Homeに戻る > YM2700R「撮りトラ」

YM2700R「撮りトラ」

今日は北海道の中古ヤードでandoさんやhokkaidoujinさんと見た、ヤンマートラクターYM2700「撮りトラ」です。

今日は写真が二枚しかないのでささっと行きます。

YM2700R・・・農研機構の登録を検索してみたんですけど、YM2500RとYM3000Rが1976年に登録されているのですが、YM2700Rは見つかりませんでした。でも、前後の関係からきっと同じ1976年と考えて良いように思います。馬力は・・・27馬力なのかなあ・・・

YM2700R・・・農研機構の登録を検索してみたんですけど、YM2500RとYM3000Rが1976年に登録されているのですが、YM2700Rは見つかりませんでした。でも、前後の関係からきっと同じ1976年と考えて良いように思います。馬力は・・・27馬力なのかなあ・・・

YM270。顔もYM273と似ているし、数字の法則性を考えると、このYM270は20馬力と考えるのが妥当ですよね?

同じ場所で見たYM270とそっくり!目がありませんけど。

目といえばYM2700R、ヘッドランプを拡大してみてびっくり!ヤンマーのロゴの付いたオリジナルヘッドランプが付いています。

目といえばYM2700R、ヘッドランプを拡大してみてびっくり!ヤンマーのロゴの付いたオリジナルヘッドランプが付いています。

ヤンマーでランプも作り始めたのか! と思ったら、下にSTANLEYの文字が・・・わざわざヤンマーのロゴを入れてもらっていたんです。

ヤンマーでランプも作り始めたのか! と思ったら、下にSTANLEYの文字が・・・わざわざヤンマーのロゴを入れてもらっていたんです。

トラクターも完全に国産になったと思われる1970年代後半、わざわざコストを掛けてヤンマーの銘を入れるなんて、今度は全て自前で作りたくなっちゃったのでしょうか・・・

なんだか大きな会社って、自前主義が強い感じがしますよね。

YM2700R・・・農研機構の登録を検索してみたんですけど、YM2500RとYM3000Rが1976年に登録されているのですが、YM2700Rは見つかりませんでした。でも、前後の関係からきっと同じ1976年と考えて良いように思います。馬力は・・・27馬力なのかなあ・・・

塗装などオリジナルなのかな?と思わせるような状態の良さ。きっと大事にされていたんでしょうね。

でも、ここで見たのはYM270です。古すぎて農研機構のWEBサイトにも載っていません。お!2気筒なんですね!

何度も同じことを言っちゃいますけど、同じ場所で見たYM270とそっくり。程度も同じくらい良くて、この二台のオーナーは同じ人だったんじゃないかな・・・などと想像が膨らみます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

この中古ヤード行って見たいです…

私にとっては「夢の国」ですね(笑)

製造はYM2500・3000より古く、昭和47年頃だと思います。

〜YM2700の特徴〜(機械化農業72年5月号より)

①高出力ディーゼルによるダイナミックパワーと、大径タイヤで牽引力に優れ、機体バランスもあらゆる作業機のセットを考慮した設計。

②クランク軸受には中間軸受があり、タワミ少なく耐久力大。総密閉型。

③作業機の脱着はJIS規格のカテゴリーI、3点ヒッチ、3本のピン操作で脱着簡単。

④作業機昇降油圧装置は、レバー操作だけで作業機が望みの位置に保持できるヤンマー独自のポジションコントロール方式。下降速度を変えるスローリターンバルブ付。

⑤枕地耕うんは、ワンタッチ機構の畦畔処理装置(尾輪固定解除装置)=特許出願中=で圃場のスミまで耕うんする。

⑥スリップ防止のデフロック装置付。

⑦右足で踏むだけでエンジン回転速度を自由に変えるフートアクセル付。

⑧運転席は前後調節式。乗用車と同じボールスクリュー式ステアリングで、ハンドル操作も軽くキレがよい。

〜仕様諸元〜

機体寸法=長さ2,773×幅1,344×高さ1,894mm

軸距=1,600mm

輪距=前1,070〜1,270mm、後970〜1,470mm

最低地上高=357mm

最小回転半径=1,950mm

エンジン=2TR27形、27ps/2600rpm、1,355cc、強制水冷循環式、立形2気筒電気始動

クラッチ=乾式単板

変速機=選択摺動式、前進8段・後進2段

タイヤ=前輪5,00-15、後輪10-24

バッテリー=12V、100AH

PTO変速=4速

重量=980kg(本機)

〜標準小売価格〜

110万円、ロータリー付

…だそうです(笑)

2017年5月21日 10:45 PM | トラクター狂

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/05/19/ym2700/trackback/