1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 26

■トラクタに望まれるすべての機能を完全に果たす!! ←強い言葉!シバウラトラクタ総合カタログ

今日は「昔のカタログシリーズ」、トラクター狂さんが全国のシバウラファンのために、S30DのカタログS−1500のカタログに続き秘蔵のカタログ、1970年(昭和45年)の『シバウラ《農用》トラクタ 総合カタログ』を公開してくれました。

 

トラクター狂さん、いつもありがとうございます!

 

■トラクタに望まれるすべての機能を完全に果たす!! シバウラ《農用》トラクタ 総合カタログ

■トラクタに望まれるすべての機能を完全に果たす!!
シバウラ《農用》トラクタ 総合カタログ

 

会社の販売のおじさんたちが頭を付き合わせてコピーなどを考えていた・・・と以前僕が想像した1970年代のカタログです。表紙担当の人と各車種担当の人とは別の人だったりするんです。きっと。

 

ですから、漢字にするかひらがなにするか、文にするか箇条書きにするか、等々・・・コーナーによって違いがあって興味深いんです。

 

望まれるすべての機能を完全に果たす!!・・・通常あまり使わない言葉遣いです。カタログとしてこれほど強い表現は初めて見たような気がします。

 

こちらはソフトな語り口で「シバウラトラクタは機械化農業を一貫して解明した信頼出来る働き手です」とタイトルを打っています。

こちらはソフトな語り口で「シバウラトラクタは機械化農業を一貫して解明した信頼出来る働き手です」とタイトルを打っています。

 

タイトルは柔らかいですが、下のほうの文章は逆に固い感じ、でも当時の背景が簡単にまとめられています。

 

農業基本法の制定により、構造改善事業など政府の諸政策が著しく進展し、乗用トラクタを主とした造成、土壌改良、耕起から収穫、運搬に至る迄の能率化が強く望まれる今日、シバウラトラクタはこれに答える草分けメーカーとして20年に及ぶ長い貴重な経験を基礎とし日本農業の特殊案件を十分検討し設計されたもので、その特長とする所(馬力当りの重量が軽く、地上の間隔が大きく、本輪の巾がせまい、重心が低く安定性がよい、プルトロール装置等シバウラ独特の装置で軽量に比し強大なけん引力を有する等・・・・・・・)でも御分りの様に真にわが国の農作業にあった独創的な最新式汎用トラクタです。10馬力クラスから30馬力クラス迄、各種取揃えて皆様の御用命を御待ち申し上げて居ります。

 

農業機械化促進法が1953年、1961年に農業基本法が制定され、きっとトラクターが大きな農家から小さな農家まで売れる下地が揃ったのでしょう。

 

それに合わせトラクターも大きいのから小さいものまで、ある程度のラインナップが揃って「総合カタログ」なるものができた・・・ということなんでしょうね。

 

一番最初に出てくるこのS-900。コピーは結構力が入っています。

一番最初に出てくるこのS-900。コピーは結構力が入っています。

 

S-900 中形ホイール19PS

 

■特長■

 

  1. 軽量高出力でねばり強い4サイクル2気筒、水冷ディーゼルエンジンを搭載しておりますので燃費も安く、総重量もきわめて軽く、特に湿田において高性能を発揮します。

  2. 小型でありながらゆったりとした乗り心地で使いやすく長時間の作業にも疲れません。

  3. グリースアップの必要個所がごくわずかな個所で済む等手がかかりません。

  4. 車軸、ブレーキ、その他各部は完全密閉式であり長時間の代かき作業等においても耐水性は抜群です。

  5. 自動もどり装置の他にメカニカルポジション装置つきの油圧機構は、操作が簡単であり作業もしやすくなっています。

  6. PTO変速は3段で、専用ロータリを装着した場合、爪軸は6段変速がレバーのみで可能であり、広範囲にわたるきめ細かいロータリ作業ができます。

  7. スリップ防止のデフロックつきであるため軟弱な圃場でもフルに牽引力を発揮できます。

  8. エンジン回転計、積算時間計、速度計、水温、油圧、充電、等の計器が標準装備で運転状態が一目でわかります。

  9. 三点ヒッチは規格のⅠ形ですから、中形トラクタの作業機はすべて取付きます。また、豊富な作業機アタッチメントが用意されています。

  10. 交流ダイナモを装備しているため低速回転数でもバッテリーはチャージします。

 

