Homeに戻る > これもダイヤカッティングボンネット?クボタトラクターB8200HST 4WD「撮りトラ@クボタサマーフェア」

これもダイヤカッティングボンネット?クボタトラクターB8200HST 4WD「撮りトラ@クボタサマーフェア」

今日は先日、Nさんに連れて行ってもらった、クボタ筑波工場で行われた、関東甲信越クボタグループの「クボタサマーフェア」の駐車場で入口付近で見たクボタトラクターB8200HST「撮りトラ」です。

tractordata.comによると、B8200HST(4WDなのでB8200HST-D)は1983年〜1990年、水冷3気筒0.9L19馬力/2600rpmとなっています。当時の価格は四駆のHST(B8200HST-D)で$11,400 。

tractordata.comによると、B8200HST(4WDなのでB8200HST-D)は1983年〜1990年、水冷3気筒0.9L19馬力/2600rpmとなっています。当時の価格は四駆のHST(B8200HST-D)で$11,400 。

細い目が個性的です。このタイプのヘッドランプは非常に珍しい・・・でも、この目、どこかで見たことがあります。

そう!昔のカタログで見たんだ!

『カタログの写真は商品の「世界観」を表す。クボタ サンシャインJr.B1600DT「昔のカタログ」』
『ダイヤ・カッティングボンネット!クボタ サンシャインJr.B1600DT「昔のカタログ」』

ブルトラなのにサンシャイン、昔のカタログシリーズで見た、サンシャインジュニアB1600DTと同じ目だ!

クボタトラクターサンシャインJr.(ジュニア)B1600DTは、農研機構の登録によれば1978年。クボタの角目としてはパイオニアなのではないでしょうか。ちょっと読みにくいのですが、水冷3気筒4サイクルディーゼル927cc、16馬力/2500,rpmとカタログのスペックに書いてあるように読めます。

クボタトラクターサンシャインJr.(ジュニア)B1600DTは、農研機構の登録によれば1978年。クボタの角目としてはパイオニアなのではないでしょうか。ちょっと読みにくいのですが、水冷3気筒4サイクルディーゼル927cc、16馬力/2500,rpmとカタログのスペックに書いてあるように読めます。

tractordata.comによると、B8200HST(4WDなのでB8200HST-D)は1983年〜1990年、水冷3気筒0.9L19馬力/2600rpmとなっています。当時の価格は四駆のHST(B8200HST-D)で$11,400 。

こちらはB8200HST。同じ顔に見えませんか? 大きな数字なので82馬力なのかと思いきや19馬力だし、エンジンもサンシャインジュニアと同じ排気量っぽいです。

クボタトラクターサンシャインJr.(ジュニア)B1600DTは、農研機構の登録によれば1978年。クボタの角目としてはパイオニアなのではないでしょうか。ちょっと読みにくいのですが、水冷3気筒4サイクルディーゼル927cc、16馬力/2500,rpmとカタログのスペックに書いてあるように読めます。

再びサンシャインジュニアのカタログに戻り、脇の小さな機能説明。よくみると・・・

●前方視界がグンと広くなった「ダイヤ・カッティングボンネット」と書いてあります!

ダイヤ・カッティングボンネット・・・ちょっと時間がかかりましたが、こういうことだろうな・・・と想像できます。

前方視界を確保するためにボンネットをブリリアントカット・・・こういうことだろうな・・・と想像できます。

tractordata.comによると、B8200HST(4WDなのでB8200HST-D)は1983年〜1990年、水冷3気筒0.9L19馬力/2600rpmとなっています。当時の価格は四駆のHST(B8200HST-D)で$11,400 。

ボンネット形状は機種名左のスリットが、B1600DTが2列2行なのに対し、B8200HSTのほうが2列3行なのを除いて同じように見えます。

tractordata.comによると、B8200HST(4WDなのでB8200HST-D)は1983年〜1990年、水冷3気筒0.9L19馬力/2600rpmとなっています。当時の価格は四駆のHST(B8200HST-D)で$11,400 。

