代かきのまわりかたも色々・・・シロウト向けトラクター代かき講座2013

Mさんにトラクター操作を教えてもらうときにいつも「こうやって、こうやるんだよ・・・俺はね」って言われます。

人それぞれだって事なんですけど、今年、少し余裕があっていろいろ近所の人の代かきを見せてもらいました。

kubota GL261 スクエアな自作キャビンが個性的でイカしてます。こういうの好き。

スクエアな自作キャビンが個性的でイカしてます。こういうの好き。

(↑自作キャビンのお話はこちらのリンクで見てくださいね)

う〜〜〜ん・・・ホントだ! それぞれの理由、機械だったり、田んぼのようすだったり、性格だったり・・・なのでしょうけど、みんなやり方が違います。おもしろいなあ。

ちょっと来年から代かきの回りかた例を収集してみたいと思いました。

几帳面な自作派、Iさんの場合

というわけで、前にちょっと見せてもらいました。自作キャビン付きクボタGL261、几帳面でいつもきっちりしているIさんの代かきを見せていただきました。

ちょっと細長い田んぼで、いつも僕がやらせてもらっているMさんの田んぼとは形が少し違います。当然やり方も違ってなかなか興味深いです。

秘密兵器の「コテ」が出ているので、仕上の代かきだと思います。田んぼが長方形なのを生かして長手方向に走り、Mさんの田んぼとは違って、田んぼの端まできたときに止まらずターンしてしまいます。そのかわり端では二往復から三往復してターンの跡を消している感じ。

(遠くから見ているだけなので間違っているかもしれません)

わざわざ縦長にしたんですけど、どうもYOUYUBEは受け付けてくれないですねえ・・・カタに嵌められ、小さくなってしまいました。

考えてみると、まっすぐ走っている距離が十分長いので、止まらずにターンして長くなってしまった枕地(でしたっけ?)を二往復で消しても充分早く代かきは終るって寸法ではないでしょうか?

いつもの田んぼの場合

こちらの田んぼは形が真四角でないのと、横長なために走る距離が長く取れません。できるだけその距離を取るため、ギリギリまで代かきしたいがために田んぼの端で一旦止まってターンして、枕地(ですよね?)を短くしたいってことなのかなあ・・・でも、最後に二周するんだよな・・・

とにかく!やり方はたくさんあり、同じ場所で色々試してみない限りその違いは端から見るだけではわからない・・・ということがわかりました。

クボタGL261+自作キャビン・・・気持良さそうだなあ

クボタGL261+自作キャビン・・・気持良さそうだなあ

クボタGL261+自作キャビン・・・船みたいです

クボタGL261+自作キャビン・・・船みたいです

注意:これはシロウトが農作業をして「こういうもんなのかな?」と自分なりの理解を大げさに冗談も多分に交えて表現したものです。

農作業は地域の特性、個人の性格により、様々な作業法があり、正解がありません。

と、いうわけで未経験者の勝手な思い込みや勘違いがかなりの確立で含まれている可能性があります。

ネット上の内容については十分マユにつばを付け、参考にする場合でも妄信しないようにしましょう。

また、万が一の事故/損害に付いても消費者センターなどに電話しないようにしましょう。

注意:これはシロウトが農作業をして「こういうもんなのかな?」と自分なりの理解を大げさに冗談も多分に交えて表現したものです。

農作業は地域の特性、個人の性格により、様々な作業法があり、正解がありません。

と、いうわけで未経験者の勝手な思い込みや勘違いがかなりの確立で含まれている可能性があります。

ネット上の内容については十分マユにつばを付け、参考にする場合でも妄信しないようにしましょう。

また、万が一の事故/損害に付いても消費者センターなどに電話しないようにしましょう。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2013/05/16/hitosorezore/trackback/