エンジンはちょっと読みにくいのですがLE802水冷ディーゼル904cc19PSとなっているみたいです。

 

 

まずはS30Dの特長で「軽量なSRT-6Aロータリ及SRT-6Kロータリは軽量強馬力のトラクタとマッチして40-50馬力級の仕事をします。」といわれている、SRT-6Aの写真。

シバウラS30D用のロータリーの写真。

 

これがハイ/ロー切り替え部分。

これにはハイ/ロー切り替えレバーが付いています。S-900の説明部分、6.の『爪軸は6段変速がレバーのみで可能であり、広範囲にわたるきめ細かいロータリ作業ができます。』というところは、S30Dのロータリーのようにロータリー側の変速を使ってPTOの3速と組み合せ、6速の変速ができるという意味なんでしょうねえ・・・

 

こちらのページはS-1100とS-1200が載っています。この特長を書いた人はS-900の書き手とは別の人だと思われます。

こちらのページはS-1100とS-1200が載っています。この特長を書いた人はS-900の書き手とは別の人だと思われます。

 

S-1100 中形ホイール20PS

■特長■

定評有るS-17形を基調に製作したもので

  • 軽量、強馬力、耐久力大の水冷ディーゼル搭載、燃費もこのクラス最少の195g/ps-h

  • 強力バッテリーとスモークセット解除装置で冬季でも一発始動

  • 重心が低く、前後のバランスが最良に取ってあります。

  • オートリターン装置で油圧操作は簡単。

  • ポジションコントロールで代搔、整地に便利。

  • シバウラ独特のプルトロール装置で軽量の割に強大なけん引力を発揮します。

  • 重量が軽く回転半径が小さい。

  • 轍間距離は広範囲に調節できます。

 

エンジンは型番が大分違うKE35-33水冷ディーゼル1100cc20PS/2600rpmのようです

 

S-900の特長が文章になっているのに対してS-1100は箇条書きです。語尾が「あります。」「できます。」というのがあったり、「簡単。」「便利。」と止まっているものがあったりと揺れ動いている感じが人間臭くていいです。

 

でも、スモークセット解除装置ってなんだろう???

 

そしてS-1200では・・・

 

(さらに…)

シバウラ祭りは続く・・・シバウラトラクターS1500「昔のカタログ」

トラクター狂さんがシバウラトラクターS-30Aのカタログ、そしてシバウラトラクターS30Dのカタログに続き、シバウラトラクターS1500のカタログを送ってくれました。

というわけで今日は「昔のカタログシリーズ」です。いつもありがとうございます。おかげで楽しめます!

 

シバウラS1500(25PS)カタログの表紙です。もう現在のカタログと比べても技法的には変わりのないもの。年代としては最後に49.4とありますから昭和49年4月のものなのでしょう。ということは1974年。これ以前のカタログが会社のおじさんたちが頭を付き合わせて作っていたとしたら、それが「プロの手」に渡ったのだな・・・と感じられます。

シバウラS1500(25PS)カタログの表紙です。もう現在のカタログと比べても技法的には変わりのないもの。年代としては最後に49.4とありますから昭和49年4月のものなのでしょう。ということは1974年。かなり進化している感じがします。

 

裏のナンバーから、1968年のものではないかと僕的には推察しています。ただ、当時の印刷物にしてはかなり鮮明で、フォントなどもマトモです。もしかしたらもう少し新しいものか、もしくは当時の最新技術を使って相当力を入れたものだったのか、なかなか判断がつきません。

こちらはS-30Aの表紙。裏のナンバーから、1968年のものではないかと僕的には推察しています。カタログというよりは雑誌の記事という感じです。S1500の表紙とはかなり違いますね。

 

あっさりとしたS-30Aのカタログ表紙に比べると少しカラフル。7馬力もアップの37馬力と大きく書いてあります。しかし、顔以外は大きく変わった部分は無いようにも見えます。

こちらはS30Dの表紙。あっさりとしたS-30Aのカタログ表紙に比べると少しカラフル。これはかなりアヤシイのですが昭和47年、1972年あたりのものかもしれません。

