Homeに戻る > 飼料稲の稲刈り2012

飼料稲の稲刈り2012

ヤンマーコンバインYWH1400Aによる飼料稲の稲刈り始まってます。

ヤンマーコンバインYWH1400Aによる飼料稲の稲刈り始まってます。

それにしても暑い!

今年は8/20から飼料稲の稲刈りが始まっています。連日30度を大きく超える暑さの中、農家の方に限らず外でお仕事されている方、本当にご苦労様です。日本の夏はハッキリ言って仕事するもんじゃないです。こんな暑さの中仕事をしている国は日本ぐらいじゃないでしょうか?サマータイムやシエスタが絶対に必要です。

暑いからと言って日程をずらすことはできません。作物は待ってくれないからです。こんな暑い中、外で仕事をしている人達はもっと評価されるべきだよなあ・・・外を救急車が通ると熱中症か?なんてドキッとします。

暑いからと言って日程をずらすことはできません。作物は待ってくれないからです。こんな暑い中、外で仕事をしている人達はもっと評価されるべきだよなあ・・・外を救急車が通ると熱中症か?なんてドキッとします。

稲刈りに戻る

飼料稲の稲刈り あちこちの田んぼがどんどん刈られて行きます。こんなに飼料稲を作っていたんだなあ・・・とこの時ハッキリわかります。それまでは全部食べる米を作っていたわけですから、米食を中心とした穀物を食べていた生活から肉食中心の生活になったんだなあ・・・と実感します。

飼料稲の稲刈り あちこちの田んぼがどんどん刈られて行きます。こんなに飼料稲を作っていたんだなあ・・・とこの時ハッキリわかります。それまでは全部食べる米を作っていたわけですから、米食を中心とした穀物を食べていた生活から肉食中心の生活になったんだなあ・・・と実感します。

刈り取った稲はこのようなタマに

刈り取った稲はこのようなタマに

タマはラップでぐるぐる巻きにします

タマはラップでぐるぐる巻きにします

刈り取った跡にはたくさんサギが来るなあ

刈り取った跡にはたくさんサギが来るなあ

機械化チームで連携して作業します。

機械化チームで連携して作業します。

できたタマは田んぼ脇に並べます。

できたタマは田んぼ脇に並べます。

ここでおさらい

ブログシステムは書きっぱなしが便利ですけど、どんどん書いたものが裏に隠れていってしまうのが難点です。この白いタマはホールクロップサイレージと言って稲の漬け物を作るためのものです。この一連の流れは・・・

飼料稲をコンバインで刈り取ってタマにします。

飼料稲をコンバインで刈り取ってタマにします。

ラップマシンでグルグルラップして密閉します。

ラップマシンでグルグルラップして密閉します。

それをホイールローダーもしくはトラクターで移動して道ばたにきれいに並べます。

それをホイールローダーもしくはトラクターで移動して道ばたにきれいに並べます。

道ばたで勝手に発酵します。だんだん甘い匂いがしてくるそうです。子供が言ってました。

道ばたで勝手に発酵します。だんだん甘い匂いがしてくるそうです。子供が言ってました。

発酵したものを牛さんが食べます。おしまい

発酵したものを牛さんが食べます。おしまい


上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2012/08/25/inekari2012/trackback/