『イタズラ』の後始末

このあたりの人が自然災害に使う言葉『イタズラ』。その『イタズラ』の後始末を見てきました。

 

畑とは思えない風景です。Sさん、大根とか、◯◯(忘れた)の種を播いたのにダメだわ・・・と言ってました。
畑にビッシリ積もったワラの除去です。

 

そのオクラ越しに県道を見ています。
右の県道に出る出入口は急すぎる上に、通りの激しい県道にワラを積み上げるわけにいかないので、少し離れた市道に積み上げる作業です。

 

運ぶのだけトラクター・・・あとは手作業

 

↑2分ほどの動画です

 

9時頃僕が行った時はもう、色の濃いところまでは作業が進んでいました。
9時頃僕が行った時はもう、色の濃いところまでは作業が進んでいました。

 

と、見回していたら、島地区の揚水機場のフェンスが倒れているのを発見。
ワラの積もった畑は揚水機場に面しているのですが・・・

 

機場のフェンスに最大水位のラインに沿ってワラがきれいに引っ掛ってたなびいています。
機場のフェンスに最大水位のラインに沿ってワラがきれいに引っ掛ってたなびいています。

 

キャリイダンプというのでしたっけ?それにワラを積んで・・・
キャリイダンプというのでしたっけ?それにワラを積んで・・・

 

フェンス沿いに長い距離を走り・・・
フェンス沿いに長い距離を走り・・・

 

仮置場にもある程度のワラが積み上げられています。
仮置場にワラを積み上げるという作業です。

 

ワラ自体はそんなに重くないですが、魚の腐ったような匂いもしますし、量が量だけに気が遠くなるような作業。
ワラ自体はそんなに重くないですが、魚の腐ったような匂いもしますし、量が量だけに気が遠くなるような作業。

 

年長者のMさん、お気持ちはわかります。
年長者のMさん、お気持ちはわかります。

 

その畑のオクラもこんなことに・・・その畑のオクラもこんなことに・・・
こうなってしまったオクラも・・・

 

刈払機で刈り倒されています。オーナーのSさんは、「このあたりの野菜は全く市場に出てないんじゃないか?」と言います。
刈払機で刈り倒されています。オーナーのSさんは、「このあたりの野菜は全く市場に出てないんじゃないか?」と言います。

 

ワラをかぶっていたアスパラはホワイトアスパラになっていました。
ワラをかぶっていたアスパラはホワイトアスパラになっていました。

 

ワラをどかして出てきた土部分なのですが、段差になっているのがわかるでしょうか?直前にトラクターで耕うんした部分がそっくり流された痕だそうです。柔らく、ほかほかに耕された土は遠くに流れて行ってしまい、トラクターに踏み固められた固い部分が残っているのだそうです。
ワラをどかして出てきた土部分なのですが、段差になっているのがわかるでしょうか?直前にトラクターで耕うんした部分がそっくり流された痕だそうです。柔らく、ほかほかに耕された土は、遠くに流れて行ってしまい、トラクターに踏み固められた固い部分が残っているのだそうです。

 

僕は最後までいませんでしたが、丸一日かかったのではないでしょうか? このようなところがあと何カ所かあるようです。

 

きょうはこんなところです。また明日!

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。