「さなえ」誕生から17年後の1988年、「さなえ」は「sanae」になっていた。

愛称の話が続いています。時間がないというのに、この話題の根は色々なところに繋がっていてまとめきれません。全部書くととりとめがなくなってしまうので、キリの良いところで切りながら細々とやっていきます。

今日は1971年に「さなえ」が生まれ、「伊吹(ヤンマー)」「わかくさ(サトー)」「春風(クボタ)」「すくすく(三菱)」とフォロワーを生んだ田植機の愛称が、1988年にはどうなっていたか・・・というお話です。

1988年イセキPS20 SANAE25

農研機構の登録では1988年。イセキの「さなえ」は「SANAE」になっていました。

ネットで写真を探してきました。ひらがなの「さなえ」はこの写真では見当たらず、ローマ字表記に変わっています。
ネットで写真を探してきました。ひらがなの「さなえ」はこの写真では見当たらず、ローマ字表記に変わっています。

誕生から17年も経ち、時代が変わって「さなえ」はダサく感じられ、「SANAE」に改まったということなのでしょうか?

1987年三菱MP2マイレディ(MY LADY)

1970年代には「すくすく号」と名乗っていた三菱田植機。さすがに「号」は古すぎます。そこでやはり横文字表記できる「マイレディ」に変わっています。

こちらもネットで写真を探してきました。農研機構の登録では1987年の三菱田植機MP2です。この写真で見るかぎり、漢字やひらがなは見当たりません。そのまま輸出してもおかしくない外見となっています。
こちらもネットで写真を探してきました。農研機構の登録では1987年の三菱田植機MP2です。この写真で見るかぎり、漢字やひらがなは見当たりません。そのまま輸出してもおかしくない外見となっています。
さらにネットで写真を探しました。「マイレディ」小さくカタカナ表記でした。
さらにネットで写真を探しました。「マイレディ」小さくカタカナ表記でした。

1988年、クボタS1-45DS RAINBOW

「春風」「春風レインボー」「RAINBOW」とダサさを振り切ってきた17年。1988年のクボタ田植機の愛称は「RAINBOW」です。

ネットで探してきた写真です。農研機構1988年登録のクボタ田植機S1-45DS。イセキ、三菱と同じようにひらがなや漢字はこの写真を見る限り見当たりません。
ネットで探してきた写真です。農研機構1988年登録のクボタ田植機S1-45DS。イセキ、三菱と同じようにひらがなや漢字はこの写真を見る限り見当たりません。ノーズに小さく「RAINBOW」の文字が見えますね。

おそらくこのころは「さなえ」はともかく「太郎」や「耕太」は世の中的にカッコ悪い感じに変化していたのだと思います。それを敏感に嗅ぎ分け、愛称も少ししゃれた感じに変化していた・・・そんな風に思います。

1989年、ヤンマーの愛称は独自路線

世の中の流れは田植機に於いてもスカした横文字が主流。田植機の出そろった1970年代当時から「伊吹」「いちばん苗」などと安定していなかったヤンマー・・・1989年でも他社とは違う路線を歩んでいました。その名も「すこやか」

以前特集していました。「すこやか」今となっては歴史のある名前となっています。
これはどうだ!ヤンマー田植機Pe-4A、Pe-4ARです。これは思い切り「すこやか」って書いてあるゾ! 農研機構のサイトによれば1989年、平成元年登録です。
ヤンマー田植機Pe-4A、Pe-4ARです。カタログには「すこやか」って書いてあります。 農研機構のサイトによれば1989年、平成元年登録です。
ネットで写真を探してきました。Pe-4Aには見当たりませんでしたが、この1989年農研機構登録のPe-4には「すこやか」の文字が見えます。
ネットで写真を探してきました。Pe-4Aには見当たりませんでしたが、この1989年農研機構登録のPe-4には「すこやか」の文字が見えます。

「すこやか」を「SUKOYAKA」にすると「SAYONARA」のように、外国人が喋ってるようでおかしいですし、『「すこやか」はダサくない』という意識だったのだと思います。

もし、一周回ってダサカッコいい狙いならそれこそ「TAGOSAKU」とか「権兵衛」にしそうなものです。

なんすか?これ。 手植えの人達が並んでいます。ストレートに解釈すると、きれいどころが2人にとぼけたおじさん一人。おじさんの傘だけは破れていますね・・・ 新型田植機に目を見張る手植えをしなくてはならない女性に、「そんなの買えるわけねえべ」と考えるクールなおじさん・・・という意味でしょうか?
なんすか?これ。 手植えの人達が並んでいます。ストレートに解釈すると、きれいどころが2人にとぼけたおじさん一人。おじさんの傘だけは破れていますね・・・ 新型田植機に目を見張る手植えをしなくてはならない女性に、「そんなの買えるわけねえべ」と考えるクールなおじさん・・・という意味でしょうか?

田植機のカタログでこんな不思議なキャラクターを生み出すヤンマーですから、きっと他の会社には惑わされず、独自路線で行っていたのでしょう。

「さなえ」誕生から17年。1988年近辺では一世を風靡した人の名愛称も、他社の意図せぬ愛称のドミナント戦略にやられ、すっかり下火になっているのでした。

きょうはこんなところです。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。