これもダイヤカッティングボンネットではないでしょうか? サンシャインジュニアが1978年に生まれ、このB8200(多分輸出仕様)ができるのに数年かかったとすれば、1983年〜という販売期間についてもつじつまが合います。

tractordata.comによると、B8200HST(4WDなのでB8200HST-D)は1983年〜1990年、水冷3気筒0.9L19馬力/2600rpmとなっています。当時の価格は四駆のHST(B8200HST-D)で$11,400 。

ボンネットついでにここも・・・HSTの略の解答が書いてあります。Hydric Static T・・・は? 書いてない・・・Transmissionですかね、やっぱり。

tractordata.comによると、B8200HST(4WDなのでB8200HST-D)は1983年〜1990年、水冷3気筒0.9L19馬力/2600rpmとなっています。当時の価格は四駆のHST(B8200HST-D)で$11,400 。

四駆でHST。つまり全部付き。

tractordata.comによると、B8200HST(4WDなのでB8200HST-D)は1983年〜1990年、水冷3気筒0.9L19馬力/2600rpmとなっています。当時の価格は四駆のHST(B8200HST-D)で$11,400 。

もう一つ気にるのはここ。モチロン細い目は気になるのですが(でも無銘)、眉間のバッジ。これは見たことがありません。(当社比)

確かサンシャインジュニアは、ブルトラの牛さんバッジだったはずです。

こちらもネットで探した写真。こちらのB1600のマフラーは天突きタイプ。木田さんのおっしゃるようにブルトラの後継機らしく「ブル」のマークが・・・これってまったく一緒じゃないかしら?

ネットで探したB1600DTの写真。ブルトラの後継機らしく「ブル」のマーク。

拡大してみます。

拡大してみます。

クボタB7001トラクタ ブルトラ エンジン形式 D750 水冷4サイクル3気筒ディーゼル 最高回転数 3000rpm 出力14ps/2800rpm 変速 前進6段 後進2段 PTO3速

こちらはブルトラB7001のバッジ。ちょっと形状は違いますが牛さんマーク。

これもネットで探した写真です。全く同じ芝刈り機仕様なのに、眉間のマークは牛さんマーク。

これもネットで探した写真です。全く同じ芝刈り機仕様なのに、眉間のマークは牛さんマーク。

tractordata.comによると、B8200HST(4WDなのでB8200HST-D)は1983年〜1990年、水冷3気筒0.9L19馬力/2600rpmとなっています。当時の価格は四駆のHST(B8200HST-D)で$11,400 。

さきほどの僕の見たB8200HST-Dの写真をもう一度・・・

バッジを拡大してみます。「歯車&久」のマーク、こんな風に後光が射しているタイプ、初めて見たなあ・・・それとも忘れちゃってるだけかな? (忘れっぽいんです)

バッジを拡大してみます。「歯車&久」のマーク、こんな風に後光が射しているタイプ、初めて見たなあ・・・それとも忘れちゃってるだけかな? (忘れっぽいんです)

残りの写真です。何か書いてあるかな・・・という感じで撮ったのですが、B8200Dとあります。

残りの写真です。何か書いてあるかな・・・という感じで撮ったのですが、B8200Dとあります。

tractordata.comによると、B8200HST(4WDなのでB8200HST-D)は1983年〜1990年、水冷3気筒0.9L19馬力/2600rpmとなっています。当時の価格は四駆のHST(B8200HST-D)で$11,400 。

メータが見たくて何となく撮りました。ただ、倒されたシートの陰になってはっきりとは写ってないです。

ちょっと悔しいのでネットで同じような写真を見つけてきました。左右にメーター一つずつ。黒いパネルがオシャレ!

ちょっと悔しいのでネットで同じような写真を見つけてきました。左右にメーター一つずつ。黒いパネルがオシャレ!

今日も尻切れとんぼでおしまいです。さようなら。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/08/22/kubota_tractor_b8200hst_4wd/trackback/