 

追記:S30Dが昭和47年、1972年あたりのものということの補強にS30Dの検査合格証票をいただきました。

 

読みにくいですが、S47.4という文字が見えます。

読みにくいですが、S47.4という文字が見えます。

 

見開きのページがあります。「新しい農業を先取りするシバウラ農業機械。」「たくましいパワー。余裕を生むハイメカニズム。」

見開きのページがあります。「新しい農業を先取りするシバウラ農業機械。」「たくましいパワー。余裕を生むハイメカニズム。」「ゆとりのパワーで快適運転・エンジン」「作業に合わせた最適な車速・ミッション」「ぴたりときまるポジション機構・油圧機構」等々、キャッチーな言葉が踊っています。以前のカタログとはガラッと印象が違います。

 

以前は機能を懸命にアピールするあまり「整地代掻に威力を出します。」とか「トレーラー作業にもってこいです。」とか「クラッチと無関係に作動するので至便です。」などと、微妙な言い回しだったのに比べ破綻がありません。

(あ!僕の書くことにメチャクチャ破綻があるのは置いておいてくださいね!)

S30Dまでは会社の営業のおじさんたちが頭を付き合わせて作っていたとしたら、それが1970年あたりを境にカタログ作りは「プロの手」に渡ったのではないかな・・・と感じています。

 

写真を回り込んだテキストがあったり、図なども挿入されて、今のカタログと全然変わりません。

写真を回り込んだテキストがあったり、図なども挿入されて、今のカタログと全然変わりません。親切設計という概念、この頃からあったんですね。ラジエターネットのことなどを訴えています。

 

最後のページは主要諸元と四駆のことが書いてあります。

最後のページは主要諸元と四駆のことが書いてあります。-0がつくと四輪駆動モデルになるんでしたっけね。

 

ここでも親切に写真で説明しているのが目を引きます。わざわざ障害物に乗り上げたりして写真を撮ったんですねえ・・・特に注目なのは一番右の写真。

 

こんな写真見たことがありません。トラクターの裏側から撮ってます。ダイナミックな写真ですねえ・・・

 

CGじゃない証拠に(あたりまえですが)つっかえ棒らしきものが真ん中から下へ写っています。実写です。気合いというか、意地というか、伝えようとする馬力を感じます。

<span style=”font-size: x-large;”><!–more–></span>

 

最後に仕様表を一部書き写して今日は終わりにします。

 

型式名  S1500

車種   小型特殊自動車

全長   2565mm

全巾   138?5mm

全高   1380mm(ハンドル上端まで)

 

中略

 

前輪   5.00-15 4PR

後輪   11.2/10-24 4PR

車体重量   1060kg(ロータリなし)

エンジン形式 シバウラLE852(読みにくいので不確かです)

種類     4サイクル水冷立形ディーゼル

気筒数    2気筒

総行程容積  1272cc(読みにくいので不確かです)

出力     25PS/2500rpm

 

後略

 

ではまた明日!

 

いろいろ情報をいただいたので追記します。

 

Facebookで写真とコメントをいただきました。

 

シバウラS1500実機

 

シバウラS1500の実機の写真だそうです。

シバウラS1500の実機の写真だそうです。

 

S-1500と書いてあるのが読めますよね。

S-1500と書いてあるのが読めますよね。

 

シバウラS150実機

 

こちらはなんとS1500ではなくS150だそうです。

こちらはなんとS1500ではなくS150だそうです。

 

何だか区別がつきませんね・・・

何だか区別がつきませんね・・・四駆です。

 

ちゃんとS150と書いてあります。エンジンはシバウラ製LE892 25馬力。

ちゃんとS150と書いてあります。エンジンはシバウラ製LE892 25馬力。コメントによれば、国内初の4WDがこの型式のシバウラだったそう。エンジン音は2気筒にしては、柔らかく静な印象とおっしゃっています。上のほうのカタログではS1500-0の四駆が出ていますが、これよりゼロが一つ少ない前の型で既に四駆が完成していた・・・ということになりますね。Sの3ケタ、2ケタのS30Dが昭和47年、1972年とすると四駆ができたのはそれより後。1976年にはもう4ケタのSDシリーズが登録されていますから、初四駆は限定されてきます。おそらくそれは1972年中か1973年ころこのことではないでしょうか?

