Homeに戻る > ゴリラにだってそれぞれ個性がある。クボタGL321「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」

ゴリラにだってそれぞれ個性がある。クボタGL321「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」

昨日は久々の太陽が出たので家の草刈りをしました。やっぱり外回りと家の中を刈るのに1日かかっちゃいます・・・ぐったりですけど寝込むほどじゃないのは、暑さに慣れてきたか、草刈りが多少はムダな力を入れずにできるようになったのかもしれません。

今日は先日Mさんに連れて行ってもらったダイナミックフェア2017で見た、中古のクボタトラクターGL321「撮りトラ」です。

おなじみゴリラ顔のGL 農研機構の登録だとGL321Eというのがあり、登録は1996年、主な仕様に、機関:33PS/2800rpm,1499cc 前進16段、後進16段 とあります。

おなじみゴリラ顔のGL 農研機構の登録だとGL321Eというのがあり、登録は1996年、主な仕様に、機関:33PS/2800rpm,1499cc 前進16段、後進16段 とあります。

クボタGL321FQ3BSMARF11 購入初年度H9年(1997年)使用時間2040時間 機番51818、純正ロータリー付き(1.7m) 中古価格¥1,350,000

クボタGL321FQ3BSMARF11 購入初年度H9年(1997年)使用時間2040時間 機番51818、純正ロータリー付き(1.7m) 中古価格¥1,350,000

クボタGL321FQ3BSMARF11 購入初年度H9年(1997年)使用時間2040時間 機番51818、純正ロータリー付き(1.7m) 中古価格¥1,350,000

グランデルなんですね。

几帳面なひとのようでオイル交換の記録が貼ってあります。アワーメーターの数字をkmで書いちゃってます。ですよねえ・・・普通そう思っちゃいます。

几帳面なひとのようでオイル交換の記録が貼ってあります。アワーメーターの数字をkmで書いちゃってます。ですよねえ・・・普通そう思っちゃいます。

ウインカーは・・・

ウインカーは・・・

拡大してみるとスタンレー。90年代に入ると今仙電機のシェアが落ちてくるのかなあ・・・

拡大してみるとスタンレー。90年代に入ると今仙電機のシェアが落ちてくるのかなあ・・・

ゴリラ顔です。

ゴリラ顔です。

今年の年賀状はGLだった・・・

オレンジだけど・・・

クボタGL321FQ3BSMARF11 購入初年度H9年(1997年)使用時間2040時間 機番51818、純正ロータリー付き(1.7m) 中古価格¥1,350,000
 

輸出仕様のL4310は

 

KUBOTA Tractor L4310HSTC 1998 - 2002   Grand L10 Series クボタE-TVCS 4気筒ディーゼル 2200cc 43PS/2600rpm(net)

一方輸出仕様のL4310は・・・KUBOTA Tractor L4310HSTC 1998 - 2002 Grand L10 Series クボタE-TVCS 4気筒ディーゼル 2200cc 43PS/2600rpm(net) 屋根の作業灯はあるんですね・・・

KUBOTA Tractor L4310HSTC 1998 - 2002   Grand L10 Series クボタE-TVCS 4気筒ディーゼル 2200cc 43PS/2600rpm(net)

輸出仕様のL4310は目のまわりが黒いけど、やっぱりゴリラ顔。眉間にはLマーク。

クボタGL321FQ3BSMARF11 購入初年度H9年(1997年)使用時間2040時間 機番51818、純正ロータリー付き(1.7m) 中古価格¥1,350,000

今回のGL321も眉間にLのマーク。


 

GL300は

 

こちらは眉間のマークに「kubota」農研機構の登録では1993年。GL300です。主な仕様に、4輪駆動 機関30PS/2700rpm, 1499cc とあります。

こちらは眉間のマークに「kubota」農研機構の登録では1993年。GL300です。主な仕様に、4輪駆動 機関30PS/2700rpm, 1499cc とあります。

GL300の全体はこんなやつです。

GL300の全体はこんなやつです。


 

最古のゴリラ顔GL32は

 

クボタGL-32は平成3(1991)年7月に安全フレームの検査に合格していますから、そこからだともう25年・・・よく見かけますが決して新しいというわけではありません。  クボタD1503-H水冷4サイクル3気ディーゼル1499cc 32馬力/2800rpmだそうです。

ゴリラ顔では一番お兄さんと思われるGL32です。農研機構の登録では1990年。主な仕様に、4輪駆動 機関32PS/2800rpm, 1,499cc とあります。

クボタGL-32は平成3(1991)年7月に安全フレームの検査に合格していますから、そこからだともう25年・・・よく見かけますが決して新しいというわけではありません。  クボタD1503-H水冷4サイクル3気ディーゼル1499cc 32馬力/2800rpmだそうです。

最古のゴリラ顔は眉間ががら空き。目と目の間には何も書いてありません。


 

GL430は

 

でっかいバケットとローダーのアームでゴリラ顔が見えにくいですが、クボタGL430です。

でっかいバケットとローダーのアームでゴリラ顔が見えにくいですが、クボタGL430です。1813時間 ¥1,890,000 自動水平機付と値段が付いています。

GL430はクボタD1503-TIエンジン(たぶん3気筒)水冷4サイクルディーゼル 43馬力/2700rpm 

ちとわかりにくいですね

GL430はクボタD1503-TIエンジン(たぶん3気筒)水冷4サイクルディーゼル 43馬力/2700rpm 

目の間には何も書いてないかなあ・・・

ゴリラの顔が皆違うように、GLの顔も微妙にみんな違います。

今日はこれでおしまいっ!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/08/21/kubota_gl321/trackback/