだウエイトなんです。

おもりが扇のようにこちらに向かって開いているのがわかるでしょうか? カメラのレンズで強調されている部分がありますが、それだけでなく、トラクター側が狭くこちら側に向かって広くなっているんです。

ニューホランドT6.160はWEBページによれば、水冷4サイクル4気筒4485ccコモンレールディーゼル131馬力/2200rpm
これもレンズのせいもありますが根本が狭く、手前が広い。
ひとつ45キロですから10個付いているので450キロ!
ひとつ45キロですから10個付いているので450キロ!
ホントに扇型になるよう、取付け部分もこのようにアーチ型になっています。
ホントに扇型になるよう、取付け部分もこのようにアーチ型になっています。
これなら先端を重くできるし、取付け部分の幅は狭くできるのでよりたくさんのおもりを付けることができますね! よく考えてあるなあ・・・
これなら先端を重くできるし、取付け部分の幅は狭くできるのでよりたくさんのおもりを付けることができますね! よく考えてあるなあ・・・

そんなの当然じゃん・・・と言われそうですけど、とっても感心したのでした。続きます。

最後に耕うんシーンのプレイリストも貼っておきます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“メタリックブルーのニューホランドT6.160・オートコマンド&Dondiスピードプラウ+サブソイラ「撮りトラ」” への2件の返信

  1. メタリックブルー、きれいですね。ずっと限定色なのか、いずれ全部この色調の青に変えていくのか。イセキも最近青の色調を濃いめに変えていってますよね。

    ところで、T6.160オートコマンド仕様の価格はなかったのですか?ちょっと気になります。宝くじが当たったら買おうと思っているので;-)

    1. H2さん こんにちは

      メタリックブルー、きれいですよね!
      少し圧倒されて値段のことまで気が回らず
      聞けば教えてくれたと思うのですが、おおっぴらに表示されてはいませんでした
      次見ることがあったら必ず聞いておきます
      宝くじが当たったら買わなくちゃいけないですものね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。