Homeに戻る > フェンダーの上にはさりげなく純正?ラジオ!FORD5000「撮りトラ」

フェンダーの上にはさりげなく純正?ラジオ!FORD5000「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんに連れて行ってもらった中古屋さんで見た、 フォードトラクター、FORD5000「撮りトラ」です。

フォード5000は、ウィキペディアによると1964年から1979年まで製造。tractordata.comでは1965年〜1976年、この機体は4気筒のディーゼルエンジンが載っています。tractordata.comによると馬力は69馬力となっていますが、これは4気筒3.8Lガソリンの馬力で、4気筒3.8Lディーゼルの馬力はわかりません。

フォード5000は、ウィキペディアによると1964年から1979年まで製造。tractordata.comでは1965年〜1976年、この機体は4気筒のディーゼルエンジンが載っています。tractordata.comによると馬力は69馬力となっていますが、これは4気筒3.8Lガソリンの馬力で、4気筒3.8Lディーゼルの馬力はわかりません。

フォード5000は、ウィキペディアによると1964年から1979年まで製造。tractordata.comでは1965年〜1976年、この機体は4気筒のディーゼルエンジンが載っています。tractordata.comによると馬力は69馬力となっていますが、これは4気筒3.8Lガソリンの馬力で、4気筒3.8Lディーゼルの馬力はわかりません。

写真をつらつらと眺めていて「はっ」と気がついたのはフェンダーの上の箱。これはいったい・・・

フォード5000は、ウィキペディアによると1964年から1979年まで製造。tractordata.comでは1965年〜1976年、この機体は4気筒のディーゼルエンジンが載っています。tractordata.comによると馬力は69馬力となっていますが、これは4気筒3.8Lガソリンの馬力で、4気筒3.8Lディーゼルの馬力はわかりません。

配線が伸びているし、下側にスピーカーらしきものが見えます。オーディオ関係のものに間違いありません。

フォード5000は、ウィキペディアによると1964年から1979年まで製造。tractordata.comでは1965年〜1976年、この機体は4気筒のディーゼルエンジンが載っています。tractordata.comによると馬力は69馬力となっていますが、これは4気筒3.8Lガソリンの馬力で、4気筒3.8Lディーゼルの馬力はわかりません。

ずいぶん細いタイヤを履いていますね。この角度からも箱が見えるので拡大してみます。

フォード5000は、ウィキペディアによると1964年から1979年まで製造。tractordata.comでは1965年〜1976年、この機体は4気筒のディーゼルエンジンが載っています。tractordata.comによると馬力は69馬力となっていますが、これは4気筒3.8Lガソリンの馬力で、4気筒3.8Lディーゼルの馬力はわかりません。

おお!これはカーラジオ! スピーカーは下側だし、防滴くらいにはなっているのでしょうか?全天候形ラジオです。色もFORD色だし、FORD専用の純正品だったのでしょうか?

以前もFORDの記事『スピーカーがついてる!FORD6600「撮り虎」その1』で見かけました。このときはスピーカーだけしか見つからなかったけど、今回ラジオが付いている屋根なしトラクターを発見したってわけです!

FORD6600・・・tractordata.comによればFORD6600は、1975年〜1981年 7600と同じ排気量の4.2L4気筒ディーゼルで、馬力は7600よりちょっと低い77馬力/2100rpmだそうです。こうやって見ると、すっごくカクカクしている印象だったのですが、エンジンフードに隠れている部分はやけにもにょもにょしています。筋肉みたい。顔は四角いけど、けっこう丸っこいヤツだったんです。

FORD6600・・・tractordata.comによればFORD6600は、1975年〜1981年 7600と同じ排気量の4.2L4気筒ディーゼルで、馬力は7600よりちょっと低い77馬力/2100rpmだそうです。こうやって見ると、すっごくカクカクしている印象だったのですが、エンジンフードに隠れている部分はやけにもにょもにょしています。筋肉みたい。顔は四角いけど、けっこう丸っこいヤツだったんです。

tractordata.comによればFORD6600は、1975年〜1981年 7600と同じ排気量の4.2L4気筒ディーゼルで、馬力は7600よりちょっと低い77馬力/2100rpmだそうです。

う〜ん・・・ラジオ?スピーカー? バックする「ピィーッ、ピィーッ、ピィーッ」って音を鳴らすスピーカーかなあ・・・それとも作業中もお気に入りの演歌を大音量で流すためのもの?

tractordata.comによればFORD6600は、1975年〜1981年 7600と同じ排気量の4.2L4気筒ディーゼルで、馬力は7600よりちょっと低い77馬力/2100rpmだそうです。

メーカーはクラリオンのように見えます。

ネットで探してみると純正のラジオが見つかりました。

ebayで売っていました。

ebayで売っていました。

純正品です。形はまるっこくて僕の見たものとは違います。

純正品です。形はまるっこくて僕の見たものとは違います。

フォード5000は、ウィキペディアによると1964年から1979年まで製造。tractordata.comでは1965年〜1976年、この機体は4気筒のディーゼルエンジンが載っています。tractordata.comによると馬力は69馬力となっていますが、これは4気筒3.8Lガソリンの馬力で、4気筒3.8Lディーゼルの馬力はわかりません。

四角いですけど、これ、昔の順製品だったかもしれませんね!

今日は時間がないのでこれでおしまいです。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/11/22/ford5000/trackback/