Homeに戻る > モデル名はF25・・・シバウラ製FORD1000「撮りトラ」

モデル名はF25・・・シバウラ製FORD1000「撮りトラ」

今日の「撮りトラ」は、hokkaidoujinさんの案内で僕としては初めて見るFORD1000です。

とりあえず前回のおさらいから・・・

————————————————

tractordata.comによればFORD1000は1973年〜1976年、シバウラ製2気筒1 .3Lディーゼルで25馬力/2500rpmだそうです。

tractordata.comによればFORD1000は1973年〜1976年、シバウラ製2気筒1 .3Lディーゼルで25馬力/2500rpmだそうです。

以前の記事『S1000なのに21馬力とはこれいかに?・・・シバウラS1000-0「撮り虎」』の時に、シバウラはFORDのOEM(オーイーエム、英: original equipment manufacturer)供給もしていたと教わったので調べてみると、tractordata.comにはシバウラ1500と同じと書いてありました。

 多分1500といっても、SD1500じゃなくてS1500でしょうねぇ・・・S1500、ネットで画像を探してみるとこういうものがありました。

多分1500といっても、SD1500じゃなくてS1500でしょうねぇ・・・S1500、ネットで画像を探してみるとこういうものがありました。

シバウラトラクタS1000-0

こちらは土の館で見たシバウラS1000。S1500とS1000、顔は同じなんですね。

FORD1000は目が上についているのでずいぶん感じが違いますね。

————————————————

tractordata.comによればFORD1000は1973年〜1976年、シバウラ製2気筒1 .3Lディーゼルで25馬力/2500rpmだそうです。

ほぼ長方形。暗く落ちたメッシュから覗くつぶらな瞳は僕のストライクです。四角いダルマといっていい感じ。シバウラ伝統のダルマ顔です。

ヘッドランプには「EVER WING」の銘が・・・調べてみると、『知らないメーカーを見つけるとワクワクする・・・コマツインター484「撮りトラ」』のときにウインカーに見つけた「市光工業株式会社」のブランドだったようです。

FORD2000は調べてみると思ったより全然古くて(見た目が綺麗で新しく思えたんです)1965年-1975年、少なくとも40年、ヘタをすると50年くらい前のものみたいです。  このフォードはENFO(イギリスフォード)ではなく、アメリカ製で、エンジンはガソリン、ディーゼルともに2.6Lの3気筒(この機体は・・・ガソリンなのかなあ)馬力は34馬力とか36馬力とか色々記述は見受けられます。

FORD2000になると構成するパーツはほぼ同じでも少し雰囲気が変わって、おでこがスラントして逆台形。FORD1000ではお目々がハマっているメッシュ部分に大主張している「FORD」の文字。

tractordata.comによればFORD1000は1973年〜1976年、シバウラ製2気筒1 .3Lディーゼルで25馬力/2500rpmだそうです。

この日は天気が悪く、夕方になって少し日が出るか・・・という感じ。どんよりとした暗い感じだったのに、カメラは適正露出にしようとがんばってしまう。少しもその雰囲気にしようとバイアスをかけているのに、なかなかその空気感になりません。

tractordata.comによればFORD1000は1973年〜1976年、シバウラ製2気筒1 .3Lディーゼルで25馬力/2500rpmだそうです。

補機類がかなり出っ張っちゃってます。セルモーターらしきものかなり大きく、オルタネーターと同じくらいの直径に見えます。

tractordata.comによればFORD1000は1973年〜1976年、シバウラ製2気筒1 .3Lディーゼルで25馬力/2500rpmだそうです。

FORD1000のステッカー、「1000」の下のあたりに見えるのは燃料タンクでしょうか・・・エンジンフードは前方に倒れるタイプ。給油はエンジンフードを跳ね上げて行うみたいです。

tractordata.comによればFORD1000は1973年〜1976年、シバウラ製2気筒1 .3Lディーゼルで25馬力/2500rpmだそうです。

ん?となると、同じくエンジンフード上にあるオイルバスフィルターのキノコちゃん、どうなるんでしょう・・・一緒に持ち上がっちゃう??

tractordata.comによればFORD1000は1973年〜1976年、シバウラ製2気筒1 .3Lディーゼルで25馬力/2500rpmだそうです。

黄色のマイカ線、何を表しているんでしょう・・・マフラーから水が入らないよう、ガムテープでフタがしてあります。サイレンサー部分の根元、グレーのベタベタは穴があいての補修ですね。

tractordata.comによればFORD1000は1973年〜1976年、シバウラ製2気筒1 .3Lディーゼルで25馬力/2500rpmだそうです。

メーター部分。これは2つ。昨日のロビンT21の4連メーターはやはり超ゴージャス仕様なんですね。それともう一つ。ハンドルが朝顔式ではなく、ほぼ平ら・・・小型トラクターで朝顔式にしちゃうと、ハンドルの輪っかが手前に来すぎて、胸の前でハンドル操作するようになっちゃいますからこうなんですよね。きっと。

tractordata.comによればFORD1000は1973年〜1976年、シバウラ製2気筒1 .3Lディーゼルで25馬力/2500rpmだそうです。

FORD1000 F1000 モデル名はF25って言うんですね。フォードの25馬力だからかな。石川島芝浦製。

FORD1000 F1000 モデル名はF25って言うんですね。フォードの25馬力だからかな。石川島芝浦製。

ロータリーも付いてます。

FORD1000 F1000 モデル名はF25って言うんですね。フォードの25馬力だからかな。石川島芝浦製。

これも石川島芝浦機械株式会社製。白飛びして読みにくいのですが、形式はF-T-50番号は2705と書いてあるように見えます。

とりたてて発見もなくF1000は終わりです。それではまた明日!ごきげんよう。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/11/01/ford1000-2/trackback/