Homeに戻る > JHON DEERE 6105R・・・「撮りトラ」その2

JHON DEERE 6105R・・・「撮りトラ」その2

今日は昨日の続き、ダイナミックフェア2014(JAグループ茨城の第40回農機・生産資材大展示会+同時開催の第55回中古農機展示即売会)で見たジョンディアトラクター、JHON DEERE 6105Rその2です。

●一工程で砕土・均平・鎮圧ができる!という謳い文句のクーン・パワーハロー PHY2500MP というものが付いています。

ヤンマーJD(ジョンディア)トラクタ JD6105R,AQSTR3 価格¥13,608,000   ●105馬力、4気筒フル電子制御コモンレールエンジン!! ●フルフレーム構造で複合作業も威力を発揮♪ ●プレミアムなキャビンとシートで長時間作業も快適!!  と書いてあります

ヤンマーJD(ジョンディア)トラクタ JD6105R,AQSTR3 価格¥13,608,000   ●105馬力、4気筒フル電子制御コモンレールエンジン!! ●フルフレーム構造で複合作業も威力を発揮♪ ●プレミアムなキャビンとシートで長時間作業も快適!! と書いてあります

ヤンマーJD(ジョンディア)トラクタ JD6105R,AQSTR3 価格¥13,608,000   ●105馬力、4気筒フル電子制御コモンレールエンジン!! ●フルフレーム構造で複合作業も威力を発揮♪ ●プレミアムなキャビンとシートで長時間作業も快適!!  と書いてあります

しゃがんで撮っていますが、立ってみた時の印象はこんな感じ・・・小山のようです。

ヤンマーJD(ジョンディア)トラクタ JD6105R,AQSTR3 価格¥13,608,000   ●105馬力、4気筒フル電子制御コモンレールエンジン!! ●フルフレーム構造で複合作業も威力を発揮♪ ●プレミアムなキャビンとシートで長時間作業も快適!!  と書いてあります

クーン パワーハロー PHY2500MPというものが付いています。ロケットエンジンのノズルみたいなのが付いていて気になるなあ・・・

ヤンマーJD(ジョンディア)トラクタ JD6105R,AQSTR3 価格¥13,608,000   ●105馬力、4気筒フル電子制御コモンレールエンジン!! ●フルフレーム構造で複合作業も威力を発揮♪ ●プレミアムなキャビンとシートで長時間作業も快適!!  と書いてあります

接合部の三角の中心にあるヤツです。

ヤンマーJD(ジョンディア)トラクタ JD6105R,AQSTR3 価格¥13,608,000   ●105馬力、4気筒フル電子制御コモンレールエンジン!! ●フルフレーム構造で複合作業も威力を発揮♪ ●プレミアムなキャビンとシートで長時間作業も快適!!  と書いてあります

う〜ん・・・何か噴射しそう。もしかしたらさらに追加でアタッチメントを付けられるのかもしれないなあ・・・

こんな感じで電化製品をさらに追加できるとか?

こんな感じで電化製品をさらに追加できるとか?

ヤンマーJD(ジョンディア)トラクタ JD6105R,AQSTR3 価格¥13,608,000   ●105馬力、4気筒フル電子制御コモンレールエンジン!! ●フルフレーム構造で複合作業も威力を発揮♪ ●プレミアムなキャビンとシートで長時間作業も快適!!  と書いてあります

なんだかパイプがたくさん。これも謎です。

クーン パワーハロー PHY2500MP 価格¥2,373,840   ●一工程で砕土・均平・鎮圧ができる!とあります。

クーン パワーハロー PHY2500MP 価格¥2,373,840   ●一工程で砕土・均平・鎮圧ができる!とあります。

クーン パワーハロー PHY2500MP 価格¥2,373,840 ヤンマーの名前入り。

クーン パワーハロー PHY2500MP 価格¥2,373,840 ヤンマーの名前入り。

トラクターのエンジンが回転して、PTOが接続している時は、機械から安全な距離までは慣れてください。・・・いかにも痛そうな絵です。

トラクターのエンジンが回転して、PTOが接続している時は、機械から安全な距離までは慣れてください。・・・いかにも痛そうな絵です。

危険な回転部分! 異物が遠くまで飛んでくることがあります。機械から充分に安全な距離まではなれてください。とあります。笑い事ではないんですが、なんだか笑っちゃいます。危険君はハトが豆鉄砲喰らった感じです。

危険な回転部分! 異物が遠くまで飛んでくることがあります。機械から充分に安全な距離まではなれてください。とあります。笑い事ではないんですが、なんだか笑っちゃいます。危険君はハトが豆鉄砲喰らった感じです。

人体に影響がなく、機械が損傷のおそれあり、お財布に損傷注意ですね。

人体に影響がなく、機械が損傷のおそれあり、お財布に損傷注意ですね。

だめだー。時間がないっ。

今日はここまで、草刈りの活動に行ってきます!!!!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

 草刈り、お疲れ様です。当地区も草刈りでした。
 JD 100馬力でも4気筒なんですね。少しびっくり。
 ハローの後ろについている噴射口は、多分ハローにさらにアタッチメント付けるときに使うPTOの取り出しじゃないかと?

