燃えたFORD◯◯10、10シリーズのオデコはFRPだった!とラジオの話「撮りトラ」

今日の空は暗く今にも泣き出しそう・・・こんな日は調子が出ない・・・なのに追い打ちをかけるような悲しい写真かもしれないです。

 

今日はhokkaidoujinさんの案内で言った中古車屋さんで見た、火災にあったと思われる、 フォードトラクターの10シリーズ「撮りトラ」です。

 

顔のほとんどにひどい火傷を負い、片目になってしまったFORD。夢に出てきそうな怖さです。

顔のほとんどにひどい火傷を負い、片目になってしまったFORD。子供が見たら夢に出てきそうな怖さです。持ち主はさぞかしガッカリしたでしょうし、悲しかったと思います。もしかしたら傷口に塩をすり込むような事になってしまったかもしれません・・・すみません。

 

その中でも目を引いたのはこの部分。あの特徴的なオデコはFRPだったんです。持ち主にはわかっていると思いますが、見ているだけではわからないものです。てっきり金属製だと思っていました。

でもどうしてもここに目が行ってしまって・・・あの特徴的なオデコはFRPだったんです。使っている人はわかっているでしょうが、見ているだけではわからないものです。てっきり金属製だと思っていました。

 

FORD tractor 6610 フォードトラクター6610 1982年から1993まで作られ、これはイングリッシュフォードでたぶん1986年製。一説によれば82馬力4.4リッター4気筒ディーゼル。

これは以前見たFORD tractor 6610 フォードトラクター6610です。 1982年から1993まで作られ、これはイングリッシュフォードでたぶん1986年製。この写真をもう一度見返してみるとそんなサインが出ていました。エンジンフードの直線部分は錆びて茶色くなっているのに、オデコ部分だけピカピカです。

 

FORD tractor 6610 フォードトラクター6610 1982年から1993まで作られ、これはイングリッシュフォードでたぶん1986年製。一説によれば82馬力4.4リッター4気筒ディーゼル。

中央部分はこんなに錆びていました。真ん中が膨らんで格調高いキャップが使い込んだ革の上に乗っているように見えませんか? 「Devisser Doucement」ってなんだろうと思ったら、フランス語でした。「優しく緩めてちょうだい」って感じみたいです。

 

FORD tractor 6610 フォードトラクター6610 1982年から1993まで作られ、これはイングリッシュフォードでたぶん1986年製。一説によれば82馬力4.4リッター4気筒ディーゼル。

対してこちらはオデコ部分。中央部分はサビサビなのにこちらはまだピカピカです。ずいぶんギャップがあります。それにしても自動積層機みたいな機械があったのだろうか・・・大量生産の代名詞みたいなFORDで、この部分を人が手作りでペタペタ樹脂を塗りながら作ったのだろうかと考えると興味深いです。

 

車両の右側付近が激しく燃えています。油圧のホースから漏れた油がマフラーに掛かったりしたのかな・・・何となくまだ動くのじゃないか?という感じです。

車両の右側付近が激しく燃えています。油圧のホースから漏れた油がマフラーに掛かったりしたのかな・・・何となくまだ動くのじゃないか?という感じです。

 

あ!マフラー反対側か・・・

あ!マフラー反対側か・・・

 

この機体でもう一つ気になったのはラジオ! FORD乗りは長時間作業が多いのか、僕の見たラジオ付きトラクターは(キャビン付はあたりまえなので数に入っていません)数台しかありませんが、すべてFORDでした。

この機体でもう一つ気になったのはラジオ!
FORD乗りは長時間作業が多いのか、僕の見たラジオ付きトラクターは(キャビン付はあたりまえなので数に入っていません)数台しかありませんが、すべてFORDでした。

 

それから何と純正ラジオのカタログも見せてくれました。これは貴重です。「トラクターラジオ」リズムにのって楽しい作業をしてください。このラジオは耐塵性、耐水性に優れており、取付も簡単です。12Vであればどのトラクターにも付けられるよう工夫されております。(アンテナ・取付金具・シガーライター付き)

カタログにも載っているFORD純正ラジオもあったくらいですものね!

「トラクターラジオ」リズムにのって楽しい作業をしてください。このラジオは耐塵性、耐水性に優れており、取付も簡単です。12Vであればどのトラクターにも付けられるよう工夫されております。(アンテナ・取付金具・シガーライター付き)

 

フォード5000は、ウィキペディアによると1964年から1979年まで製造。tractordata.comでは1965年〜1976年、この機体は4気筒のディーゼルエンジンが載っています。tractordata.comによると馬力は69馬力となっていますが、これは4気筒3.8Lガソリンの馬力で、4気筒3.8Lディーゼルの馬力はわかりません。

FORD5000についていたり・・・

 

FORD5000についていたものより薄型の印象。

FORD4100についていたり・・・

 

tractordata.comによればFORD6600は、1975年〜1981年 7600と同じ排気量の4.2L4気筒ディーゼルで、馬力は7600よりちょっと低い77馬力/2100rpmだそうです。

FORD6600についていたり・・・

 

性能の良さそうなアンテナも付いています。

で、燃えちゃったFORDです。性能の良さそうなアンテナも付いています。

 

どんなメーカなんだろう・・・

どんなメーカなんだろう・・・

 

写真を拡大してみます。ESPERIAというブランドのようですね。

写真を拡大してみます。ESPERIAというブランドのようですね。

 

調べてみると、エスペリア株式会社という会社が埼玉にある事がわかりました。しかも!まったく同じものをまだ売っています。 防塵ケース入りラジオ KRH-M69HS(下面(底面)に10cm防滴スピーカー内蔵) というラジオでした。これ、トラクターや建機など用としか思えない仕様です。

調べてみると、エスペリア株式会社という会社が埼玉にある事がわかりました。しかも!まったく同じものをまだ売っています。
防塵ケース入りラジオ
KRH-M69HS(下面(底面)に10cm防滴スピーカー内蔵)
というラジオでした。これ、トラクターや建機など用としか思えない仕様です。

 

値段は会社のWEBページに書いていなかったので、型番を元に検索してみると、どのお店も大体このようなお値段で売っていました。

値段は会社のWEBページに書いていなかったので、型番を元に検索してみると、どのお店も大体このようなお値段で売っていました。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: https://oba-shima.mito-city.com/2018/11/13/burned_ford/trackback/