そういえば『自作機バンザイ』が完成していたのを忘れていました「これも撮りトラ」

2017年でしたか・・・以前FORD3000か4000トラクターを利用した自作機スプレーヤーを紹介しました。この時はまだ完成していなかったのですが、完成したスプレーヤーを翌年に見ていたのを忘れていました。せっかくなので紹介します。これも「撮りトラ」ですね!

こんな本格的な自作機でした

この時は動くものの配管などは繋がっていず、実際に稼働はしていませんでした。

当時のレポート

冬、農作業をできない時期があるとは思いますが、相当集中しないとできない仕事です。また、手で簡単な図面を引くとしてもほとんど頭の中で作ってしまっていると聞き、驚いたのを覚えています。

大きく姿は変わっていませんが、完成したすがたはこちら

以前は所々「これから仕上げるのかな?」と思えるような「仮」の部分も見受けられましたが、この時にはもう買ってきたようにできあがっていました。全く違和感がないです。
以前は所々「これから仕上げるのかな?」と思えるような「仮」の部分も見受けられましたが、この時にはもう買ってきたようにできあがっていました。全く違和感がないです。バランスがいいですよね!
薬剤タンクの上には使ってみて必要だったのでしょう・・・カゴが増設されています。こういったところも現役で働いている感じがします。
薬剤タンクの上には使ってみて必要だったのでしょう・・・カゴが増設されています。こういったところも現役で働いている感じがします。
配管もきれいにまとめられています。ここも商品のような感じ。「まっ、いいか」の妥協がありません。
配管もきれいにまとめられています。ここも商品のような感じ。

自分で作り使う場合は、多少気になるところがあってもその手間を考えて「まっ、いいか。使えてるから」と妥協してしまいそうですけど、そういうところがなくきっちりと作られています。(僕と比べて考えるのは失礼ですね・・・すみません・・・)

ブーム部分は当時から完成していたものの、さらにブラッシュアップされています。
ブーム部分は当時から完成していたものの、さらにブラッシュアップされています。
塗装もきっちりされているのにただ1つ未塗装なのはハンドル部分。想像するに、ここだけまだ気に入らずに試行錯誤中なのではないでしょうか?
塗装もきっちりされているのにただ1つ未塗装なのはハンドル部分。想像するに、ここだけまだ気に入らずに試行錯誤中なのではないでしょうか?

ハンドルの高さが合わず、朝顔ハンドル式にハンドルボスからハンドルの輪っかを持ち上げているのですが、そのつなぎ目だけまだ赤錆になっているのが見えます。

tractordata.comによるとFORD4000は1962年〜1975年4気筒2.8Lディーゼル55馬力/2200rpm。FORD3000は1962年〜1975年4気筒2.9Lディーゼル47馬力/2100rpmだそうです。
当時の写真です。ほんとうならハンドルポストを延長したいところなのだと思いますが、それでは膨大な手間がかかってしまいます。「それならハンドルだけでなんとかしてしまおう!」ということで、ハンドルのステーを延長して超朝顔式ハンドルに・・・逆転の発想・・頭の体操ですね!

他のところはきれいに塗装されているので、ここだけきれいにしないのはきっと本人が納得していず「なんとかしてやろう」と思っているに違いありません。

この時はもう暗くてちゃんとした写真が撮れませんでした。
この時はもう暗くてちゃんとした写真が撮れませんでした。このあたりも売っているクルマのようによくできていますよねぇ・・・
2000Lクラスのスプレーヤーとなると、もしかしたら1000万くらいになってしまうのかもしれません。それが中古部品と中古トラクターを組み合せて作るとどのくらいでできるのでしょう???
2000Lクラスのスプレーヤーとなると、もしかしたら1000万くらいになってしまうのかもしれません。それが中古部品と中古トラクターを組み合せて作るとどのくらいでできるのでしょう???(もちろん手間という問題はありますけど)

掛かったお金ベースだけならきっと1/5くらいでできるのでしょうね・・・考えたり作る時間も「楽しみ」と考えれば、楽しく安く必要なものができるわけでいいことづくめです。

仕事にこのような楽しみの要素が入るのっていいですよね!「自作機バンザイ」です。

ただ、「こういう機械が欲しい」となった時に、考えて作るところから始めなくてはならないので、実際に使う段階までに数年掛かっちゃったりする部分が辛いですけど・・・

同じようなことは車検の時にもありました。マットの上に乗せて重さを量ったり・・・
全くお金を生まず、何の役にも立たない「おにぎり」を作るよりはずっとずっと良いですけど・・・

今日は最後にブームスプレーヤーの写真を貼っておしまいです。それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。