Homeに戻る > 新しいのもガンバって観てみる

新しいのもガンバって観てみる

今日はずいぶん遅くなっちゃったな・・・

先日ダイナミックフェア2016(JAグループ茨城の第42回農機・生産資材大展示会+同時開催の中古農機展示即売会)で見たクボタトラクターのM7151/M110G/SL28/FT25/JB13「撮りトラ」の記事を書きました。

その中で新しいトラクターは見方がよくわからない・・・などということを書きました。それは僕がトラクターの外側しか見ていないし、シロウトなので細かい違いはよくわからない・・・という所為でもあります。

「大昔と今」みたいな大きな見えかたの違いしかわからないってことなんですね。

でも先日の新しい機械たちの中のクボタM110Gを見ていてちょっと気がついたことがありました。

クボタM110G

フレームにきれいに納まってきもちがいい! クボタクローブ M110GFQBMR3 価格¥11,317,320 ◎最大110馬力3769cc(ラジアルタイヤ仕様) 3769Lと書いてありますけど、この単位はccですよね? 排気量3.7キロリットルって巨大な船のエンジンって感じですもん。

フレームにきれいに納まってきもちがいい! クボタクローブ M110GFQBMR3 価格¥11,317,320 ◎最大110馬力3769cc(ラジアルタイヤ仕様) 3769Lと書いてありますけど、この単位はccですよね? 排気量3.7キロリットルって巨大な船のエンジンって感じですもん。

フレームにきれいに納まってきもちがいい! クボタクローブ M110GFQBMR3 価格¥11,317,320 ◎最大110馬力3769cc(ラジアルタイヤ仕様) 3769Lと書いてありますけど、この単位はccですよね? 排気量3.7キロリットルって巨大な船のエンジンって感じですもん。

M7シリーズが出てからはちょっと影が薄くなってしまい、目玉感がなくなったグローブ。馬力はちょっと少ないけど値段は半分です。フレームにきれいに納まってきもちがいい! クボタクローブ M110GFQBMR3 価格¥11,317,320 ◎最大110馬力3769cc(ラジアルタイヤ仕様)

ふふふ・・・いいことに気がついちゃったぞ!

グローブはこんな顔でした

クボタ グローブ M135G パワクロ KUBOTA GLOBE M135GFQBMPC2 価格¥14,217,120 税抜き本体価格¥13,164,000 消費税¥1,053120 ★135馬力 ★総排気量6,124cc ★フル電子制御コモンレールエンジンを全形式に採用! ★ダブル液晶モニターで各種情報をリアルタイムに表示可能。 ★新たにPTO作業時にも体操したNEW i-マチック。 ★シリーズ最上位機は、国産生産最大級 ★135馬力を発揮する新開発V6108エンジン

クボタ グローブ M135G パワクロ KUBOTA GLOBE M135GFQBMPC2 相変わらずどこを見てお話ししてよいのかわからなくなるようなお顔です。

クボタトラクター KUBOTA TRACTOR GLOBE M110GFQBMPC2 価格¥12,457,800 ★110馬力 ★総排気量3769cc この絵が好きなんです。グローブ、形はみんな一緒ですけど、馬力によってずいぶん排気量に差があるんですね。135Gだと6,124ccですもん。

クボタトラクター KUBOTA TRACTOR GLOBE M110GFQBMPC2 価格¥12,457,800 ★110馬力 ★総排気量3769cc 今回はこの顔。その中でもヘッドランプに注目してみます。一応最新式って感じですよね?

これってどこかで見たことある!

クボタトラクター KUBOTA TRACTOR GLOBE M110GFQBMPC2 価格¥12,457,800 ★110馬力 ★総排気量3769cc ★フル電子制御コモンレールエンジンを全形式に採用! ★ダブル液晶モニターで各種情報をリアルタイムに表示可能。 ★新たにPTO作業時にも体操した(ママ対応の間違いか?)NEW i-マチック。

下のランプはこう。クボタトラクター KUBOTA TRACTOR GLOBE M110GFQBMPC2 価格¥12,457,800 ★110馬力 ★総排気量3769cc ★フル電子制御コモンレールエンジンを全形式に採用! ★ダブル液晶モニターで各種情報をリアルタイムに表示可能。 ★新たにPTO作業時にも体操した(ママ対応の間違いか?)NEW i-マチック。

下のライトは・・・

これってどこかで見たことある。

それはマッセイファーガソン

tractordata.comによればこのモデルは1964年〜1975年まで作られたロングセラーで、エンジンはパーキンスAD3.152、3気筒2.5L45馬力1300rpmだそうです。

MF135です。このランプに似てません?

tractordata.comによればこのモデルは1964年〜1975年まで作られたロングセラーで、エンジンはパーキンスAD3.152、3気筒2.5L45馬力1300rpmだそうです。

ヘッドランプのマウント、丸いランプをちょっとラウンドした顔に正面向いて取付けるための形なのでしょうか? プラス、明かりを漏らさず前へ照射するリフレクターの役目を果たしているようにも見えます。

新しいのと古いの、カキッと分かれているのではなく、つながっている感じがしませんか?