2014年11月9日 3:23 PM | Blue_Buffalo

こんばんは。
今期最終の草刈ですかね。もう結構枯草っぽくなってませんでしたか?
枯草って案外切れなかったりするんですよねぇ。

クーンのパワハロの後ろについている噴射口は、Blue_Buffaloさんの推測が正しいんじゃないかと思います。
「一工程で砕土・均平・鎮圧ができる!という謳い文句のクーン・パワーハロー」に
更に施肥播種機をセットして、パワーハローシーダーにして使うとかです。

一工程で、砕土・均平・鎮圧・施肥・播種・鎮圧ができる!!にパワーアップできます。
その時は多分フロントウェイトも追加しないといけないだと思います。

 

2014年11月9日 6:10 PM | おじま

おじまです。すみません、書き込んで直ぐですが訂正です。

KUHNのパワハロのカタログに記載がありました。
「デュープレックスギアボックス」が正式名称のようです。

  とても幅広いギアの選択が可能なので、あらゆる土壌条
  件や駆動システムに対応し、希望の砕土効果を得ること
  ができます。
  デュープレックスギアボックスは全てのクーン製品のパ
  ワーハローで標準装備となっており、後部に真空播種機
  などを装備することが可能です。

との事です。

KUHNは、本来赤い機体のようです。
http://www.mskfm.co.jp/product/workmachine/plow/powerhello.html

KUHNではありませんが、パワハロにシーダーを付けた写真が見られます。
http://www.jerees.co.uk/manufacturer_kverneland.php

バキュームシーダーを追加装備するとありますから、推測はほぼ当たってました。。。

2014年11月9日 6:24 PM | おじま

Blue_Buffaloさん おはようございます

草刈りお疲れさまでした

もしかしたらコンパクト(見た目コンパクトじゃないですが)と言っているものはみんな4気筒なのかなぁ・・・なんて思いました
ホイールベースが短いという謳い文句も、4気筒なら実現できそうな感じです

2014年11月10日 6:57 AM | nora

おじまさん おはようございます

最後の草刈りになると思います
草も枯れる寸前で何とか刈れました

情報ありがとうございます
何台もパワーハローを繋げるってわけではないけど、追加コンセントなんですね!
本来赤い機体を緑に塗ってもらって、ギアボックスのプラカップをわざわざ黒にしてもらったとは・・・
JDなんだから黄色のままでもよかったのに・・・

2014年11月10日 7:27 AM | nora

>なんだかパイプがたくさん。

写真から、以下のように推測しました。

黒いホースはトップリンクの油圧シリンダーに繋がっているので、「伸」「縮」2本の油圧ホース。

黄色くて細いケーブルは、トップリンクの先に繋いであり、左右の下方へもそれぞれ延びているので、作業機を取り外して走行する際にトップリンクと左右ロアリンクがタイヤに接触しないように留めておく3本の振れ止めワイヤー。

作業機からユニバーサルジョイントに延びている銀色のチェーンは、保護カバーの回転止め。

私などが使う小さなトラクターに比べて、何もかも大きいですね。
トップリンクの伸縮が油圧なのは作業機が重くて手動では長さ調節が大変だからでしょうけど、プラウを使う際にはファーガソンシステム的な制御も働くのでしょうか?

日本の水田はロータリーティラーで耕すことが多いので、過負荷になった際、ロアリンクを少し持ち上げて逃げる発想が自然だと思うのですが、プラウで耕すことが多いとトップリンクを少し伸ばして逃げる(作業機を仰角に傾けて耕深を浅くする)発想が自然なんでしょうね。

2014年11月11日 1:02 PM | 愛読者

愛読者さん こんにちは

黄色くて細いケーブルは、トップリンクの先に繋いであり、左右の下方へもそれぞれ延びているので、作業機を取り外して走行する際にトップリンクと左右ロアリンクがタイヤに接触しないように留めておく3本の振れ止めワイヤー。

点滴チューブみたいに見えたので、エアか液体を流すのかと思っていましたが、確かにフックが付いています。
ふれ止めなんでしょうね・・・

この間、水戸芸術館の写真の展示を見た時に作家さんが「シャッターを切った時には気がつかなかったものに、できあがった写真は気づかせてくれる。そこがおもしろい」とおっしゃっていいました。僕も「そうだよなあ」と思っていたのですが、写真にはさらに「自分では気がつかない」「わからない」ものまで写っていることも当然あるわけで、それが見た他の人が知っていることだったりすれば教えてもらえることもある・・・う〜ん・・・それは写真の面白いところ+写真をおおっぴらにするという事の面白いところですね・・・きっと。

2014年11月12日 12:39 PM | nora

こんにちは、黄色いケーブルのようなのはワイヤーで、ビニールで被覆されていて、3点ヒッチのフックに繋がっていて、作業機を脱着の際に、特に外す際に運転席からワイヤーを引っ張りフックを解除するためのものです。

2016年4月7日 3:49 PM | ぶん

ぶんさん おはようございます

作業機を脱着の際に、特に外す際に運転席からワイヤーを引っ張りフックを解除するためのものです。

いつもありがとうございます!
こんなに最新式の機械なのに、「手で引っぱる(もちろんそれが安くて確実なのでしょうけど)」という部分が付いているのがすごくおもしろいです。

2016年4月8日 9:30 AM | nora

そうですよね、その為にミニシャックルやバネリングが付いていて、安上がりではありますね。

2016年4月8日 1:00 PM | ぶん

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/11/09/jhon-deere-6105r-2/trackback/