トラックに乗っている姿をよく建機と間違える、サンシャインワールド、クボタM6950DT・・・「撮りトラ」

今日は北海道の中古機械屋さんで見た、クボタトラクターM6950DT「撮りトラ」です。

僕の住んでいるあたりでもこのクラスをトラックに載っている姿で見ることがあるのですが、いつも建設機械と見間違えてしまいます。色が黄色っぽいし、四角いからかなあ・・・

クボタトラクター、M50シリーズM6950は、TractorData.comによれば1983年〜1993年で、Kubota V4300-2A 4リッター4気筒ディーゼルで71馬力/2400rpmだそうです。
クボタトラクター、M50シリーズM6950は、TractorData.comによれば1983年〜1993年で、Kubota V4300-2A 4リッター4気筒ディーゼルで71馬力/2400rpmだそうです。
クボタトラクター、M50シリーズM6950は、TractorData.comによれば1983年〜1993年で、Kubota V4300-2A 4リッター4気筒ディーゼルで71馬力/2400rpmだそうです。
オデコが四角いFORDみたいに前に突き出していて、横から見るとそのシルエットはオレンジのFORDといった趣・・・でも独自の顔でカッコいいです。

先日のDREAM21ことM7530DTに比べると、こちらのほうが馬力は少し小さいのですが、機体は一回りもふたまわりも大きく見えます。

クボタトラクター、M50シリーズM6950は、TractorData.comによれば1983年〜1993年で、Kubota V4300-2A 4リッター4気筒ディーゼルで71馬力/2400rpmだそうです。
M6950DT このケガをするほど尖って突き出したオデコ。これがいいんですねえ・・・
クボタトラクター、M50シリーズM6950は、TractorData.comによれば1983年〜1993年で、Kubota V4300-2A 4リッター4気筒ディーゼルで71馬力/2400rpmだそうです。
現在は「黒くて強そう」と、HPでも謳っているグレイタスローダも当時はオレンジに塗られていたのでしょうか・・・
クボタトラクター、M50シリーズM6950は、TractorData.comによれば1983年〜1993年で、Kubota V4300-2A 4リッター4気筒ディーゼルで71馬力/2400rpmだそうです。
このグレイタスローダがついているから大きく見えるというのもあるのかな? 細かいラインの入ったシルバーのアクセント。このあたりはオレンジ/シルバーのマッセイファーガソンみたいにもみえます。

クボタトラクター、M50シリーズM6950は、TractorData.comによれば1983年〜1993年で、Kubota V4300-2A 4リッター4気筒ディーゼルで71馬力/2400rpmだそうです。
建設機械みたいにみえるポイントは、この屋根にあるのかもしれません。わりとさくっとしたパイプでできている支柱に、アクリルがインシロックで無造作に留められています。
クボタトラクター、M50シリーズM6950は、TractorData.comによれば1983年〜1993年で、Kubota V4300-2A 4リッター4気筒ディーゼルで71馬力/2400rpmだそうです。
こんな場所によく見かけるウインカースイッチが付いています。
クボタトラクター、M50シリーズM6950は、TractorData.comによれば1983年〜1993年で、Kubota V4300-2A 4リッター4気筒ディーゼルで71馬力/2400rpmだそうです。
グレイタスローダのアームの隙き間から、四角い目がのぞいています。
トラックに乗っている姿をよく建機と間違える、サンシャインワールド、クボタM6950DT・・・「撮りトラ」
むむむ
クボタトラクター、M50シリーズM6950は、TractorData.comによれば1983年〜1993年で、Kubota V4300-2A 4リッター4気筒ディーゼルで71馬力/2400rpmだそうです。
Sunshine WORLD サンシャインワールドって書いてある・・・サンシャインは世界に進出していたんだ・・・ということはモンローマチックなどがついていない、シンプル機能なのかな・・・
クボタトラクター、M50シリーズM6950は、TractorData.comによれば1983年〜1993年で、Kubota V4300-2A 4リッター4気筒ディーゼルで71馬力/2400rpmだそうです。
ヘッドランプはこの時期のクボタトラクターに共通なIMASEN ELECTRICです。
クボタトラクター、M50シリーズM6950は、TractorData.comによれば1983年〜1993年で、Kubota V4300-2A 4リッター4気筒ディーゼルで71馬力/2400rpmだそうです。
車体に似合わずわりと小さめなタイヤ。

クボタトラクター、M50シリーズM6950は、TractorData.comによれば1983年〜1993年で、Kubota V4300-2A 4リッター4気筒ディーゼルで71馬力/2400rpmだそうです。

クボタトラクター、M50シリーズM6950は、TractorData.comによれば1983年〜1993年で、Kubota V4300-2A 4リッター4気筒ディーゼルで71馬力/2400rpmだそうです。
顔がちょっとしか見えないのが残念!

サンシャインワールド、クボタM6950DT・・・もうちょっと続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“トラックに乗っている姿をよく建機と間違える、サンシャインワールド、クボタM6950DT・・・「撮りトラ」” への2件の返信

  1. 働く車が好きな私としては、やっぱりトラクターは四角い方が「働く車」感がありカッコイイですねぇ…

    現代の風力を考慮しました風のスタイリッシュなキャビンの屋根などもカッコイイんですけど、カクカクで機能美を優先?した無骨な車体も現代においては逆にカッコイイと思っています。

    それにしても、馬力相応に太いマフラーですが、車体が大きく見える為か、画像だとなんだか短く見えますね。
    風向きによっては、排気のススが運転者へ流れていきそうです

    1. shiroemodonさん おはようございます

      カクカクマシン、今でもカッコいいですよね

      それにしても、馬力相応に太いマフラーですが、車体が大きく見える為か、画像だとなんだか短く見えますね。
      風向きによっては、排気のススが運転者へ流れていきそうです

      確かに横から見た絵などは「もしかしたら切っちゃったのかも」と、思わせるくらいずいぶん短くみえますよね
      少なくとも運転中は常に排気が視界に入っていそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。