 

S150のエンジンです。

S150のエンジンです。

 

S150の油圧レバー。昔ローダー付きだったらしくロアリンクと外部油圧切り返レバーがあります。ロアリンクの方から油圧をとることが多い中、外部油圧切り返レバーがあるのは珍しいそうです。殆

S150の油圧レバー。昔ローダー付きだったらしくロアリンクと外部油圧切り返レバーがあります。ロアリンクの方から油圧をとることが多い中、外部油圧切り返レバーがあるのは珍しいそうです。

 

フトパターン。L.M.Hです。3速ありますから、組み合せると9速ということですか?

フトパターン。L.M.Hです。3速ありますから、組み合せると9速ということですか?

 

S150のインパネ。

S150のインパネ。

シバウラS15D実機

 

そしてこちらは見分けがつきませんがS15Dだそうです。

そしてこちらは見分けがつきませんがS15Dだそうです。

 

銘板を見ないとわかりませんね。

銘板を見ないとわかりませんね。

 

以上のことから不確実ながら、シバウラS-30A(1968年)S30D/S15D(1972年)S150(1972〜1973年)S1500(1974年)と大体の並びが見えてきました。

 

もっと資料を集めて年表を作りたいですよね!

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • トラクターのシートに注目!ドイツD40L・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (noraより[06/17]) 六郎田一馬さん おは
  • クボタの中心?たくさんのバリエーション!スラッガーSL24/SL35/SL54/SL60「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[06/17]) H2さん おはようご
  • なんとシバウラのフルクローラ!シバウラK-20「昔のカタログ」へのコメント (noraより[06/17]) H2さん おはようご
  • 色々工夫して使いやすく・・・マッセイファーガソンMF135・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (noraより[06/17]) やすひろさん おはよ
  • ちょっとエイジングが効きすぎ?サーモンピンクのクボタSMZ95パワクロ「撮りトラ」へのコメント (noraより[06/17]) 野良犬さん おはよう
  • 小さいキカイも手を(外観に?)抜かない。ヤンマー管理機いろいろ@ダイナミックフェア2017へのコメント (noraより[06/17]) 野良犬さん おはよう
  • トラクターのシートに注目!ドイツD40L・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (六郎田一馬より[06/16]) こんにちは。d40l
  • インパネに付く謎の部品。これは?気になる(継続調査中)シバウラSE7340T「撮りトラ」へのコメント (noraより[06/07]) 発動機のシャチさん 
  • インパネに付く謎の部品。これは?気になる(継続調査中)シバウラSE7340T「撮りトラ」へのコメント (発動機のシャチより[06/07]) これはエアクリーナの
  • インパネに付く謎の部品。これは?気になる(継続調査中)シバウラSE7340T「撮りトラ」へのコメント (noraより[06/07]) 伊藤産業機械(株)さ
  • インパネに付く謎の部品。これは?気になる(継続調査中)シバウラSE7340T「撮りトラ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[06/07]) これはやはり燃料フィ
  • クボタの中心?たくさんのバリエーション!スラッガーSL24/SL35/SL54/SL60「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (H2より[06/05]) 社史ともいえた、クボ
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[06/05]) noraさんhoka
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[06/03]) hokkaidouj
  • クボタの中心?たくさんのバリエーション!スラッガーSL24/SL35/SL54/SL60「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[06/03]) H2さん こんばんは
  • クボタの中心?たくさんのバリエーション!スラッガーSL24/SL35/SL54/SL60「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (H2より[06/03]) いまトラクターの発売
  • なんとシバウラのフルクローラ!シバウラK-20「昔のカタログ」へのコメント (H2より[06/02]) 三菱のGCR1380
  • 共立背負動散DM-9・・・「古いキカイ」へのコメント (noraより[05/26]) Dois mesmo
  • 共立背負動散DM-9・・・「古いキカイ」へのコメント (Ozielより[05/26]) Eu encontr
  • 色々工夫して使いやすく・・・マッセイファーガソンMF135・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (やすひろより[05/21]) かなり遅い返事でスミ
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械