いっときの喧騒も収まりつつあります(田植えはほぼ終わり)

PVアクセスランキング にほんブログ村

週末であまり人が来ないので、ダラっとしたことを・・・

つい一週間ほど前までは、朝5時頃からなんとなく人が動くような気配や機械の動く音が響いていたのですが、まわりは田植えがほぼ終わって静かな朝です。(もちろん、少しは残っていますけど)犬や鳥、猫などに比べてヒトは大きいからか、居て、活動するだけで周りの空気を動かし、その空気はそれ自体が震えて音を出したり近くの木や草を動かしたりして、その存在をあたりに知らせます。

すごいなあ・・・ニンゲンって僕自身も含めて存在するだけで騒々しい。ちょっと前に「人の気配って見えなくても、遠くからでもわかるんだなぁ」と思った帰還困難区域の風景のことを思い出してしまいます。

6年ほど前、常磐道が再開したときの映像です。たまたま通った高速は帰還困難区域を突き抜けています。
どんなに家が建ち並んでいても、人が住んでいないことは高速で走り過ぎただけでもわかるし、草木に覆われ、人や建物が見えなくても人の気配はわかる・・・ということにびっくりしたのでした。

静かな田んぼ

いくつか綺麗な鏡のままの田んぼが残っていますが、やるとしても朝早くからの作業はないのでしょう。静かな朝です。
いくつか綺麗な鏡のままの田んぼが残っていますが、やるとしても朝早くからの作業はないのでしょう。静かな朝です。

一週間前は真っ盛りでした

一週間前。朝からの様々さ作業で激しい動きがあった近所の田んぼ。田植えはなんとか終わったようで静かに空を映していました。
一週間前。朝からの様々さ作業で激しい動きがあった近所の田んぼ。田植えはなんとか終わったようで静かに空を映していました。次の日は天気が悪いとの予報。こんな日は西側の窓という窓がピンクに染まり、「何事か!」とびっくりします。
その翌日、雨が降ったり止んだりの不安定な天気。一瞬の晴れ間に水面がキラキラします。赤ちゃんの産毛を透かすように遠くはうっすらと稚苗の緑。
その翌日、雨が降ったり止んだりの不安定な天気。一瞬の晴れ間に水面がキラキラします。赤ちゃんの産毛を透かすように遠くはうっすらと稚苗の緑。

ところがそれが一週間もすると

いくつか綺麗な鏡のままの田んぼが残っていますが、やるとしても朝早くからの作業はないのでしょう。静かな朝です。
冒頭の写真に戻ります。

ホワッとした赤ちゃんの産毛のようだった苗が、たった一週間でおっさんのジョリジョリのヒゲみたいになりつつあります。可愛げがない・・・

遠くを透かして見ても緑が強く、苔か藻のような強い緑。ここ何日か雨が降りがちでした。まさに「ひと雨ごとに青くなっている」感じです。

僕はオカルト的に「肥料が空から降ってくるから青くなる」と、思っているんです。

小さな苗に必要な成分がこの時期の雨に含まれていて、そのためにたった一週間でヒゲジョリジョリになって今うのではないか?というこじつけです。
昔の映像なので画質が悪いです。

毎度のことですが、とりとめなくなってしまいました。仕事に戻ります。それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。