すごく年は離れているけど、色々なところがピカピカしてるけど、似ている部分はたくさん残っているんです。

ライトを置く部分がフラットだとこれに似たはずです。

『ちょうどアラフォー。月日を経てFORD6600の顔は全く違う!!』で特集したFORD6600

かなりいい状態。きっと屋根のある所で保管されていたんでしょうね。おぼっちゃまと言ったところでしょうか。

FORD6600

リフレクターが必要なら『TOKYO JAPANが価値ある時代 FORDトラクター6610「撮りトラ」』で見た6610

FORD tractor 6610 フォードトラクター6610 1982年から1993まで作られ、これはイングリッシュフォードでたぶん1986年製。一説によれば82馬力4.4リッター4気筒ディーゼル。

FORDトラクター6610。ヘッドライトはスタンレー製

クボタM125Gを元に少し考えてみましょう

これがクボタM110Gです。この顔をよく覚えておいてください。

これがクボタM125Gです。この顔をよく覚えておいてください。

tractordata.comによればこのモデルは1964年〜1975年まで作られたロングセラーで、エンジンはパーキンスAD3.152、3気筒2.5L45馬力1300rpmだそうです。

MF135の目と取替えてみましょう。

どうです?あまり違和感がないですよね? 1964年〜1975年製マッセイファーガソンの部品を付けたのにあまり変化がありません。

どうです?あまり違和感がないですよね? 1964年〜1975年製マッセイファーガソンの部品を付けたのにあまり変化がありません。

上のランプを消してみます。頭が丸くなっちゃってるんでMFとはちょっと違う形になってます。

上のランプを消してみます。頭が丸くなっちゃってるんでMFとはちょっと違う形になってます。

次は上のランプ

クボタトラクター KUBOTA TRACTOR GLOBE M110GFQBMPC2 価格¥12,457,800 ★110馬力 ★総排気量3769cc この絵が好きなんです。グローブ、形はみんな一緒ですけど、馬力によってずいぶん排気量に差があるんですね。135Gだと6,124ccですもん。

このランプ、きっとサイドを照らすようにできているんですよね?

今までのクボタだとこうなるでしょうか?

今までのクボタだとこうなるでしょうか?

それにMFのランプを組合わせて・・・最新式のものを使わないで作ってもそんなに違和感はありません。

それにMFのランプを組合わせて・・・最新式のものを使わないで作ってもそんなに違和感はありません。

すごく古いモノで統一すると・・・

上のランプ、サイドを照らすためには腕を伸ばさないと難しいですよね。『細かいところに伝統は引き継がれてる・・・コマツWD50「撮り虎」』で見た、コマツのトラクターのランプでも合わせてみましょうか・・・

機種名:小松トラクタ 形式・仕様:WD-50 50馬力

機種名:小松トラクタ 形式・仕様:WD-50 50馬力。ごく普通の古いトラクターのランプ形式。

さすがに古い感じは否めません。これだけ違うということは、このサイドを照らすヘッドランプと離れ目レイアウトの間は、技術の差がすごくあるんでしょうね。

さすがに古い感じは否めません。これだけ違うということは、このサイドを照らすヘッドランプと離れ目レイアウトの間は、技術の差がすごくあるんでしょうね。

せっかくなので完全にMF135風にすると・・・ちょっとヘンか・・・

せっかくなので完全にMF135風にすると・・・ちょっとヘンか・・・

僕が古いトラクターを見るときは、無意識のうちに今のトラクターと比べていたみたいです。それと同じように新しいトラクターを見るときは古いトラクターに似ている部分を探すとおもしろく見られるような気がしてきました。

新しいトラクターも突然生まれたわけじゃなくて、エンジンも、部品も、それからそれらが組み上がったトラクターも、少しずつ変化しながら今の形があるわけですから、きっと新しいの古いの、似ているところが見つかるはずですよね!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/03/12/ganbaru/trackback/